二人の母

戦争中を苦労して子供達を必死で育ててくれた母親達を回想する。

キリスタン大名高山右近の郷は素敵なたたずまいの山里でした。(2)

2017-05-14 03:04:40 | 日記


「当時の蕗の薹を採取に行った時の写真」をとっておけば良かったのですが、あいにくブログに載せれるような写真がありません。
丁度今の時期に「確か、山の麓に自生した山蕗を採りに連れて行っていただいた」時のことを思い出し、懐かしさもあって、高山右近の郷へ行くことにしました。車の行き来は多かったですが、景色はほとんど当時のままでした。けれども、「連れて行っていただいた場所」には辿りつくことはできませんでした。せっかくだから、帰りの道々の写真を撮っていたら、子供の頃に慣れ親しんだ「すいすい」を見つけました。水分が多く酸っぱいからそう呼んでいましたが、正式な名前は「イタドリ」だそうです。昔は物がなかったので、漬け物につけて食べたこともありました。また、木々の間に、山藤が逞しく咲いていて、とてもきれいでした。「やっぱり山はいいなあ」と思いながら、里に降りてくると、何と民家の庭と畑の間に「山蕗ではありませんでした」が、蕗が生えていたので、思わずシャッターを押しました。無断ですみません。ついでに、一部、前回のブログに載させて頂いている写真は、WEBのものをアレンジして載せさせて頂きました。申し訳ございません。 本当は、自分で撮った写真しか載せられないかも知れないなあと思いながらも、、、、
思い切って、今回はお粗末ながら、iPadで撮った写真を、載せさせて頂きました。あしからず!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キリスタン大名高山右近の郷... | トップ | 私の母の遺伝子には、縄文人... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
母の日 (keiko)
2017-05-14 14:19:59
母親との思い出は、若いうちは中々振り返る事はないのかもしれませんが、思い出した時にはその時に感じていた感情とはまた違った感覚で思い出を感じているのではないでしょうか。
余裕がある今だからこそ当時より美化された思い出を感じることが出来てる事が羨ましいです。
健康寿命長生きを目指して、これからも元気で楽しんでください。
Unknown (オカビン)
2017-05-15 04:14:38
コメントありがとう。
確かに、母達の死を迎え、「不思議と母親の良い事ばかりが思い出され、苦労して育ててくれた事に感謝!」と云う思いでいます。介護から解放され、お父さんとの時間が増し、最近は健康で長生きを目指して、散歩をするようになりました。行く先々で、二人の母が、傍らにいて、一緒に付いて来てくれているような錯覚を覚えます。今も見守ってくれているようで不思議な錯覚を感じます。嬉しいことです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。