神戸三宮の鍼灸院ブログ

神戸三宮の鍼灸治療院の鍼灸師のブログ。
敏感な人向きの針治療。
鞭打ち・腱鞘炎・咳喘息・頭痛・美容針にも対応。

逆子の治療4回目

2010年02月08日 | 逆子・不妊治療
妊娠36週で、外転術を受ける前に、逆子から、初めて戻り、また、逆子になった。

妊娠37週で、逆子が戻り、ようやく安定したので、安産のため、念のため来院。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での逆子の治療例。

口の中が苦い、すっぱい感じが続いているが、胎児の位置が安定しているので気が楽。

ツボに刺した針での作用:
去風湿、利筋骨、降気逆 調経、利水、理下焦
通過清熱、利咽安神 宣肺疏風、通経活絡
調三焦、利水道

お灸:右の至陰

首の凝りと腰も楽になっていただきました。

結局、ぎりぎりのところで外転術を受けることなく、逆子が治って、良かったです。

イラストと写真で学ぶ逆子の鍼灸治療
形井 秀一
医歯薬出版

このアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

逆子の治療3回目

2010年02月07日 | 逆子・不妊治療
妊娠35週ですが、まだ、逆子が治りません。

この針のあと、入院して外転術を受ける予定。口の中が苦い、すっぱい感じ。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での逆子の治療例。

外転術のことを考えて、お腹を柔らかくすることを優先させました。

ツボに刺した針での作用:
和胃気、化痰濁、清神志
理血調経、散風去湿
調腸腑、利腰腿
調三焦、利水道

お灸:右の至陰

リラックスして、今までで一番お腹が柔らかくなってもらえました。

これも育児の参考になる本。
 ↓
赤ちゃんの生命(いのち)のきまり―知ってかんがえて育てよう
西原 克成
言叢社

このアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

逆子の治療2回目

2010年02月06日 | 逆子・不妊治療
妊娠34週ですが、まだ、逆子が治りません。

へその緒は、ひっかかってない。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での逆子の治療例。

ツボに刺した針での作用:
疏風散寒、清熱解毒 去風通絡、調理腸胃
宣肺疏風、通経活絡 通過清熱、利咽安神
調三焦、利水道
舒筋散風
寧心安神、鎮静止痛、理気和胃

お灸:右の至陰

体全体が柔らかくなって、凝りなどは、楽になってもらえました。

育児の参考になる本。
 ↓
「赤ちゃん」の進化学―子供を病気にしない育児の科学
西原 克成
日本教文社

このアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

逆子の治療1回目

2010年02月05日 | 逆子・不妊治療
妊娠33週ですが、逆子が治りません。

別の鍼灸院で逆子の治療を10回ほど受けたが、
頭が上になったり、横になったり、よく動くのですが、
下にだけは動かないので、治療院を変えることに。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)での逆子の治療例。
早い時期の方が戻る率が高いのに、その時期に、別の鍼灸院でも戻らなかった上に、
期限は迫っているし、かなり難しいぞ、という現状から、当院での治療スタート。

ツボに刺した針での作用:
理血調経、散風去湿
舒筋、利三焦、通水道
清肝胆、利下焦
宣肺疏風、通経活絡 通過清熱、利咽安神
調三焦、利水道
疏風、清熱、利脇

お灸:右の至陰

お腹が柔らかくなって、体は、楽になってもらえました。

口腔が気になってしょうがない、医学知識のある人に読んでみて欲しい本。
 ↓
これだけで病気にならない―「顔と口の医学」 (祥伝社新書)
西原 克成
祥伝社

このアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

不妊治療

2009年10月27日 | 逆子・不妊治療
妊娠しやすいように、女性の低温期と排卵日と高温期で、
基礎体温にメリハリができるように体調を整えることが重要です。

焦りの気持ちが強いと女性の生殖器バランスが崩れやすくなるので、
女性の気持ちがリラックスしやすい環境と体に整えることが大切。
病院の不妊治療で疲れた心身を癒すのが必要な人もいるでしょう。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)では、不妊治療の針もしています。

あお向けに寝た時、お腹がやわらかい感じも重要です。
おなかが硬いと、出産にまで、たどり着くのは難しくなります。
健康な赤ちゃんを迎えるためにも、お腹をやわらかくしましょう。

おなかが硬いと、妊娠したら大きく膨らむところだから適応しにくいし、
おなかが硬いと、腹が立つことが増えるので気持ちも焦りやすくなるし、
おなかが硬いと、血行不良状態で、妊娠を継続しにくくなります。

針治療では、血海というツボに針を刺したりするなど、その場で、
おなかが、やわらかくなるようにして、維持したい、やわらかい、
触って気持ちが良い、おなかの状態を体に覚えさせるようにします。

基礎体温のグラフを見て、タイミングが合いやすいようにサポートする
針治療も可能で、個人に合わせた、あなただけの治療になります。
東洋医学の治療では、心身の調整は、オーダーメイドが基本です。

食生活の理想的な養生方法から、現時点で実行可能な養生方法まで、
妊娠しやすい環境作りのアドバイスもしています。
妊娠の邪魔をする要因を取り除くアドバイスが多くなります。

妊娠した後の妊娠中の養生、産後の養生、家族が幸せにすごせる
育児・子育ての考え方などについて、商品を押し付けない鍼灸院で、
将来の夢を描く流れの中で、不妊治療ができれば幸いです。

この記事をはてなブックマークに追加

逆子の針灸治療

2009年10月25日 | 逆子・不妊治療
逆子対策で大事なことは、
出産が迫っている現状を胎児に気づかせることと、
胎児が動きやすいように母体の骨盤の環境を整えることです。

そのためには、母親の衣服、飲食物、呼吸環境・住宅環境を改善し、
母親の体調を整える針灸治療を活用するのが効果的です。
新しい赤ちゃんを家族に迎えるためにも母子共に健康が一番です。

岡田上鍼灸院(兵庫県神戸市)では、逆子の治療もしています。

胎児が左骨盤に背中をもたれさせていると、逆子の状態が長引くので、
胎児が右骨盤に背中をもたれさせるように誘導する治療をした上で、
胎児が自分で回りやすい環境に整えるのが自然に近い治療になります。

逆子の治療は早めだと、穏やかで有効な手段の選択肢が多くあります。
逆子の針灸治療も、早めの治療をおすすめします。
逆子が戻ったとしても、安産のためになる針治療は有効です。


この記事をはてなブックマークに追加