そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

テレビでこの男たちを見たらチャンネル変えろ

2017-07-17 | 報道
以下の文章は元外交官で評論家の孫崎亨氏のブログからの引用である。
<首相動静―7月13日、6時49分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」。レストラン「WASHOKU 蒼天」で曽我豪・朝日新聞編集委員、山田孝男・毎日新聞特別編集委員、小田尚・読売新聞グループ本社論説主幹、石川一郎・BSジャパン社長、島田敏男・NHK解説副委員長、粕谷賢之・日本テレビ報道解説委員長、田崎史郎・時事通信特別解説委員と食事。>
もちろん何を話し合ったかは報道されていないので判然としないが、この日は3時もの長い時間話し合っていた。
官邸の広報費用は民主党政権下では、年間約41億円(2012年度)であったが、安倍晋三は2114年度は65億円に、さらに2015年度には約83億円に増やした。わずか3年で2倍である。
その一方で、高市早苗総務相は国会で、政府が「政治的公平に反する」と判断した放送局には停波を命じることができると答弁している。安倍晋三もこれを支持する発言をしている。停波発言は報道側を委縮させ、一方でそのトップと会食を重ねるのである。
特に、頻繁にメディアに登場し安倍晋三を擁護する、田崎史郎は別名”スシロー”とも呼ばれている。この男がテレビ画面に出たら切るかチャンネルを変えるべきである。又NHKの政治討論会の司会をしている、島田敏男はさらにひどい。公平であるべき公共のメディアの公党の討論会であるにも拘らず、野党の発言には注文などを付けて制限するのがありありである。安保法制を討論する時には、大学の先輩でもありクラブの先輩でもある高村自民党副総裁を持ち上げること甚だしい。その一方で、現自由党の山本太郎の発言に何度も制限を加える醜さである。これでNHKも安泰だ。

これまで報道されている、安倍晋三が抱き込のため会食した人物たち(一部である)
渡辺恒雄「読売」本社会長、橋本五郎・同特別編集委員、今井環・NHKエンタープライズ社長、清原武彦「産経」相談役、ジャーナリスト・後藤謙治、芹川洋一「日経」論説委員長、評論家・屋山太郎、西沢豊・時事通信社社長、渡辺祐司・同編集局長、阿部正人・同政治部長、阿比留瑠比「産経」論説委員、有元隆志・同政治部長、田中隆之「読売」政治部長、芹川「日経」論説委員長、内山清行・同政治部長、大久保好男・日本テレビ社長、秋山光人・日本映像社長、石川一郎・BSジャパン社長付、小田尚「読売」論説主幹、粕谷賢之・日本テレビメディア戦略局長、島田敏男NHK解説副委員長、曽我豪「朝日」編集委員、山田孝男「毎日」特別編集委員、日枝久フジテレビ会長、福山正喜・共同通信社社長、田中孝之「読売」編集局総務、前木理一郎政治部長、喜多恒雄「日経」会長、岡田直敏・同社長、朝比奈豊「毎日」会長、丸山昌宏・同社長

東京都議会選挙で自民党が壊滅的敗北を喫した日の夜、安倍晋三と麻生太郎財務相と菅義偉官房長官それに甘利明前経済再生相とノーテンキな会食をしていた。安倍晋三は会食がお好きのようである。この男には政策のことより、お友達を並べるか、でなければお友達を作っていく作業に勤しむのである。NHKが森友学園問題をが発覚してから、4日も遅れて報道していたのが象徴的である。その報道内容も、極めて誤報に近いとの内容であるかのごとくであった。
安倍一強を支えるメディアとの会食は極めて大きいな効果を発揮している。いまだに30%もの支持者がいる奇跡は、事実を隠蔽し脚色する報道の功績も大きい。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劉暁波の死を悼む、中国の前... | トップ | 財政再建を全く無視するばか... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
眉唾だから真剣に聞く価値はある (ジョーカー)
2017-07-17 22:28:39
政権弁護をする田崎時事通信特別解説委員の解説を興味深く見聞している。報道の一部に「理解ある国民」は2割台と伝えている記事を見るが、政権立て直しにどんな奇策を仕掛けるか楽しみです。

なぜなら、報道番組で彼以外に安倍政権を擁護するコメンテーターを知らない。

この頃の彼は、安倍政権の弁護余地はないようで、笑いながら安倍首相を批判している。

なぜ、国会議員はな堂々と正論を述べる姿を見せないのだろう。

無党派層に属する者として寂しい。
Unknown (タンケ)
2017-07-18 06:38:58
それにしても、何でこんな品性下劣で不正な奴らばかりなのだろうか。一国の首相自体が無教養無知力のとんでもない人物だから「言わずもがな」ということなのか・・・。

高学歴でエリートなるあのトヨダなる女から、小学生漢字書けぬ読めぬアベシンゾまで、もう掃いて捨てるほどいる、本当の知性教養とは無縁で恥ずべき屑が権力手中にしている異常で狂った国が今の日本だ。

スシロやシマダ如く、結局は自身の利益のために権力の犬しているような者はジャーナリズムとは関り持たないことを望むが、これほど腐敗しきった日本の権力社会では何を言おうとも無理な注文か絵空ごとか・・・。
Unknown (きなこ)
2017-07-18 16:00:51
あんなにガンバっているサンケイ新聞の人がいないのは、どういうわけでしょうね?(゚ω゚)?
("絵に描いたようなヒキョーモン"は居てますね)

……なんだか、ヤらしいですね、都合悪くなると、切り捨て、ハミゴですか(¬_¬)

「トカゲの尻尾切り」という、籠池さんの指摘は、ズバリ!安倍さんの、人とのつきあい方を、表している!と思われる、興味深い"お食事会"メンバーですね(ー。ー#)

お金を見せびらかして、有力な"お友だち"に大盤振る舞いして、カッコつけて、(とりわけ愚かな人たちには嫉妬心で競わせて)、自分の人気取りをする、(で、都合が悪くなると「いなかったこと」にする(ーー;)、、

あの、後藤さん殺害💀の引き金となった日本史上最悪❌の支援金演説から、
プーチンに鼻であしらわれゴッソリ持ってかれたロシア交渉、
トランプとのゴルフ外交、

森友学園での手のひら返し、
腹心の友加計さんへの税金大盤振る舞い、など、

もう、安倍さんは、こんな人なのだ、

と思える、一貫性ですね。

「アメリカのご威光」が翳りつつある今、
(東芝とかタカタとか、ガシガシ毟られていますね)

こんな人では、日本が危ない気がしますね。

Gマルケスの『族長の秋』を、そのまんまなぞっている気がします(ーー;
Unknown (きなこ)
2017-07-19 13:59:39
サンケイのネット記事の劣化がひどいです。

「獣医師がいない」、という畜産農家の切なる訴えを受けて……など、書かれていますが、

そりゃないよ先生もインタビューで答えていられる通り、酪農地帯には、ちゃんと大動物獣医さんがいられるのです、

四国で大動物獣医さんが少ないのは、畜産農家が少なくて、家畜が過疎で、獣医さんが「食っていけない」からじゃありませんか?

国の酪農大規模化推進政策の結果、それこそ山本さん曰くの需要と供給曲線、アダムススミスでは。

開業では生活成り立たない分、公が、公務員獣医さんが、補ってくれればよいのではと思いますが、

加戸さんが、閉会中審査で明言した通り、少なくとも愛媛県の公務員獣医師の給与は、上げていないのではないですか?

愛媛県まずそこの岩盤規制こそ、なんとかすべきでは。

県で解決努力すべき問題を、県は困っている県民をほっといて、今治市に全額、押し付けているようにも思えますね(¬_¬)
サンケイのネット記事を読む限り。
"大臣"なんてよべない (きなこ)
2017-07-20 18:29:53
山本幸三地方創生担当相って、最悪の嘘つきではありませんか?!💢

こんな見え見えの嘘つきが大臣を名乗るとは!💢(ノ-_-)ノ~┻━┻
(前川さ~ん、「万死に値する」って、言ってあげて下さ~い!💕)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL