いろはにほへと

3人娘も社会人になり、夫婦2人の生活が始まりました。第二の人生の始まりです(^ ^) どう、生きていくか、模索中です。

日本の「運命」について語ろう📕

2017-06-18 17:15:47 | 


ボチボチ読み継いで、読了。

浅田次郎さんは、読みやすい。特に、この本は、浅田次郎さんの講演録的な本らしく、とても、わかりやすかった。

この本で、彼が言っているように、戦後生まれの私たちが、学校で習った日本史とは、江戸時代までが、殆ど。江戸の最後のほうから、現代に至るまでは、駆け足で、何がなんなんやら。小学校から高校まで、同じ感じだった。私の場合、大学受験で、世界史を選択したので、日本史を選択していたら、もう少し、違ったかもしれないが。それでも、授業で、日本史は受けたんだよ。

漢詩が好きだったという浅田さんだからこそ書ける、作家の眼でみた、中国、韓国の姿も書いておられるのに、作家が政治を語るのは興ざめと、さらっとかわしはる。

うーん。自分の小説は、登場人物や気持ちはフィクションだが、歴史背景は史実に基づいているとおっしゃってるので、小説を読めということなんだろう(笑)

うん。おもしろかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 緑のカーテン🌱 | トップ | アイネクライネナハトムジーク📕 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。