そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

今日と明日は北海道空襲の日、愚かな戦争犠牲者の日でもある

2017-07-14 | 戦争
北海道に空襲があったことは意外と知られていない。72年前の7月14、15日に主にアメリカのグラマンによるものである。最も何の防御も攻撃設備もない青函連絡船が撃沈され、最も多い被害者が出ている。室蘭はミズリー号の艦砲射撃で、甚大な被害が起きている。北海道空襲についてはこれまでに、2009年と2013年と、二度書いている。たった二日で2000人の死者が出ている。グラマンといういわば軽飛行機でこれだけの被害である。ほとんどが民間施設への攻撃で、グラマン機の一方的な空襲であった。
最も市街地の多くを失ったのは根室である。北方の拠点であったが、二日にわたってグラマンの爆撃を受けている。市街地のほとんどが喪失した。しかも市街地だけである。周辺の農家は全く攻撃されていなかった。鉄道も動いていた。私が聞いた爺さんは、中学生であったが大人たちと一緒に動員され、市街地の復興に出かけた。
2045年7月14日と言えば、終戦まで一月である。5月にはドイツのヒトラーも自決終戦を迎えている。もはや終戦をどう迎えるかだけの問題であった。陸軍は本土決戦を言い出し敗戦の決断を遅らせ、鈴木貫太郎首相がソビエトに終戦の仲介を模索していたのを知りながら、ソビエトが不可侵条約を破棄し参戦することをヤルタ会談で決めていたことをひた隠しにしていた。徒に官僚のメンツと、国体護持しか念頭にしかなかった。敗戦を念頭に置いていなかったし、国民の存在も戦略にはなかったである。
国の戦闘方針に国民は累々と死体を並べるだけであった。少なくとも、同盟国のドイツの降伏に従っていれば、本土への無数の空襲もなかった。原爆投下もなかった。北方領土問題もなく樺太もそのままで、残留孤児問題もなく沖縄もあれほどにはならなかった。公式には、320万人が亡くなっているが、1945年(昭和20年)の8ヶ月で200万人も亡くなっているのである。
少なくとも、北海道の僅か二日の空襲で亡くなった2000人は無駄死以外の何物でもない。しかもほぼ全員が非戦闘員である。
戦争がいかに愚かか、国家は国民の犠牲などいかに厭わないか、二日間の北海道空襲がそれを物語っている。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政権にすり寄る”連合”、民進... | トップ | 劉暁波の死を悼む、中国の前... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タンケ)
2017-07-15 09:28:55
日本全土空襲を企んだのはあのC. ルメイだ。こいつは根っからの人種差別主義者で、忌み嫌う日本人の幼子から老人まで悉く虐殺撲滅しようと計画し、事実通常爆弾、焼夷弾、異なる二種の原爆まで投下した。原爆投下時点の1945年5月に、日本は降伏を伝えていたにも関らずである。

そんなルメイに、何と、日本政府は最高位の勲一等勲章を授けるなどというオオバカをした。その時の音頭とりはあのコイズミの父親だった。あの息子ジュンイチローにして、このオヤジということだ。

一体何という国なのか、何という屈辱国家なのか、何という弱い者虐待国なのか、日本とは?

ルメイはその後90歳近くまで生きた。もし神が居るなら、この悪魔は必ずや地獄の底深く沈められていることを願う。
今も昔も嘘まみれ (ノブ)
2017-07-15 15:37:37
カーチス・ルメイ曰く「軍人は誰でも自分の行為の道徳的側面を多少は考えるものだ。だが、戦争は全て道徳に反するものなのだ」と答えている。軍人でありエンジニアでもある人間の発言として真っ当である。誰も彼を責められないと思いますよ。
私の義母は93才 先の大戦中は神戸市の東灘に住んでいました。そこは甲南地区で川西航空機の工場があった所です。この阪神工業地帯は100回以上爆撃された地域で小説にも描かれています。少女時代の思い出話をする時、周りの大人がしゃべっていた言葉には「もうあかんでー」「まけとるがな」「こんなとこまでアメリカ来よるんかい」と下町の庶民は皆敗戦の現実に気付いていた事を話してくれます。
負けると分かっていても仕掛けた戦争の引き際を考えられない愚かさとは何だろう。勝つ事だけしか頭に描いていない玉砕主義的政策をとった政府・軍部・官僚の責任は重い。未だかって第二次大戦の敗戦総括を日本国民は誰一人聞いていない。玉音放送と村山談話だけで良いのか。
安倍総理 右翼なりの言葉でも良いからジイさんに成り代わって本音の戦争の総括を聞かせてくれ給え。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL