そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

「怪文書」、加計学園の獣医学科の開設の許可は取り下げるべきである

2017-06-17 | 安倍晋三
加計学園を巡る一連分取を、「怪文書」と切って捨て、出所不明の文書と決めつけていた、菅幹部長官である。内部調査で、文科省側から14の文書の存在が明らかになった。すると記者の質問に、「怪文書という言葉が一人歩きしていた」と、菅官房長官はにべもなく言ったのである。怪文書と決めつけ、何度も発言したのは官房長官である。『怪文書』という言葉にねじを何度も巻いて、野に放ったのは官房長官に他ならない。他人事のように、無責任な姿勢には毎度のことながら呆れるばかりである。

今回、文科省側から明らかになった文書に、官邸主導の恣意的な文書作成の核心をなすものが出された。石破四原則をも超える、選考基準に手書きで加筆したものである。この文書は獣医学部の新設基準として、『広域的に』獣医師系養成大学等の『存在し』ない地域に『限り』獣医学部の新設を可能とする・・・という文書である。『』内が加筆されたところである。書き加えたのは、萩生田光一内閣官房副長官であると文科省の職員の文書もある。これ以降加計学園の獣医学科開設への道が加速された。これこそ怪文書である。
山本担当大臣と本人は否定している。文科省の若者が勝手に書いたというのである。筆跡鑑定などすればわかる事であろう。文書として存在するものを、記憶にないと否定し職員に責任を擦り付けるのである。内閣府には文書は存在しないと調査もせずの反論である。
また、今治市の誘致地に関する経過文書の存在も大きい。地方のお役所にはちゃんと文書が残っているのに、中央にはないという奇怪さである。今治市は誘致問題に疑義を持つ市民が簡単に収取できている。国のトップが大騒ぎして、こんな大事な経過すら残していないとはあり得ないことである。森友の時も同じである。ただし、政府に都合がよい文書はすぐに見つかっている。都合の悪いところは、記憶にないを繰り返す。文書がないそうである。
ボトムアップの民主党政権時代からの特区の申請と、安倍政権下の首相主導のトップダウンの制度とは全く逆であるが、同列にして民主党の批判を繰り返す。
この文書の存在が明らかになったことで、<獣医学科新設の根拠>と<加計学園に決定した根拠>が、安倍晋三のお友達以外の理由はなくなった。加計学園の獣医学科新設を中止するべきである。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 獣医師は偏在はしているが足... | トップ | モリ・カケ問題は、「政治主... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サンケイ新聞に言わせてもらう (きなこ)
2017-06-20 11:13:02
最近、サンケイ新聞で、しきりに

「四国で産業獣医師が足りない、足りない(言外に:反対するヤツラは困っている四国の人たちの敵ダ~‼)」みたいな、根拠のない敵意を世間に煽る⤵(維新の橋下し的💢🆖⤵な)まがまがし~~~い、口調を感じるのですけど、

ちょっと、言わせてもらいます(ФωФ)

まず、前知事の、インタビュー

「口蹄疫のとき、大動物獣医師が愛媛で足りなくて、四国で防疫作業を、小動物の獣医さんがやった」
ことを、四国に獣医さんが足りない大義名分のように、言われていますが、

これは、多少知識のある人からすると、四国を特別視する理由に、全く!なりませんよね!!🙅🆖

あの宮崎口蹄疫の時は、日本全国、はるばる北海道からも、口蹄疫封じ込めのために、獣医さんがかき集められた、

すでに現場は引退して事務仕事を主にされているような先生でも、みんな宮崎に馳せ参じた、わけです、
「日本の非常時」ですから。

宮崎県の現場では、感染牛殺処分の最前線に、普段ほとんど牛など触ったことのない獣医さんも、来てくれた、と、聞いています。(暴れる牛でケガをされたのは、そういう獣医さんだった、とか(ノ_<。))

あの時は、どこの府県も、「大動物獣医師さんが不足」した、と、思います。
獣医学科のある大阪府だって、「大動物獣医さんが足りない❗❗」って、必死で探し回ったと思いますよ。

100歩譲って、

じゃあ☝、愛媛県では今後、そういう「非常時🆘❗」に、余裕を持って対応できるだけの、大動物獣医師を、普段から、確保しておきたいのですか?

開業獣医師では生活が成り立たないから、公費となりますよね、愛媛県の公費で、それだけの人数、雇っておいてもらえるのですか?

・・・現知事だと、↑こういう、当然の質問( ・ω・)∩シツモーンが寄せられるでしょうから、

発言に責任のない、いわば"OBの武勇伝🔥"が許される、"前"知事のインタビュー、というのが、ミソ、という気がしますね(¬_¬)

そして、

新しく「現場から切実な訴え」「実状を知って」という(なーンか情にアピールする(¬_¬)ヤーな)記事が出ていますが、読んでみると、

>愛媛県の公務員獣医師は29年度に限ると8人の募集定員までいかず、採用は5人だった。

つまり、29年度、愛媛県で足りないのは、3人、ですよね。
(で、新設獣医学部は160人?)

しかも、今後、毎年毎年、愛媛県は獣医さんを8人ずつ、雇うのですか?

サンケイさん、私はそうは思えませんね(¬_¬)

一方で、

http://lite-ra.com/2017/06/post-3231.html

>「四国には獣医学部がない」と強調するが、じつは2020年度の「獣医師の確保目標」では、京都府が32人に対し、愛媛県は0人。

という記事も、他情報誌では、あります。

>現実には、加計学園が獣医学部を新設する愛媛県よりも、京産大がある京都府のほうが獣医師は足りていないのだ。

>この不足分にしても、大阪府立大が(定員の20人増員を)要望しているように、既存の大学定員を増やすことや、前述した女性が復職しやすい環境づくりなどの努力を行うことのほうが、わざわざ学部を新設するより先に取り組むべきだろう。

・・こっちのほうが、もっともだ、と、私は思いますよ、
どうですか、サンケイさん?(ФωФ)ジィ---

コメントを投稿

安倍晋三」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL