そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

平気で嘘をつきとおさなければならい安倍晋三

2016-10-13 | 集団的自衛権
ウルトラ右翼の稲田朋美防衛大臣が、たった7時間の”駆けつけ視察”して、「現地は安定している」と国会で答弁した。首都だけを視察して、関係者に取り囲まれて、民族衣装を着せられダンスを見せられての感想である。
安倍晋三は稲田防衛大臣のアリバイ工作でしかない、”なんちゃって視察”を受けて、戦闘行為はなった。あったのは「衝突」であるという報告を受けたというのである。
PKO5原則が守られていなければ、そもそも自衛隊の派遣すらないことである。即ち、①停戦の合意が成立し、②紛争当事者の合意があて、③中立的立場を厳守し、④派遣中断が可能であって、⑤武器使用は必要最小限であることが前提になる。そもそも、自衛隊の南スーダン派遣の現状は少なくとも、⑤以外は守られていない。
現在政府軍と反政府軍が、それぞれの正当性を主張して、政府の戦闘服を着て戦っている。日本が拠り所とする、国連も彼らのターゲットになっている。その国連ですら、内戦の戦闘状態になっていることを認めている。
そして、僅か3か月前に起きた「衝突」で300人もの死者が首都で起きている。武器を持って敵に向け殺しあうことを、通常の言葉で、「戦闘」という。稲田が7時間滞在した半日後には、30名の死者がでる大規模な、「衝突」といったことが起きている。首都ですら安定しているとは言えない。
上記の、PKO5原則の少なくとも3原則までは、守られてはいない。南スーダンへの、自衛隊派遣そのものがすでに違法なのである。
ところが、安倍晋三は
「PKO法との関係、五原則との関係も含めてですね、『戦闘行為』という定義があるものについては、それにはあたらない」「われわれは、それは一般的な意味として『衝突』という表現を使っているところでございます」と、平気で嘘をついたのである。
単なる言葉が遊びを繰り返すのは、戦闘状態では派遣すらできないからである。憲法を勝手な解釈で封じ込めたと同様に、事実を言葉で塗り替えようとしているのである。
更には、駆けつけ警護をすることになるのを前提として、「任務が増えたからと言って、その分リスクが増えるわけではない」とこれまた嘘をついた。これまで武器使用については極めて厳密な規制があったが、武器もって駆けつけるのである。この人たちには、一般社会常識が通用しない。
自衛隊の派遣すら違法と思える状況に、安保法(戦争法)が可決したことを背景にして、武器をもって駆けつけるのである。違法行為の上乗せである。
そんなにまでして、人に銃を向けたいのか!

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこかに消えたエジプトのア... | トップ | ボブ・ディランのノーベル賞... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タンケ)
2016-10-13 11:55:40
結局は、娑婆の苦労知らない「ボッチャン、ジョーチャン」が、これまた多くの甘チャン日本人から権力をくすね、政治を操っているだけのことなのだ。アベシンゾーもイナダも、戦場になど行かないのであり、他人を殺させ死なせても何も思わぬそこらのヤクザチンピラ未満の御仁ということなのである。

宗主国アメリカでは女性兵士も男と同じく前線で戦い戦死しているぞ。アベゲリゾーもイナダも、それほど戦争したいなら、自らが世界各地に展開している米軍の前線に行き、命を賭してみな!花と散れ、仇花として!まともな日本人同胞はお前らの死を喜びはしても、けっして悲しむなどしないぞ、その悪行三昧ゆえに。
Unknown (きなこ)
2016-10-13 15:45:13
想像ですが、自衛隊員と、御家族の人達はどう思って、彼らの茶番答弁を観ているのでしょうか。
さぞかしいたたまれないのでは。

あほをあほと言えない抑圧社会は下流だし発展しませんよね。Gマルケスがとっくに看破したとおり。
まるでマルケスの小説のような、これが日本国の国会のやり取りか、と思うと、おぞましさに耐えられないですが、
当の安倍さんは恥しらずですね~
Unknown (Unknown)
2016-10-15 20:27:05
「そんなにまでして、人に銃を向けたいのか!」で終わりですか?
 せっかくなのでもう少し話(原因や背景)を展開していただけるとうれしいです。
Unknown (きなこ)
2016-10-15 22:30:57
自衛官の方々が、国会の愚劣なやり取りを観て、「やってられねー」と思わないかが、心配ですね。
軍隊とか言ったり、危険な任務をさせるなら、権力者はもっと扱いに慎重であるべきでしょう、と、一般人ながら思いますよ。大将ごっこ、ボクチャンカッコイイだけではないんですから。格差があるほど、不満の爆発が大きく、社会や組織に危機感や緊張感が生じますよね、軍隊なんてその究極でしょう、それら恨みに対して稲田安倍ご両人はうかつ過ぎでは。

外国がバックについた愚劣な独裁者が、部下に暗殺されるのではと怖くなって、優秀で忠実な軍人を、姿焼きにして宴会のご馳走にしてしまった、そしてその国は、外国にみんな持っていかれて、スッカラカンになりましたとさ、チャンチャンというのが、Gマルケスの「族長の秋」です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL