そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

移民の国アメリカはトランプによって引き倒された

2017-01-30 | アメリカ
アメリカは移民の国である。多様な民族が入り交ざる国家である。新大陸、あるいは新世界と言われた、先住民を追い出し、メキシコと闘って西へ西へと領土を広げた、移民と開拓の国家である。
イギリスから独立したアメリカを称え、フランスが独立100周年を記念して自由の新天地の象徴として贈ったのが、自由の女神である。自由の女神と訳されてはいるが、「the Statue of Liberty」であるから”女”という文字はない。この自由の像の台座には以下の詩が書かれている。(拙訳)

離れてきた祖国を忘れなてはならない、あなたの人生は輝いている
その沈黙の唇で叫びなさい
あなたの国の疲労や貧困で息苦しい幾千もの人たち
私のところに連れてきなさい
彼方の大きな決断は息苦しさから解き放つ
激しく海岸に叩きのめされた惨めな
家を亡くした哀れな人たちを連れてきなさい
私は輝く扉の横でこの灯を掲げて照らしているのです
エマ・ラザラス

原詩は以下の通り
”Keep, ancient lands, your storied pomp!" cries she
With silent lips. "Give me your tired, your poor,
Your huddled masses yearning to breathe free,
The wretched refuse of your teeming shore.
Send these, the homeless, tempest-tost to me,
I lift my lamp beside the golden door!"
Emma Lazarus, 1883

この格調高い詩は、ヨーロッパから逃れて人たちを、国の入口で迎え灯を高く掲げたのである。現アメリカ大統領ドナルド・トランプは建国の理念すら否定したのである。偏見に満ちた中東の七か国の入国を禁止しする大統領令を発した影響は計り知れない。
トランプは任期を全うすることなく失脚するか投げ出すであろう。粗野で無教養で独善的な指導者は、その国の文化も歴史も理解する能力がなく破壊する。日本の為政者も変わることない。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポピュリストが世界を駆け巡る | トップ | 工業化する畜産が被害を拡大... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きなこ)
2017-01-31 08:50:37
トランプさんは、サイコパスの特徴によく当てはまりますね。
曰く・外見魅力的で弁舌が爽やか・緊張を感じにくく、大舞台でも堂々としている・普通の人が危険や倫理的にためらうことも平然と行うため、挑戦的で勇気があるように見える・常習的に嘘をつき、矛盾を指摘されても「そんなことは言っていない」と平然と言い張る・性的に放埒・尊大で批判されても懲りない・付き合う人間がしばしば変わり、付き合いのなくなった相手のことを悪く言う・・
(『サイコパス』中野信子 著より)

言動を見ていますと、無邪気な(あまりIQのよくない?)サイコパス、のように見えます。
(サイコパスは頭がいい、というのは偏見で、知能分布は一般人と変わらないそうです、IQの高い人もいれば低い人もいる、と)
(もう一つ、サイコパスは細面のヘビみたいな男、というのも偏見で、実は顔の横幅の広い"男らしい顔"が多い、そうです、トランプさん当てはまりますね~(^-^;)

で、問題は、そういう人が大統領に相応しいか、ですが、
そういう人は、継続的に他者の生命(それも非常に大勢の人の命、生活)にかかわる責任のある仕事、すなわち公職には、全く、不向きである、と、思います。

サイコパスが多い仕事、というのもあって、1位 企業のCEO、2位 弁護士、そしてマスコミ、セールスと続いて5位 外科医、だそうです。

逆に、サイコパスが少ない仕事は、介護士看護師、慈善家、教師、内科医だそうです。
(大動物獣医師はどこらへんでしょうかね(^.^;)

サイコパスは、短期決戦でガツガツと、他人を出し抜いたり騙してでも、とにかく"利"を取りに行く、のは得意だが、
長期間観察したりじっくり育てたり、弱者を含めた全体をあんばいする、のは、できないのだと、思います。

サイコパスが公職をすると、かならず、社会を分断して、弱者を虐める社会、になって、社会不安や混乱を招いてしまう。

トランプが今やっていることですし、
橋下がやったことです。
(橋下しこそ、それだと思います)

プーチンは、サイコパスではなく、
無邪気なサイコパスの利用方法を熟知した人、だと思います。

トランプが大統領になったのは、かなりプーチンの思惑があっただろうなー(¬ー¬)と、思いますね。
私がサイコパスに詳しいわけ (きなこ)
2017-01-31 09:57:43
お前自身がサイコパスやからちゃうか!?!?、と言われそうですが、
(私も不安に思って本のサイコパステストをしてみましたが(^-^;)
違いました。

おそらく、馬乗り、という業種は、サイコパス度が、日本の一般社会よりも高い集団なのだろう、と、思います。
とにかくカッコイイ、危険、そして恐怖を感じにくく冷静にとっさに対応できる・・

そういう人たちの、かっこよさとともに、何だコリャ全然ダメダメ信用できねー\(◎o◎)/!ところを、
切実に自分の死活問題として、見てきたからだと思います。
(馬の治療するときの保定を頼むのに、信用できる人かどうか見極めるのは、マジ死活問題ですから!)

馬関係でも牧場の人や厩舎の人は、全然違うと思います、
看護師などと同じく、サイコパス度は低いのでは。

たぶん、昔の騎兵隊などは、サイコパス度が高かったのではないかなー、と思います、

その伝でいくと、ロシアはステップ地方アハルテッケとかコサック兵とか騎兵の伝統の国ですから、
無邪気なサイコパス度が高い地方?もあるのかもしれない、

プーチンが、サイコパスの利用方法に長けているのも、それでかもー、と思います。
Unknown (きなこ)
2017-01-31 10:10:35
今のスポーツ馬術は、様相が本当に一変して、そういう人はすっかりいなくなった、と思います、
女性選手が活躍するようになったのが、その証拠です。
念のため。
なんか変ですね。 (ミント)
2017-01-31 12:54:14
例えば難民。
難民を受け入れるのは、素晴らしい事だけど、
その前に、難民が出ないように努力した方がもっと素晴らしい。
難民は好きで異国に済みたいわけじゃない。

移民は…ケースバイケースですね。

これまでのアメリカの政策が、多くの難民を作って来たので、アメリカがこれを受け入れるのは美談で無く義務でしょう。
その点で、トランプさんの今回のやり方は間違ってるし、テロを誘発させるだけですね。

しかし…
フランスがアメリカの独立を祝うのは勝手だけど、追い出された先住民の立場はどうなるのだろう?
その格調高い詩に、先住民は含まれているのだろうか?
Unknown (タンケ)
2017-01-31 13:52:37
北米先住民は「追い出された」のではない。根こそぎ虐殺され滅亡させられたのだ、勝手に侵入してきた白人らによってである。その土地も財産も文化も彼らに強奪されたのだ。だが、そんな白人らを助け、生存技術や農作物栽培などを教えたのが先住民だ。それなのに、そんな先住民への恩を仇で返したのが白人だ、それも彼らは「キリスト教」を信奉しているピューリタンという、何ともありがたく敬虔な人々によってである。神が居るなら、これら事実を見逃すはずはあるまい。

現在の多くの日本人は「そんな過ぎ去ったことを」と他人事他国の出来事だと能天気に言うだろうが、白人アメリカは建国してたかだか240年なのである。北米先住民も今やアメリカ奴隷の日本も、そんな若い白人アメリカに滅亡させられたり僕となり下がっているのである。

トランプのアメリカは白人の傲慢身勝手をあらためて象徴する正に白人至上差別主義の帝国である。
タンケ様 (そりゃないよ獣医さん)
2017-01-31 16:33:50
>現在の多くの日本人は「そんな過ぎ去ったことを」と他人事他国の出来事だと能天気に言うだろうが
と言われますが、北海道では長い時間かけて、アイヌ人などの先住民族を、虐殺したり「旧土民」と蔑んで、部落問題など比にならに程の差別を、アイヌ人の友人は語ってくれました。
そんな過ぎ去ったことでもないのです。シャクシャンの蜂起をいまだ歴史では教えようとしません。
Unknown (きなこ)
2017-02-01 07:36:43
なるほど、「自分の利のためにまわりのことを考えず手段を選ばず、倫理も危険も怖れず行動できる」という性格は、先住民と戦ってどんどん土地をぶんどって行く、という、アメリカフロンティア開発の黒歴史に、好都合な性格だったのでしょうね。。
アメリカでは、日本よりも、トランプタイプの人が一般に認められるようなのが不思議でしたが、繋がった気がします。。orz
Unknown (きなこ)
2017-02-01 18:09:20
トランプとトランプ支持者のかかげるグレートアメリカ、っていつでしょうね?
もしかしてフロンティア時代?
彼らが次のぶんどる相手は誰でしょうか、
日本、ということも結構あり得る、ということを、想定して、油断せず見ていかなければいけないのではないでしょうか(ー_ー;)
Unknown (Unknown)
2017-02-01 20:22:07
えっ今度は俺らそっち役?!(;゜゜)
誰が難民を産み出したのか。 (トランプ応援団長)
2017-02-02 15:03:30
 栃木県北部の安愚楽牧場ゆかりの者です。獣医師さんも知っています。また友人にも馬が大好きな獣医師がいて北海道に住んでいます。というわけで親しみを覚えて覗いたら,変な文章に出合い,がっかりしています。(コメントも含めて)
以下理由を申し上げますが,間違っていたらご免なさい。
>この格調高い詩は、ヨーロッパから逃れて人たちを、国の入口で迎え灯を高く掲げたのである。現アメリカ大統領ドナルド・トランプは建国の理念すら否定したのである。偏見に満ちた中東の七か国の入国を禁止しする大統領令を発した影響は計り知れない。
 「格調高い詩」なのでしょうか。韻を踏んでいるようですが,「e」4つと「r」2つです。全部「e」で終わるとさらに格調が高くなったのではと思いますが,素人の小生には「格調が高い」理由がよく分かりません。
 ヨ-ロッパ以外から逃れてきた人については何も言っていない詩です。したがって中東からの移民や難民はこの詩と関係ないように思えますが。
 もし関係したとしても,新しくアメリカ大陸にやって来る移民・難民は先住民族である,現在のアメリカ人を虐殺してもよろしいのでしょうか。かつての移民が先住民族インディアンを虐殺したように。
 「建国の理念」って何でしょうか。グリ-ンカ-ドをもっている人はムスリムでもアメリカ人です。ちょっと所用でアメリカ外に出ていた人が再入国拒否にあったのであれば,問題ですが,一応検査されて問題なければ再入国出来るはずです。
 今回の90日間入国禁止という制限について,誰も本ブログでも論じていませんが,これは何の為なのでしょうか。おそらくアメリカ新大統領に対して「100日間」ぐらいは議会やマスコミは,新政権批判を避けるという意味でしょう。つまり,トランプ政権はこの期間中のテロ事件を警戒しているのです。

 「偏見に満ちた」は,どの語を修飾しているのでしょうか。「中東」ですか。「七か国」ですか。「大統領令」ですか。
 多分「大統領令」だと思いますが,十分に選び抜かれた7ヶ国です。但しサウジアラビアが抜けているという指摘があります。
 確かに9.11事件の犯人の中にはサウジ出身者が4人ぐらいいたと思いますが,テロを恐れるならサウジ移民・難民も受け入れるべきでないと,思います。しかしなぜサウジは禁止対象国にならなかったのでしょうか。それはサウジ政府が国民を厳しく管理しているからだと,推測しています。
 
他方,ミント氏の以下の指摘は賛成です。
>難民を受け入れるのは、素晴らしい事だけど、
その前に、難民が出ないように努力した方がもっと素晴らしい。

 イラク難民,シリア難民,リビア難民,ソマリア難民などを出したのはどこの国でしょうか。イスラエル,トルコ,カタ-ル,欧州諸国(英独・ベルギ-・デンマ-クなど),そしてCIAのアメリカ合州国です。
 これらの国が難民を受け入れなくてどうするのでしょうか。サウジ,カタ-ル(及び日本)は難民をほとんど受け入れていませんが,米国に話を限れば,ブッシュ・クリントン・オバマの尻ぬぐいをしているのが,トランプ新大統領ということになると思います。
 米国がCIAを使って政権転覆を謀り,多くの無辜の人々を殺傷し,難民を造りだしておきながら,自由の像をもって「建国の理念」に反するとか,人種差別主義者だと論じるのは,一番大事な問題を忘れ,小さな問題を大きく取り上げる,おかしな議論です。

 「自由の女神像」は送られていませんが,カナダも移民,難民の国です。アメリカによるヴィェ・ナム侵略戦争で祖国を脱出したベトナム人も少なからずいます。ウクライナやフランスからの移民もいます。今般のシリア難民もいます。
 しかしカナダはテロに遭う確率が低い。なぜなら,カナダは外国へカナダ侵略軍を出していないからです。国連決議無視のイラク侵攻では出兵せず,出してもアフガンでは一番早く引き揚げた。欧米連合軍によるシリア侵略戦争では先月引き揚げた。
 全くの無罪とはなりませんが,無人機ドロ-ンなどを使って病院や結婚式場を無差別に爆撃した米軍ほどではないと思います。シリアでもカナダは軍事顧問団を派遣していません。
 「アメリカ人はどこへ行っても肩身が狭い」と発言したアメリカ元大使がいます。それほどにアメリカのやっていることは悪逆非道なのです(日本では英語助手ALTなど歓迎されている国もありますが,例外でしょう)。

 問題は,「サイコパス」ではなく,「建国の理念」でもなく,事実の尊重だと思います。アメリカ先住インディアン虐殺の例が良く曳かれますが,先・先住のインディアンを追い出した先住インディアンの話は話題にされることは皆無です。
 人類はアフラの第1地溝帯で誕生したと言われています。それが世界の各地に広まったのです。故にモンゴル人のDNAとアルゼンチンの一部の人のDNAが一致するという報告もあります。ユ-ラシア大陸経由ベ-リング海峡を渡ってマゼラン海峡まで人類は辿り着いたようです。その途中にアメリカ大陸があったということに過ぎません。
 その行程は迫害や差別,虐殺の歴史であったかも知れません。しかし頭脳明晰な方が直感的に物事を判断してブログ等に書くのは,「表現の自由」で保障されていますが,「カラスの勝手」とは異なるはずだと,小生は考えます。

コメントを投稿

アメリカ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
テロリストとは誰のことか――「実体」と「現象」 (徳丸無明のブログ)
2017年1月27日、ドナルド・トランプ米大統領は、中東・アフリカの7か国からの入国を禁じる大統領令に署名を行った。 市民の抗議デモが沸き起こる中、30日にはワシント......