そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

敗北も失政も認めない黒田総裁

2016-11-01 | アベノミクス
日本銀行が「2%インフレ目標」の達成目標を再び先送りし、黒田東彦総裁の任期の2018年4月までの達成を事実上、断念した。目標の達成は先送りは2013年4月に大規模緩和を始めてからこれで5度目になる。
2年以内に達成すると、自信満々に述べていた黒田総裁であるが、5度も延期しておきながら、失敗でないと言い切った。クロトンと呼ばれた男のバズーガーと呼ばれた異次元の金融緩和政策は、幾度にもわたって放たれたが不発に終わっている。黒田総裁は様々な理由を述べて、政策の失敗を認めていない。任期までにはほぼ不可能な数字となった。消費増税すらできなかったのは、明らかな政策破たんである。
昨日記者会見をして、2%の達成は2018年ころになると述べたようであるが、オオカミ少年ではあるまいが、そんななし誰が信じるだろうか。金るマイナスの影響はすでに私たちは受けている。
アベノミクスはいつまでたっても道半ば敗北を認めない、総裁の発言はまるで戦前の陸軍の姿勢そのものである。本ブログでは、海外の記事から漫画を失敬しているが、上記の漫画もそうであるが、安倍晋三の経済政策(アベノミクス)を評価する記事など皆無に等しい。
安倍晋三の経済政策は、大型株主や大企業などの特定の金満家たちは、とても甘い汁を吸わしてもらっている。外遊に汁を求める起業家をゾロゾロ連れて行く様は見慣れてしまった。経済援助という呼び水のの金をばら撒いて、パフォーマンスを演じているだけである。

やがて国民には、クロトンの放った異次元の金融政策バズーガーのツケを払わされることになる。経済成長はままならないし、税収も減額する。財政赤字の増大として。貧困層を量的にも質的のも増大させた結果の、国家財政をひっ迫や社会不安や社会保障の質的な放棄などが生じる外資本流出による財源の減少。何よりも食料自給率の低下と食糧問題。日本各地の地方の疲弊等々である。高齢化社会と人口減少は、これらの問題をかつての方式では解決できなかったことを思い知ることになるであろう。安倍政権の経済対策は、今ならまだ間に合うかもしれないが、経済は安定期に入っていることを前提にしなければならない。このままでは未来への大きな付けばかりを残すことにになる。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画会の案内です | トップ | 三笠宮崇仁氏を悼む »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タンケ)
2016-11-02 22:18:04
もうここまで失政失敗すれば、アベシンゾもクロダも「犯罪者」と言うべきではないのか。多くの同胞庶民が格差貧困の中で生活に喘ぎ懸命にやり繰りして生き延びているのに、責任取ることもせぬ彼らは一体何者なのか。

嘘つき日本政府の言う3万人どころか事実は年間11万人以上も自殺しているのがこの日本である。未遂者も含めると膨大な数に上る。貯金ゼロの人々も30%以上だ。

もうこんなデタラメ滅茶苦茶な政治に終止符を打て。アメリカに日本人の金を湯水如く貢のもやめよ。イカサマぺてん政治屋アベシンゾや雇われ日銀人クロダよ、潔く責任を取り、やめてしまえ。勿論、人々の損失分や血税浪費分にちゃんと利子を付けて返すのを忘れるな。それらが出来ないなら、重罪人として相応の刑事罰を受けよ。
Unknown (MIC)
2016-11-03 11:19:49
負けた選挙も勝った勝ったと評価する共産党も同じですね。
MIC様 (そりゃないよ獣医さん)
2016-11-03 15:01:13
私は共産党を支持しているわけではありませんよ。
選挙での共産党の態度は、議席数か支持率か得票数か有利なものを引き合いに出しているだけでしょう。共産党がそんなことしても、私たちは関係ありませんが、黒田の場合は違います。私たちの国を貶めようとしているのですよ。同列に扱うのは、恣意的な判断といえます。
アベノミクスは取り返しのつかない失政といえます。

コメントを投稿

アベノミクス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL