こども医者・ひょ~ひょ~歩人

院長先生のひとり言

柳原良平・海と船と港のギャラリー

2016年10月28日 23時14分54秒 | 趣味・美術と音楽
 みなとみらい地区にある「横浜みなと博物館」では、8月20日(土)から11月6日(日)まで
「柳原良平・海と船と港のギャラリー」と題して2015年8月17日に84歳で逝去された、
アンクルトリスの生みの親柳原良平氏の展覧会が開かれています。先日首都高を走って行って来ました。

入場料はたったの200円、絵のタッチは昔から大好きでした。作品の多くが切り絵です・・・
昔から使われているヒゲ剃り用の両刃で切り出され組み合わされたその原画を沢山、間近で見られました。

ショップでは複製画も売っていたり、画集もあったのですが、素通り・・・今ちょっと残念な気持ちです・・・が、
玄光社MOOKから2015年12月に「柳原良平の仕事」(2000円)が出版されていました。
ライフワーク全てが判ると言えるほど中身の濃い素晴らしい本です。
購入してしまいました!
 
・・・が、今一度絵を観に行きたくなっています。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧 白洲邸 武相荘 | トップ | ノーベル賞で使われたテーブ... »
最近の画像もっと見る

趣味・美術と音楽」カテゴリの最新記事