個性豊かにこどもと育つ連続講座

9月14日(日) 個性豊かにこどもと育つ連続講座

 昨日のことですが、富田ふれあい文化センターで開催された連続講座の第1回のテーマは「発達障がいの理解と支援~一人ひとりの成長を大切にでした。

 講師は、永年、教育現場で特別支援教育に取り組んでこられた春田富貴子(高槻市立五百住小学校長)さん。

 春田さんからは「LD(学習障害)」「ADHD(注意欠陥多動障がい)「ASD(自閉症スペクトラム障がいーアスペルガー、広汎性発達障がい等)の子どもたちそれぞれの特性と困難に陥る背景、その原因等についてわかりやすくお話しいただきました。

 WAKWAKが主催しているボーダレスアート教室「わんだーぼっくす」学習支援教室「わんぴーす」にも発達障がいと言われる子どもたちが多く在籍しています。

 「障がい者理解」を超えて、それぞれれの子どもたちの特性に応じた個別支援のために支援員の専門性を高める必要性を改めて痛感。

 パワーポイントを使っての講演を聞き洩らさないようにと必死にメモを取っている参加者の姿も印象的でした。

 第2回は今週18日(木午前10時~12時「発達障がいと生きる 親心と子どもの世界~『できない』から『できることへ』」をテーマに、ご自身が発達障がいの子どもを持つおやでもある よつばもこ(絵本「学校コワイ」著者)さんの講演です。

 場所は、同じく富田ふれあい文化センター小ホールです。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )