そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

公明と維新を取り込もうとするお試し改憲の提案

2017-05-03 | 平和憲法
安倍晋三は憲法記念の日の今日、東京都内で開かれた憲法改正を訴える会合にビデオメッセージを寄せ「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」と表明した。
具体的には、9条に自衛隊の存在を明記する文言を追加するよう提案し、教育無償化を巡る議論の進展も促すものであった。
これは明かに、安倍晋三自身の考えや思想を隠すものである。改憲ではなく現憲法に手を付けず加えるという意味で、加憲を主張する公明党に配慮した提案である。そして、高等教育の無償化を訴える、維新の会を取り込むための提案と言える。聞こえのいい、まずはお試し改憲と言える、何でもいいから憲法に手を加えるという実績作りをするということである。
安倍晋三の本心は、交戦可能な軍隊を常備し、その強力な軍隊で防護し周辺諸国や途上国を威嚇する国家をつくり、アメリカや中国やロシアが現実にやっているような、国益のために動ける軍隊を背景の経済活動で、天皇を抱き国民が国に黙って奉仕する国家建設にある。本音を隠した安倍晋三の提案に、支持団体の極右翼団体の日本会議などは、肩透かしを食らったとの感を抱くであろう。
しかし唐突ともいえる安倍の提案は、自衛隊が現憲法下では憲法違反であるとを認めたことでもある。そもそも、9条2項を残し自衛隊の存在を認めるとは、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 」の文言に明らかに理論的に矛盾する。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 70年連れ添い面倒見てもら... | トップ | 中朝にくさびを打ち込んだト... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教育の無償化に憲法改悪は必要ない (きなこ)
2017-05-03 23:40:16
本当
ふざけないでもらいたい💢

貧困家庭の教育援助を行うのに、憲法をいじる必要は、ない!

私の身近に実例があります:

私の大学の同級生に、かつて母子家庭の生活保護受給家庭、母ひとり子ひとり、どころか、
母ひとり子3人(内ひとり乳児‼破産のため財産なし‼)という状況で、成長して進学した同級生が、いますが、

奨学金も真面目に返済し終えた彼が言うことには、
自分の若い頃の大阪府下の周りの大人や大阪府の行政の人たちは、親切で正直だった、行政の保護も手厚かったから、自分は頑張って高校、大学に行って教育も受けられた、
しかし、今の、維新にグチャグチャにされた、府大の学生から補助金を搾取するようになってしまったような大阪府の状況では、自分は頑張っても、大学に行けなかったと思う、と、言っています💢

維新の松井ちじがまるで我が物顔の錦旗のように、高等教育無償化を唱えていますが👎👎、
彼らが実際にやっていることは、森友問題で露見したように、まるっきり逆!です💢

真面目な学生や真面目な行政を虐待して(府大予算しかり生活保護受給家庭の高校生を面罵し泣かせている橋下恥事YouTube動画しかり)、周囲をイエスマンで固め、自らに忖度を当然のように強要して(森友小学校認可とか)、
公共財産を食い潰し(府の優良鉄道株をローンスターに売ろうとした💢)、愚かな浪費ばかりしでかしている(災害時にじぇんじぇん役立たずの咲島庁舎とかサ!)ということを、

身近く見てきた大阪府民の実感として、声を大にして、表明しておきます。(`へ´*)💢💢

…安倍サンそんな維新の猿まねして得意になるなんて、最悪だね😞⤵⤵

コメントを投稿

平和憲法」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL