神戸三宮の鍼灸院ブログ

神戸三宮の鍼灸治療院の鍼灸師のブログ。
敏感な人向きの針治療。
鞭打ち・腱鞘炎・咳喘息・頭痛・美容針にも対応。

小腸の不調で、肩腕の痛みや胸の痛みが出る人もいます

2015年01月23日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
小腸の働きが乱れることで、肩腕の痛みや胸の痛みが出る人もいます。



画像は、肩腕や胸を通る小腸経の流注(エネルギーライン)です。

小腸経の不調でも、
肩の痛み、腕の痛み、胸の痛みが出る人もいます。

小腸のバランスを整える針治療も有効です。

小腸は長い臓器であり、心臓にも影響するので、
小腸の働きが狂い出すと、
体調不良を改善させるのが難しくなります。

小腸のバランスを早めに調整することをお薦めします。

この記事をはてなブックマークに追加

頭痛の原因が、いわゆる頭の痛い問題であることも

2014年02月20日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
頭痛の原因も、いろいろとあります。

治りにくい痛みの場合は、複数の要因が関係している場合が多いです。

体の痛みや不調は、安易に精神的なことを原因にすると、体の機能異常を見逃してしまい危険です。

そうは言っても、体調不良を改善してみても、しつこい頭痛が残ってしまうことがあります。

たまに、そういう経過の治療になる時は、痛む場所の頭皮に針を刺すこともあります。

この場合の針は、針による刺激をたどって、体の中の歪みを気の感覚で体感してみたりします。

そうすると、腹の中に押し込んだ頭の痛い問題のトーンを帯びた歪みであることもあります。

女性と男性では感じ方や考え方が違うので、親しい関係では逆に難しいこともありますね。

真面目すぎる女性は、キャバクラの女性になったつもりで、男性を操作してみると、案外良いのかも。

この記事をはてなブックマークに追加

首の痛みの治療の実際例

2010年12月19日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
 首の痛みの治療の実際例。

 昨日から首の痛みがひどくなった人が来られました。

 骨盤を調整してウエストを引き締める針をしました。すると、首を回旋する動きが楽になりました。

 背骨の動きを柔軟にする針をしました。すると、首の凝りが楽になりました。

 疲労回復を助ける針をしました。すると、体全体の動きが楽になりました。

 姿勢を良くする針をしました。すると、首を後にそらすのが楽になりました。

 お陰さまで、岡田上鍼灸院(神戸・三宮駅近く)ご利用の方は、1,999名です。

 ご利用の方々に感謝するとともに、皆様の健康と発展を願っています。

 [ 首痛も 骨盤矯正 重要だ ]

この記事をはてなブックマークに追加

後頭神経痛の治療11回目

2010年01月18日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
1週間前の治療後、出張に行っても、違和感の移動が気にならない時間が増えてきた。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での後頭神経痛の針治療。

今回のツボに刺した針での作用:
清肝胆、利下焦 清肝胆、疏経絡
舒筋、利三焦、通水道
健脾化湿、通利三焦
去風清肺、止咳化痰
調三焦、利水道

今までで一番、首が楽になりました。

慢性疲労は首で治せる! (角川oneテーマ21)
松井 孝嘉
角川グループパブリッシング

このアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

後頭神経痛の治療10回目

2009年12月18日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
今週は楽で、移動する不快感があるが、気にならない時も、できてきた。
寝ている間に自分で自分の左顎をひっかいているのが年に数回。
子供の頃から、唾液の出が悪い。首の左前に、不快感あり。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での後頭神経痛の針治療の例。

唾液の出を良くする針をすると、首の左前の不快感が減りました。

活血理湿・活血化痰の針をすると、首全体が楽になりました。

体と腰のだるさを改善する針をすると、今までで一番、首が楽になりました。

今回の針は、腰に6本、手に1本、足に1本。

この記事をはてなブックマークに追加

後頭神経痛の治療9回目

2009年12月13日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
首の凝りが出て移動したり息がしにくいのが、夕方~夜に多く、
昼にも不快感があるのを感じるが、程度は軽くなっている。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での後頭神経痛の針治療の例。

耳の性能も若くする針をすると、首と顎の歪みが解放されて楽になりました。

後頭部を元気にする針をすると、首の後ろがリラックスして楽になりました。

体の左側を元気にする針をすると、左目も楽になりました。

仙骨を元気する針をすると、手と左首がさらに楽になりました。

肺をと腰を元気にする針をすると、肩の荷が降りたような感じになり、
今までで一番、首と肩が楽になりました。

今回の針は、腰に4本、手に3本、足に3本、頭に1本。

この記事をはてなブックマークに追加

後頭神経痛の治療8回目

2009年12月04日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
首の凝りが出て移動したり息がしにくいのが、夕方~夜に多い。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での後頭神経痛の針治療の例。

顎を元気にする針をすると、首の凝りと足の動きが楽になりました。

仙腸関節を整え元気にする針をすると、肩全体の凝りが楽になりました。

体の重さを楽にする針をすると、瞼(まぶた)を開けるのが楽になりました。

左頸肩腕の凝りを楽にする針をすると、左首がさらに楽になりました。

最後に腰を元気にする針をすると、いままでで一番、首が楽になりました。

今回の針は、背中に3本、腰に2本、手に2本、足に2本、頭に1本。

この記事をはてなブックマークに追加

後頭神経痛の治療7回目

2009年12月01日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
昨晩、急に首の凝りが出てきたということで、予約の予定を早めて来られた。
首の凝っている場所の変化が激しくて、左→右→前。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での後頭神経痛の針治療の例。

噛み合わせ矯正の針をすると、左の肩首の凝りが楽になりました。
リンパ循環を改善する針をすると、右の肩首の凝りが楽になりました。
熱を冷まし痰を除去する針をすると、さらに右の肩が楽になりました。
腰を元気にする針をすると、さらに全体的に肩と腰が楽になりました。
膵臓への負担を楽にする針をすると、縮こまった首が伸びる感じになりました。

昨日、会議が多くて珈琲をたくさん飲み過ぎたのも良くなかったようです。

今回の針は、足に5ヶ所、腰に2ヶ所、手に1ヶ所。

この記事をはてなブックマークに追加

後頭神経痛の治療6回目

2009年11月28日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
胸の痛みは無し。あとは同じで、1週間前の治療と、あまり変化なし?

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での後頭神経痛の針治療の例。

防虫剤の悪影響を改善する針をすると、左の首肩腕が楽になった。
左側での片噛みの改善する針をすると、肩の凝りが楽になった。
右半身の硬さと疲労回復を促進する針をすると、
左が改善して出てきた右側の凝りが楽になった。

防虫剤の悪影響が出たのと、右の歯が治療中なので、
左側で片噛みしている悪影響が重なって、
疲労回復しにくくなった状態で目を酷使していたため、
感じとしては、先週とあまり変化が無いように感じていたようです。

今回の針は、足に4ヶ所、腰に2ヶ所、手に1ヶ所。

この記事をはてなブックマークに追加

後頭神経痛の治療5回目

2009年11月27日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
歯医者で右上C4の歯を仮詰め。左首凝りはあり、しんどいのは無視できる。
疲れたら、胸が痛むぐらいで、首の圧迫感少しあり、左腰はかなり良くなった。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での後頭神経痛の針治療の例。

右上の歯の治療で生じた炎症を緩和する針をすると、左の首の凝りが楽になった。

腹筋をやわらかくする針をすると、起き上がる時に首にかかる負担が楽になった。

腰を元気にする針をすると、さらに腰が軽くなった。

今回の針は、足に3ヶ所、腰に2ヶ所、手に1ヶ所。

この記事をはてなブックマークに追加

後頭神経痛の治療1~4回目

2009年11月10日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
首(特に左)の凝りが激しく、左半身全体が悪い感じがする男性は、
睡眠に入る際、胸が痛むことも多々有り、首が圧迫されて呼吸がしにくい、
過去に左腰を傷めたことがあって、今も少々痛むなどの症状も。
1年前に、首が痛み、手足にしびれが出たが、MRI・CTスキャンは異常なし。
これらの症状から、典型的な後頭神経痛と推測しました。
いろいろと持病のある方なので、現在、治療を続けてもらっています。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での後頭神経痛の針治療の例を簡単に説明します。

1週間に1回ぐらいのペースで、来院してもらっています。

1回目:背部、後頭部、肩関節を楽にする針。
2回目:耳の性能アップ、睡眠不足への対応、呼吸器と消化器を元気にする針。
3回目:歯科治療の炎症緩和、伸筋の活性化、スモッグ(煙霧)対策の針。
4回目:歯周病の活動を抑え、モヤモヤを緩和し、右肩関節を楽にする針。

回を重ねるごとに症状が緩和し、仕事で無理できる時間が長くなっています。

症状が緩和し、頻繁に通院する段階をいい形で卒業してもらえたら幸いです。

この記事をはてなブックマークに追加

首の動きチェック(むち打ちも含む)

2009年10月11日 | 頭痛・首痛・後頭神経痛・頚肩腕痛
首痛などで動かしにくい方向があると、緊張感が抜けにくくなり、
姿勢が悪くなったり、疲労を蓄積しやすく、健康に良くありません。

首の不調は、歯の噛み合わせ、精神的ストレス、難聴、めまい、
眼精疲労、パソコン、浮腫み、鞭打ちなどと関係していたり、
さまざまな要因が複雑にからみあっていることが多いです。

立つか座るかの姿勢になって、
三軸のチェックで、首の動きをチェックしてください。

前後のチェック:頭を前に倒す。 頭を後に倒す。
左右のチェック:頭を左肩に倒す。頭を右肩に倒す。
回転のチェック:顔を左に向ける。顔を右に向ける。

前後・左右・回転で、動かしにくい方向があったら、
首に問題があり、美容と健康に問題があることを示しています。

首を動かすチェックで、痛さや硬さがあることに気づいたら、
対応できる鍼灸院で、早めに針治療を受けて下さい。

首の動きを改善できる針治療で、早めに対応すると、非常に効果的です。
動かしにくい首の状態を放置していると、首の痛み以外に、
腰痛や頭痛なども起こりやすく、精神的ストレスに弱くなったりします。

過去に交通事故、スノーボード、首をゴキッといわせていたなどの
経験をしてきた人の中には、鞭打ち(むちうち)の症状を何十年も
ひきずってきた気の毒な人もいて、針治療で楽になった人もいます。

過去のムチウチの歪みを解放できると、その後の人生が楽になります。

たとえば、臨泣というツボに針をすると、その場で改善する場合も。
それだけでは、調整には不足で、効果が出るように準備もする訳ですが。
帯脈や腎や心を重視した治療になります(鍼灸の専門家向けの説明)。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)では、首の動きチェックにも注目しています。
首は、ダイレクトに脳に影響を与えるので、不調だと頭痛も多いです。
針治療は、薬を使いにくい人、妊婦可(安定期以降)です。

症状の悪化が度を超すと、「管理人の針治療」では対応しきれません。
皆様、針治療は早めに、お願い致します。

この記事をはてなブックマークに追加