そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

統幕長の日米会談記録漏えい事件 陸自3佐が国に賠提訴する

2017-03-20 | 安倍晋三
安保関連法案が国会で審議されている最中の、2015年9月に共産党の仁比聡平参院議員が国会で、河野克俊統合幕僚長が前年の2014年12月に訪米した時に、安全保障関連法案が15年夏までに成立するとの見通しを米軍首脳に伝えたとする、内部文書を公開して質疑した。
時の幕僚長が、アメリカに行って集団的自衛権用意人を前提にした、安保法案が可決することを約束したのである。野党側は「国会軽視だ」「文民統制に反する」などと反発した。
河野氏は「同じ題名の文書は存在した」と認めたが、「同一のものは存在しなかった」と主張し、安倍晋三首相も存在を否定した。真相が不明なまま、安保法は15年9月19日に成立してしまった。

自衛隊統合幕僚長と米軍首脳の会談内容が国会で暴露された時に、「身に覚えのない内部文書の漏えいを疑われ省内で違法な捜査を受けた」として、防衛省情報本部の三等陸佐大貫修平氏(42)が17日国に、慰謝料500万円を求める国家賠償請求訴訟をさいたま地裁に起こした。
内部文書は、「制服組」トップの河野克俊統合幕僚長が2014年の訪米時、「安保法制は一五年夏までに成立する」と米軍首脳に伝えていたとする内容である。この内部文書を入手した、共産党議員が独自入手したとして国会で追及した。防衛省は文書の存在を認めなかったが、存在しないはずの文書の流出元を厳しく調べていたのである。
訴状では、大貫氏は暴露された文書と酷似した内部文書を、河野氏の訪米直後に上司からメールで受け取り、通常業務として部内に配信した。その後は各職員が電子データで保管していたが、統合幕僚監部は国会で疑惑が浮上した翌日、文書を「秘文書」に指定し、各職員に削除を命じたという。
大貫氏は2015年9月末、陸上自衛隊の内部捜査を行う中央警務隊に呼び出され、文書漏えいを疑われた。自衛隊法違反の容疑で取り調べを受け、うそ発見器にかけられたり自宅や職場を捜索されたりし、2016年2月には「流出した文書を印刷したのはおまえだ」などと追及されたとしている。大貫氏は提訴後にさいたま市内で記者会見し「連日の取り調べで、自白を強要された。身の潔白を証明したい」と話した。
大貫氏は会見で、存在する文書をあわてて抹消するような指示を受けた時のことを振り、「隠蔽を図ろうということだと思った」と語っている。原告弁護団の弁護士も「南スーダンPKOの日報問題と同じ構図だ」と、自衛隊の隠蔽体質を批判した。
訴状によれば、それまで誰もが見られた文書は、河野統幕長が文書の存否を「調査中」と語ったその日に秘密指定になり、二日後には削除が命じられた。文書は存在しないことになったはずだったが、厳しい追及はそれから始まった。おまえが流出させた犯人なのは間違いない-。警務隊は身に覚えのない罪を大貫氏に突きつけてきた。
仕事の面でも、情報本部内でそれまで所属していた高度な情報を扱う部署から、行事資料を作成する閑職へ異動させられた。警務隊からは「共産党関係の資料を出せ」といった言葉も浴びせられたという。
こうしたことが日常的に防衛省内で行われているのであろう。南スーダン派遣のPKO日誌が隠蔽されたのと全く同じ構図である。(3月18日:東京新聞参照)
稲田朋美は、「見つからなかっただけで隠匿ではない」と、懸命に反論するが根拠はなにもない。彼女が防衛省内で信用されていないのである。文民統制は空文化している。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 左右がアベコベになって、ア... | トップ | 共謀罪の恐ろしさを実感しない »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
生き延びる陸軍参謀本部の亡霊 (ノブ)
2017-03-21 11:38:22
1939年のノモンハンで起こしたソ連軍との国境戦争。僕たちはこれをノモンハン事件と呼んでいる。紛争または戦争状態にもかかわらず時の(関東軍と)陸軍参謀本部は事件扱いにしている。戦場の状況を論理的合理的に整理し的確な判断ができない体質は今の自衛隊にも引き継がれているのかもしれない。近代化された印象の自衛隊ですが制服組の自衛官が望む安保法制であれば法案成立前でも法律ありきで前のめりになって行くのは参謀本部そのものである。
南スーダンの現地報告書の件も同じ事。
ノブ様 (そりゃないよ獣医さん)
2017-03-21 12:47:40
私も少し前に書いています。
http://blog.goo.ne.jp/okai1179/e/7d5a272a5e37c75a27ba998fda6f7ad2
参照ください。
軍人は官僚です。現在の官僚の原型を、戦前の軍人にみることができます。ノモンハンについては、司馬遼太郎が十分な検証をしなかったために、太平洋戦争へと走ったと断じています。
そりゃないよ獣医様 (ノブ)
2017-03-21 14:36:35
有難うございます。例の記事は以前読ましていただきました。今の政治の舞台裏が1930年当時の状況から抜け出していないと思い「ノモンハン戦争」を例えに記しました。
私も北海道在住の人間ですから役人天国の地域からこのようなブログ記事が発信されている事を心強く感じています。
Unknown (タンケ)
2017-03-21 17:01:02
権力者や金亡者らによる不正、悪事、イカサマだらけの国ニッポンだ。事実上軍隊の自衛隊の不祥事はかつて来た道へ戻っている証左のように思える。権力権威に弱く、集団主義、付和雷同の日本人が多く、今では戦中派、準戦中戦後派なども寿命になっているのをよいことに、戦争など知らぬ甘ちゃん右翼か偽国粋主義者らと乃賜るそんな指導者らが荒削りで無鉄砲な法案を平気で可決成立させ続けている、しかも閣議決定などとの違法な手法でである。

たとえ経済力は公称世界第3位でも、幸福度が第60位近く、自殺率世界一という日本は文明国などとはけっして呼べない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL