そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

「年金をカットする」阿部くん、またもあんた嘘ついたね

2016-10-15 | 安倍晋三
今国会で、「TPPは強行採決する」、と自民党は言っている。このこと自体本音の表れだろうが、民主主義の否定である。それより、TPP反対と公約して議席を増やした自民党は、こんなことは許されないはずである。
安倍晋三が政権をとってから、嘘を平気で言い続けることが多くなっている。嘘をつけない時には、質問や論議を平気ではぐらかす。国会審議を見ていると、安倍晋三には言葉が通じていないことが良く解る。

安倍晋三は、「『株価下落により、年金積立金に5兆円の損失が発生しており、年金額が減る』といった、選挙目当てのデマが流されています。しかし、年金額が減るなどということは、ありえません。このことを明確に申し上げたいと思います」と、6月末に参議院選挙の直前に述べている。
ところが、毎年7月上旬に出されている、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の前年度決算見込みを、選挙後の7月末にまで遅らせて出させ、5.3兆円の損失が生じていると発表させている。
今年2月の衆院予算委でGPIFについて、「想定の利益が出ないなら当然支払いに影響する。給付に耐える状況にない場合は、給付で調整するしかない」と回答している。損失損によっては年金額を減らすと安倍首相自らが答弁しているのである。つまり選挙が近づいているので、安倍晋三は”デマ”を流したのである。
そして今、「年金カット法案」を安倍晋三は提出した。
100年は安心と豪語した直後に、消えた年金問題が生じた。安倍晋三はここでも、「最後の一人までチェックしお支払する」と言いながら、現実には2000万件もの不明者を残したままで、昨年6月に審査を打ち切っている。この時には、「国民の不安を煽るようなことは言うな」と、人のよさそうな長妻議員にすごんで見せていた。
原発もオリンピック誘致も、憲法さえも嘘で塗り固める・・・こんな政権が、かつてあっただろうか?報道は総じて、安倍晋三を擁護に回っている。私たちは、極めて不幸な政治家を抱いていることを、誰もが認識するべきなのである。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 財政の健全化?聞いてあきれる | トップ | 新潟知事選の結果から見てく... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タンケ)
2016-10-16 16:28:56
アベシンゾなる手合いにはもう、「ぐー」の音も出ない。一体いつまでこんなデタラメな輩を首相になど据えておけば日本社会は気が済むのだろうか。こいつがやっていることは政治などではなく、ただの自身のための利権誘導であり、弱い者虐めだ。

日本以外のまともな国ならアベシンゾはとっくの昔に暗殺されていることだろう。こんな愚鈍の悪党の不届き者でも、金ゆえか取巻きの黒い力ゆえか、今なお権力手中にしてメチャクチャやっているということなのである。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL