そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

「武力が世界平和を作り出す」と、怖ろしい言葉を吐いたペンス

2017-04-19 | 平和
来日中のペンス副大統領が、「アメリカは、武力が世界平和を作り出していることを知っている」と述べた。とても恐ろしい限りである。アメリカの政権のトップなら、嘘でもあるいは心情だけでもいいから、仕方ないからとでも言ってもらいたかった。それすらない。
現在の中東の混乱は、あたかもイスラムが悪いように流言飛語を流し、それまでは曲がりなりにも平穏であった記憶すら、大衆から奪い去ろうとするペンスの発言である。
ブッシュのアメリカは、大量破壊兵器の存在を理由に、国連は査察で確認できないとアメリカ武力侵攻を認めない国連決議をしたが無視して、イラク戦争を始めたことが、その後の中東の混乱、イスラムの抵抗にあって、今日に至っているのである。大量破壊兵器がなかったので、中東の民主化を命題に切り替えた。1945年の日本を手本にせよとまで言ってのけた。実際アメリカが中東で支持する国家のサウジアラビアやドバイなどは王政の専制国家である。アメリカが忌み嫌うイラクやイランやシリアは、形だけとはいえ選挙で選らばれ民主国家の要件は満たしている。アメリカの軍事侵攻は、平和でもなく民主化でもない。
選挙期間中にトランプ候補は、「アメリカは世界の警察にならない」と断言した。少々無理筋でもトランプは公約、選挙期間中のことは実行している。実現していないことの方が多いのもトランプらしいが、ここにきて支持率低下回復を目指したともあるし、軍事産業の門前に下ったともいえる、シリアの空爆を実行した。空爆の軍事的効果は殆どないが、政治的インパクトは計り知れなく、世界を震撼させた。このトランプのとった行動は、ブッシュのイラク侵攻と全く同じである。今になって、シリア軍が空爆したISの施設が塩素系の化学兵器貯蔵庫で、化学物資の流出はそこから起きていたことが判明している。かなり時間差があって、化学物質の被害が起きていることもそのためと思われている。戦地ではどんなことでも、自らに有利な情報に改ざんすることは常態である。
トランプは、ブッシュの犯した失敗、戦争への大罪を教訓化していない。武力で平和を作り出すことができない。当分黙らせることはできる。武力で抑えられた人たちが黙っているのは、押さえられている間だけである。武力は継続しなければならないし、更新しさらには高めていかなければならない。
ペンスの来日ではっきりしたことがある。これまでの国家間の交渉は、貿易は貿易、軍事は軍事として行われていたが、トランプは経済と軍事もからめることもあるというのである。この姿勢に、ペンスの言葉を重ね合わせれば、アメリカファーストの意味が見えてくる。トランプはアメリカの利益のためなら何でもやるというのである。政治経験がないだけ、トランプは恐怖の存在と言える。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひたすら戦前の軍事国家へ走... | トップ | とめどもなく続く自民党の不... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きなこ)
2017-04-19 11:06:17
トランプさんは常識、良識のない人だと思います。そういう人が権力を持つと怖いことは、予想できたことですネ
Unknown (タンケ)
2017-04-19 12:41:32
ペンスの言葉は驚くものではない。残念だが、これが大多数のアメリカ白人の普通の気持ちだ。アメリカ白人は先住民の土地に勝手に侵入し、殺戮強奪し、その後は世界各地を侵略し支配し、同様に強奪してきた。ハワイもそうだし、現在の日本もそうだ。ペンスの言う真の意味は「我々アメリカ(白人)に従わないなら、武力を使う」という、ただそれだけだ。

もし、彼らと同様なことを日本人や他有色人種がしたならばどうだろうか。彼らは憎しみのあまりに、原爆水爆など、何でも用いて復讐することだろう。徹底的に滅ぼしにかかるはずだ。それはヒロシマナガサキが事実示している。
4721 (とろ)
2017-04-20 02:33:24
>これまでの国家間の交渉は、貿易は貿易、軍事は軍事として行われていたが、

今までも総合力で交渉してたと思いますよ。

武力で世界平和っていうのは、一概に間違ってはいないと思います。今までのパクスなんちゃらも軍事力がベースにあっての安定だったと思いますし。
とろ様(4721) (そりゃないよ獣医さん)
2017-04-20 08:42:07
これまで圧力としあったことは事実です。しかし、トランプになってから中国にたいして前面に押し出してきてます。
戦争で問題が解決されたことはありませんが、武力が戦争を思いとどまらせることはあります。国家間の問題は、大国の方が譲歩することで解決するしかないのです。
アメリカはイラク戦争を見るように、戦争をしたいのです。政治的な理由は存在しませんが、軍産共同体がバックにいつことは確かです。
Unknown (タンケ)
2017-04-20 10:14:14
アメリカの今は亡きGeorge Carlinという喜劇エンタテーナが言っている、「独立以来250年そこらのアメリカなのに、20年おきに戦争している。アメリカは戦争が得意なのだ」と。彼はこんな率直正直な発言ゆえに、暗殺されたと言われている。

相手を自身の価値基準で「悪」と決め付ければ、簡単に戦争をふっかけるアメリカ。しかしその相手が同様のことをすれば直ちに「テロ」と決め付ける。実に身勝手である。アメリカこそ世界最大最悪のテロリストなのに。

思想やイデオロギとは無関係に、こんなアメリカゆえに虫けら如く抑圧され殺されている非アメリカ的国家やその人々の苦しみ屈辱は永劫続かねばならないのだろうか。
MICという大バカ者 (そりゃないよ獣医さん)
2017-04-20 19:21:56
本ブログの読者の皆さんへ
大変に不愉快なMICという、極めて低俗な人間の中傷が間断なくあります。日本語が通じませんのでご注意ください。
なるべき除去をしていますが、お目に触りましたら失礼の程お許しください。
MIC氏の指摘は削除されるので (ジョーカー)
2017-04-20 21:57:44
海外法が国内法に優先する。憲法9条改正で正規軍を持つ。国内では銃が持てないから空気銃でカラスを撃退したMIC氏へ。

かって、「全原発を根室に」とのコメントに「思考力停止か」との批判に奮起した。
とりあえず、お礼をする。
獣医様 (とろ)
2017-04-22 11:07:34
>これまで圧力としあったことは事実です。しかし、トランプになってから中国にたいして前面に押し出してきてます。

今までオバマさんでしたからやらなかったというのはあると思います。

>戦争で問題が解決されたことはありませんが、武力が戦争を思いとどまらせることはあります。国家間の問題は、大国の方が譲歩することで解決するしかないのです。

クリミアの帰属はロシアとウクライナ間の問題でしたよね。最近静かですから解決した状態なんでしょうね。ロシアとウクライナだとロシアが大国だと思うのですが、ロシアは譲歩しましたっけ?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL