gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「至誠惻怛」の意識を持って!

2017-05-15 06:29:19 | 日記


最近話題の「マインドフルネス」は「瞑想」法です。瞑想は、元来は仏陀の修行法の一つで、いわば「心の筋トレ」です。

仏教の修行僧とはいきませんが、私たちの日常生活においても、人間本来の在り方や、気持ちの持ち方を古来の教えから知る事で、生きる意欲や活力が湧いてくることがあります。

今日の学びは、
「至誠惻怛 (しせいそくだつ)」

幕末に備中松山藩の財政危機を救い、藩政改革を成し遂げた「山田方谷」(やまだほうこく) が河井継之助に贈った言葉です。

人は、まごころ(至誠)と、いたみ悲しむ心(惻怛)があれば、やさしく(仁)なれます。
そして、目上にはまことを尽くし、目下にはいつくしみをもって接する生き方を示した言葉です。

心の持ち方次第で、物事をうまく運ぶことができ、至誠惻怛の気持ちで生きることが人としての基本であり正しい道、と説いています。

この考えの根幹にあるものは、『領民(国民)を富ませることが国を富ませ、活力を生む』という、今風にいえば「働き方改革」で働く人たちを富ませれば(富の意味は、金銭的な富だけではなく、心の豊かさや至福感を含めたもの)、企業や国は発展し、活力のある社会をつくり出す事が出来る!という事だと思います。
至誠惻怛は、私の「座右の銘」でもあります。

私自身、日常の仕事や「場」つくりにおいて「至誠」を具現化する5S活動を意識的に取組んでいます。

その5Sとは、

Sincerity. おもてなし

Speedy. 迅速に

Smile 笑顔

Security 安全

Sensibility 目配り、気配り、思いやり

どれも当たり前のことですが、日常の忙しさから、心のゆとりが無くなってしまう事もあります。

そうした時には、至誠惻怛を思い起こします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会の「場」つくり 児童... | トップ | 幸福のプロデュース その... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。