二人の母

戦後を苦労して子供達を必死で育ててくれた母親達を回想する。

子育ては、すべてにおいて、放任主義

2017-06-19 08:55:39 | 日記



長兄は手先が器用で丁寧な性格だったので、中学生になった頃から、材木屋で、くずの中から、使えそうな木をもらってきて、荒神さんを作ったり、本立てを作り売ってお小遣いを稼いでいた。

私より6歳上の次男の兄と3歳上の長女の姉が私の子守りを任されていたが、あやしかたがわからないので、2時間泣きどうしで放っておかれて、疲れて寝ることが、しばしばであったらしい。また時には、炎天下に乳母車を置いたままで遊びに夢中なっていた時は、事情が分かっている近所の人が木陰に移してくれたりしていた。

次男の兄は、時にはおんぶして、近所の子供と一緒に、缶けり等して遊んでくれていたそうだ。 

ある時、近所で赤痢が流行して、亡くなった子供もいた時に、母は「うちの子は誰も罹らなかった。捨てる神あれば、助ける神あり」と云って神様に感謝していたがそうです。

次男が中学になった頃は、次第に世の中は暮らしも豊かになって来ていたが、相変わらず、うちは貧乏で、長兄の衣服は、母の里の一番下の弟(長男より一歳年上)のおさがりで、次男の衣服は、その長兄のおさがりだったので、つぎあてが多かった。

ある時、近所の人が、「あんたとこの子が学校に行かずに、天神さんにいるのを見かけたよ。」と知らせてくれる人がいました。木の下にいた次男の手をひっぱて教室まで連れて行くと、「他の子は普通の服を着ていた。自分の子が余りにもみすぼらしく見えて可哀想だった。」と後になって話してくれました。担任の先生が、支払いが遅れていて持ってくるようにいっておいたのだが、いつも忘れて来るので注意したそうだ。母がやりくりに苦労していたので言い出せなかったそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦後、競輪場が地方にもでき... | トップ | 次第に家計も豊かになる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。