いろはにほへと

3人娘も社会人になり、夫婦2人の生活が始まりました。第二の人生の始まりです(^ ^) どう、生きていくか、模索中です。

親孝行旅行 2日目 その1

2017-09-22 08:37:09 | 日記
1日目の夜。3人共、早々とお布団に入って、すぐに寝てしまったので、案の定、私は、1時過ぎには目覚めてしまった。しばらく、寝ながらヨガ。手足を伸ばし、いい気持ち。そうしてるうちに、「3つ目は要らないから」とはっきりした母の声。それに反応して「なんや」と父の声。父は、起きてるんだと思い、「寝言やよ」と私が言うと、母がケラケラ笑いながら「寝言言ってたねー。自分でもわかってたわ。はっきりした夢やったぁ」なんと、夜中に始まるおしゃべり。父は、聞いてたらしいけど知らん顔。

朝風呂に入り、この日は石見銀山へ。
その前に、温泉津湾。



この先の沖泊から、中世末期400年くらい前には、世界に向けて銀を輸出していたそうです。

さて、石見銀山です。でも、父も母も行ったことがあるそうで、今は脚が弱って、あんまり長い距離を歩いたり、上り下りがしんどい母なので、大森町の辺りをワンコインガイドさんに案内してもらうツアーに参加しました。

先ずは、城上神社。






これが、鳴き竜の天井です。この真下に立って、手を打つとその人だけに、竜の鳴き声が聞こえるのです。バッチリ、聞こえました!天井と床が完全に平行になっているところで聞こえるそうです。

この隣に、代官所がありました。




大森地区の街並み。
石州瓦というそうです。



地区の中にある現役の銀行です。



旧の裁判所。

明治維新の廃藩置県の際、1年ほどだけこの辺りは、島根県でなく、大森県という独立した県だったそうです。だから、何でもあった。銀の力は、すごい!



西性寺です。






街中の自販機。

大森地区の散策を終えると私1人、自転車を借りて、瀧安寺間歩に行ってきました。







しっかり、寒かった。


やはり、石見銀山。良かったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 親孝行旅行 1日目 | トップ | 親孝行旅行 2日目 その2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。