神戸三宮の鍼灸院ブログ

神戸三宮の鍼灸治療院の鍼灸師のブログ。
敏感な人向きの針治療。
鞭打ち・腱鞘炎・咳喘息・頭痛・美容針にも対応。

鞭打ち(バレーボールで)の治療

2010年10月24日 | 鞭打ち・後遺症
 数年前にバレーボールをしていて、相手の男性からのアタックが顔面に当たって以来、右首筋を痛めやすい。

 背筋を痛めやすい。ふとした瞬間にピキッという感覚とともに痛みの症状があらわれる。ひどい時は、おきあがれなくなる。

 肩こりは、左側の首すじ(肩甲骨あたり)から頭にかけて、筋があるように走る。そういう時は、頭痛がしたり、目が乾く。

 トリガーポイントらしきものがある。 

 以上のような症状の方が来られました。

 鞭打ちの治療の実際例。

 右手首と左側の首筋を改善する針をすると、左側の首筋が楽になりました。

 左側の骨盤を改善する針をすると、背筋が楽になりました。

 右半身から元気にする針をすると、右の首筋が楽になりました。

 疲労回復の針をすると、トリガーポイントを感じるあたりが楽になりました。

 座った状態になってもらって、姿勢をよくする針をすると、軽い脳貧血を起こされました。鞭打ちの後遺症を回復する針をしていると、よくある現象で、心配無用です。

 すぐに、横になってもらって、造血作用を促す針をすると、姿勢も良くなり、体も楽になっていただきました。

 岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市・三宮駅近く)ご利用の方は、1,958名です。

 ご利用の方々に感謝するとともに、皆様の健康と発展を願っています。

 [ 鞭打ちの 後遺症に 針治療 ]

この記事をはてなブックマークに追加

交通事故で鞭打ち症・頭痛の治療

2009年12月07日 | 鞭打ち・後遺症
交通事故を3、4年前に経験。カーブで曲がり切れず、左に旋回しながら、
助手席側から突っ込んだ車の助手席に同乗していた。
3日前より頭痛。左側、ズキンズキンと神経痛的な痛みがつらい。
年に2~3度ひどい首の痛みに悩んでいて、ひどい時は、1週間寝込む。
仕事柄、長時間のデスクワークで、首、肩、腰、膝から下も痛い。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での鞭打ちの針治療の例。

鞭打ちの緊張を解放する針をすると、むちうち後頭神経痛の頭痛が消えました。

骨盤を調整する針をすると、首と体の動きが軽くなりました。

血をきれいにする針をすると、膝から下が楽になりました。

体を元気にする針をすると、肩と腰が楽になりました。

帰りは、さわやかな表情で帰っていただきました。

今回の針は、足に4本、腰に2本、手に1本で、頭への刺鍼は無し。

この記事をはてなブックマークに追加

サッカーで鞭打ちの治療4回目

2009年11月29日 | 鞭打ち・後遺症
1週間前の3回目の治療後、軽い頭痛も全て消失し、首は事故前より楽に。
右顎が重だるいときがある。顎が右にズレ気味。
ストレスを感じた時だけ右目の下ケイレン。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での鞭打ちの針治療の例。

右の下あごを元気にする針をすると、右顎のズレが気にならなくなりました。

血をきれいにして炎症を緩和する針をすると、首の前がさらに楽になりました。

腰を元気にすると、腰と肩がさらに楽になりました。

呼吸能力をあげる針をすると、背中を伸ばしても腰が楽な状態になりました。

1週間前の3回目の治療後よりも、さらに元気になって帰っていただきました。

今回の針は、手に3ヶ所、腰に2ヶ所、足に1ヶ所、頭に1ヶ所。

この記事をはてなブックマークに追加

サッカーで鞭打ちの治療3回目

2009年11月23日 | 鞭打ち・後遺症
2回目の治療後、翌日は右の耳の近くが熱を帯びて痛かったので、
保冷剤で冷やして様子をみていたら、次の日には症状が消失。
激しい頭痛は消失。左の目尻上のめばちこ消失。両耳の後ろの痛み消失。
昨晩、薄着で飲み過ぎのため、当日の午前中は二日酔い。
下顎と喉の間のグリグリが気になる。朝から少し悪寒がする。
楽にはなっているが、日によって、右の肩こりと肩甲骨内の凝りを感じ、
右目下の痙攣がある。
右顎関節の異常は、さらに楽だが少しあり。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での鞭打ちの針治療の例。

胆汁循環の働きを良くする針をすると、
下顎と喉の間のグリグリが気にならなくなって、首元がスッキリしました。
1ヶ月前の鞭打ちのショックで胆汁循環の機能が低下していた体に、
飲みすぎで無理をかけたためのようです。

朝から少し悪寒がするということなので、免疫を回復する針をすると、
右の肩こりと肩甲骨内の凝りが楽になり、悪寒と右目下の痙攣が消失しました。
日によって、肩こりと肩甲骨内の凝りを感じるのは、
軽い風邪のひき始めの時が多いようです。

疲労回復と呼吸機能を改善する針をすると、右顎関節が気にならなくなり、
体の動きが軽くなり、姿勢も良くなりました。

二日酔いの体での針治療でしたが、1週間前の2回目の治療後よりも、
さらに元気になって帰っていただきました。

今回、針を刺したのは、手に5ヶ所、腰に2ヶ所、足に1ヶ所。

この記事をはてなブックマークに追加

サッカーで鞭打ちの治療2回目

2009年11月22日 | 鞭打ち・後遺症
1回目の治療後、最大の悩みであった激しい頭痛は、ほぼ消失。
左の目尻上に、めばちこ。両耳の後ろに痛みあり。
楽にはなっているが、日によって、肩こりと肩甲骨内の凝りが強いことも。
右目下の痙攣と、右顎関節の異常は、楽にはなっているが少しあり。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での鞭打ちの針治療の例。

右の顎関節と右の手関節の緊張を緩和する針をすると、
右顎関節が楽になり、右目下の痙攣と両耳の後ろの痛みが消失しました。

左目を楽にする針をすると、左の目尻上の、めばちこの違和感が減りました。

血流を良くして炎症を緩和し、疲労回復を促進する針をすると、
肩こり、肩甲骨内の凝りが楽になりました。

今回、針を刺したのは、腰に3ヶ所、足に2ヶ所、手に2ヶ所、頭に1ヶ所。

この記事をはてなブックマークに追加

サッカーで鞭打ちの治療1回目

2009年11月09日 | 鞭打ち・後遺症
1ヶ月前サッカーのプレー中にフィールドで真正面から人とドンとぶつかって、
鞭打ちになり、後頭部が割れそうな頭痛で、初めて針治療に来られた男性は、
鞭打ちで肩甲骨の間の凝りと肩こりがひどくなって疲れやすくなり、
目もすぐ疲れるようになり、右目下のけいれんが続くなどの症状も。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での鞭打ちの針治療の例を簡単に説明します。

まず動作を確認したところ、右の胸椎や背部が硬直して、
体に負担がかかっていることが推測できました。

根症状(脊髄から枝分かれした神経が圧迫されて出る症状)を緩和するために、
右の背部と胸椎の硬直を緩和する針をしたところ、
頭を動かしても頭痛がしなくなり、同時に右目下のけいれんも消失しました。

すると、「実は20歳頃から、ずっと右側が顎関節症なんです」と言われたので、
それで、サッカーでぶつかって激しい根症状が出てしまったんだと納得しました。

今後のスポーツ障害事故の予防も含めて、噛み合わせを調整する針もしました。
すると、肩こりと肩甲骨の間の凝りが楽になって喜んでいただきました。

それから、炎症を緩和し、疲労回復を促進する針をしたところ、
「右側が楽になって、むしろ左側の凝りが気になる」と言われました。

鞭打ちの結果、電磁波過敏症に近い体調にもなっていたようなので、
電磁波の悪影響を解放する針をして、さらに元気になっていただきました。

治療をしすぎても、ドーゼ(刺激)オーバーになるので、今日はこれぐらいに、
ということで、帰っていただきました。

ちなみに、この時に針を刺したツボの数は、左右あわせて9箇所です。

針治療は、事故の後遺症にも対応可能な伝統的医療です。ぜひ、お試しを。

この記事をはてなブックマークに追加

鞭打ち(むちうち)症の治療

2009年02月18日 | 鞭打ち・後遺症
鞭打ち症の針治療は見立てが合えば、治療経過が確実に進展していきます。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)に、インターネットで見つけて、少し前から、
むち打ち症で針治療に来られている方がいます。

幸い、むち打ち症状が緩和していくことを実感してもらえました。
経絡の気の動きに敏感な方でもあるので、楽しく治療させてもらっています。

その方から、7年前の交通事故以来、鞭打ち症の方を紹介していただきました。
幸い、7年前に交通事故の方(車大破炎上、本人大火傷)も治療経過良好です。
ムチウチ症以外に、火傷で移植したご自分の皮膚の感触も改善しています。

日本人用に改良した針治療の技術に感謝しています。
管理人は、日本人用の細い治療針(直径0.16mm)しか使いません。
それでも、良い信頼関係ができると、良い治療ができるようです。

オーバーワークが度を超すと、「管理人の針治療」では対応しきれません。
皆様、針治療は早めに、お願い致します。

この記事をはてなブックマークに追加