そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

日露会談の破たんの象徴的言葉「船なら行けた」

2017-06-22 | ロシア
今年4月に「マスコミが日本の世論を翻弄する」と題して、日露首脳会談の破たんを述べたが、その後一向にマスコミはプーチンにしてやられた安倍晋三のことに触れようともしない。
山口の日露首脳会談は完全に破たんした。数時間遅れて到着したプーチンの思うがままに、まるで赤子の首を捻るように安倍晋三はしてやられたのである。
上記のブログで、「北方領土はミサイル配備も飛行場建設もほぼ完了し、各種インフラなどはどんどん整備されている。結局は3000億円供出だけが先行する、単なるロシアへの経済支援に終わったのが、日露会談の結果である。」と書いたが、それを今回裏付けたのが、元島民らが国後、択捉両島を航空機で訪れる空路墓参であった。ほとんど唯一の成果が空路墓参であったなんと情けない現実か。
その空路墓参が、天候不良のために今月18日に中止になった。多分国後空港が有視界飛行しかできないのであろう。ガスがかかっていただけである。中標津空港で二日待たされた高齢者の島民たちは、疲労しながらも「船なら行けたのに」と呟いている。
プーチンは、「日米安保条約がある限り、北方領土は戦略基地の可能性があり交渉はできない」と明確に述べている。プーチンにしては珍しく長い歴史的経過を、安倍晋三のようにメモなどを持たずに堂々と説明し、ロシア政府の立場と姿勢を述べている。
日露首脳会談が始まるまでは、日本のマスコミは安倍晋三を持ち上げて北方領土返還の目処がいよいよつくことになると、大騒ぎしていた。日本の国民はもう忘れたのであろう。
中標津空港で、二日も待たされた元島民の、「船なら行けた」という言葉が示すように、空路墓参は日露首脳会談の唯一の成果として何が何でも外務省はやりたかったのであろう。報道各社は歳を重ねた元島民の負担軽減になると、愚にもつかない説明をしていた。なぜ「北方領土問題はロシアの主張を全面的に受け入れて、3000億円の拠出で終わった。泥棒に追い銭とはこのことだと」マスコミは書かないのだろう。与党べったりの日本のマスコミである。
「船なら行けた」のに、わざわざ飛行機で行こうとさせた、日本政府の哀れな姿が根室特有のガスの中に消えてしまった。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内閣支持率が新聞社で真逆に... | トップ | 閣議決定を乱発する安倍政権... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タンケ)
2017-06-23 07:44:24
アベシンゾなど足元にも及ばぬシタタカなプチンだ。それに国際政治を取り仕切るべく悪知恵も働く。他方、小学4年生漢字さえ読めぬ書けぬ、そして自国民に対してはあまりに冷酷で軽蔑されるアベがこんなプチンに太刀打ちできるはずがない。

いつものように、日本人の貴重な金を大判振る舞いしてプチンロシアに差し出すというあまりのバカぶりだ。今までもアベは海外で同様の大判振る舞いばかりしている。尤も、どの国に配った金もいつものように一部が還流されてアベやジミンなどの懐に入ってくるから、平気でそんなことやり続けるということだろうが。

アベシンゾジミンコーメは日本を徹底的に疲弊させた最悪最低の者として、悪名を残すことだろう。
豊岳正彦さま (そりゃないよ獣医さん)
2017-06-23 08:13:39
コメントありがとうございます。
趣旨は共鳴することも多いのですが、とにかく長く目を通すのが厄介で、コメントという趣旨にも反すると思われますので先除しています。
もう少し短く簡単明瞭にお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL