二人の母

戦後を苦労して子供達を必死で育ててくれた母親達を回想する。

家族会議

2017-06-20 03:58:32 | 日記


父の母親と妹、私の父と母の4人が集まって、家族会議が始まった。
男の子を残して、母が女の子を連れで家を出ると云う離婚話も出たが、父が誤って、「競輪場には行かない」と約束した。幸い、元弟子が建具の店を開いていたので、そこで雇ってもらうことになる。「決まった仕事がないと、男はろくな事をしない」と父の母親が言っていました。

競輪の予想は続けていて、競輪が始まると、母に買ってきてもらうことになる。母は、予想通りに買うので良く当たり、仲間が教えてと寄ってくるほどになる。ある日、このレースは一着と二着が入れ替わりそうだと思った母は裏も買ってみたら、的中し、高配当の大穴があたって嬉しかった事もあったそうな。しかし、母は、決しってのめり込む様な事はなかった。

一方、父は我慢できず、給金を前借してまで、競輪場に行くようになる。
父にお金を貸す人は何処にもいなかったので、無茶はしなくなった。
その頃はまだサラ金がなかったので幸いでした。
その後、時には夫婦で一諸に行ったりもしていたようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父と母が大喧嘩 | トップ | 結局、夫婦は手を取り合って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。