オカムラサイクル 〒737-0125広島県呉市広本町3-19-23 TEL0823-71-7377

チャリMAMA目線のブログです♪お店の情報から飼ってるカメちゃん〜趣味のガーデニングまで・・・あれやこれや

慣れてきたら・・・注意するべきこと(2)

2016-05-28 16:17:59 | お知らせ イベント

 

 

 

のジロ・デ・イタリア ご覧になりました

不調に苦しんできたイタリアチャンピオン

ヴィンチェンツォ・ニーバリ 

山頂フィニッシュを勝ち取る 

レース後

全3大ツール制覇の経験を持つ男が 泣きじゃくってた

 

今回 力発揮できないな〜と思ってたので

                    なんか

 

エステバン・チャベスが総合首位に躍り出たね

(今年はちゃんとみんなを引いてるので見直した

 

「高すぎる標高」

霧の中をすり抜ける危険なダウンヒルの途中

まさかの落車で

スティーヴン・クライスヴァイクは

マリア・ローザ守り切れず・・

 

圧倒的な強さを魅せつけてただけに

でもまだ終わったわけじゃない

 

 

上りで引き剥がされたバルベルデやマイカ

 

 

マリア・ローザ(ピンクジャージ)の持ち主が入れ替わっただけでなく

総合トップ 5 もシャッフルされた

 

 

 

 

 

ではでは

 


仲間と一緒に走るようになると

路面状況や車両接近などの情報伝達し合いながら

安全を確保して走る必要が生じてきます



ハンドサインやルールを覚えておくと

上級者らしい走りになりますよ

 



単独で走る時は前方がくまなく見えますが

2人目以降は

前走車に隠れて路面の段差や落下物が確認できない

それを

後続サイクリストに知らせるハンドサインも仲間としての役目

 

それぞれのチーム 仲間の中で

若干の違いはあると思いますが

プロ選手が小冊子に載せてるものをご紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

プロっぽくなると・・・

ボディサインってものも

 

 

 

 

 

まだ 慣れてない段階で やらなくっちゃと思わなくても大丈夫

ハンドル操作の方が大事ですから・・・

 

仲間と一緒に

一般道を安全に快適に走り出そう

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

慣れてきたら・・・注意するべきこと

2016-05-27 23:35:12 | お知らせ イベント

 

 

 

カラダに良くて地球環境にも優しいサイクリング 

ロードバイクの楽しさにハマってしまう方 増加中

 

 

乗り方を間違えると危険が多いのも確か・・・

 

 

マナー重視 状況判断で臨機応変の走りを

 

 

またまた

バイシクル雑誌に気になる記事があったのでご紹介

 

車道を走る際にどんなことに注意したらいいのか・・・

安全かつ快適に走るためのコツなどが載ってます

(少しですが 店内に置いてあります・・気になる方はどうぞ)

 

 

ロードバイクして

そろそろ走ることに慣れてきたら

注意していきたいこと少しあげておきますね

 

路面の接地が少ないスポーツバイクは

歩行者がその接近音に気付かないケースがあり

不意に進路を変えたりした時に 接触する事故が多いようです

なので

歩行者を追い越す場合などはスピードダウンするなどの配慮が必要ですね 


スピードを落とさずに通過している自転車が

どれだけ他の利用者に脅威を与えるか・・・

配慮したいです

 

カッコ良さは けして速く走れるってだけじゃないですよね

 

交通ルールを守り

歩行者や周りの存在を気遣う心をもつサイクリストが

ホントにカッコいい

(信号守れないなんて論外 

 

 

記事の中でも プロ選手が紹介してます


減速時は後続にも気遣いたいものです

前を走るサイクリストが不意に止まるなどしたときに

後続サイクリストが追突したり

それを避けようとして

別の利用者に接触したりするケースがあります

 

車道を走ってて いつの間にか後ろに他のサイクリストが走ってたなんてことも


後続車も不用意な事故を回避するために

前走者にこんにちはなど一言声をかけておきたいですね

そこはずかしがらず

そうしておくだけでリスクが避けられますもんね

黙って後ろにつく・・・ソレです

 

 

 

 

車道を走る際

ドライバーさんに意志を伝えることも大事

 

ドライバーに意志を伝えよう

 

赤信号で車と一緒の位置で止まった時は ドライバーと目合わせておこう

小さく会釈しておくのが心地よく走るためのベテランサイクリストのコツ 

 

赤信号で無理して先頭に出ない

 

赤信号の度に車を抜いて最前列に出るよりも

停車している車の後ろの脇に停まるのがスマート

さらにサイクリストに続いて停車した車が自転車の車幅を確認することで

青になって走り始めた時に一層の安全を確保でき

スムーズにスタートできる 

 

 



駐車車両の出現時も慌てず減速して車線変更

 

前方に駐車車両などがあって走行ラインを変更する必要がある時は

一緒に走る仲間や後続から接近する車両に

その意志を伝えておくことで安全が確保される

急なライン変更はせず早めにジェスチャーで

「減速して走行ライン変更しますよ」と意思表示し

スムーズにラインを変更

 

 



先行する車両の動きを読む


前方を走る車の挙動を読むことで回避できる事故も多い

方向指示器を出してる時はいいが

不慣れな土地で道路を探したりしている車両もある

そんな時は 

わざと上半身を斜めにするなどして

「後ろを走ってます」

アピールも忘れずに 

 

 

 

一般道を安全に快適に走り出そう

 

はここまで

ハンドサイン

 


この記事をはてなブックマークに追加

Bianchi 入荷予定

2016-05-26 22:49:05 | 在庫情報

 

 

 

  の皆様

  

3 台入荷予定

 

中には メーカーだった車種も

な 再入荷

 

 

 

 

ZOOM
 
[CAMALEONTE 1 ALU]
 
Celeste
 
サイズ 43
 
¥75,000 (税抜き)
 
 
 
 
 
 
 
 
ZOOM
 
 
 
[IMPULSO 105 COMPACT]
 
Celeste
 
サイズ 53
 
¥187,000 (税抜き)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ZOOM
 
[MINIVELO-7]
 
 は Rainy Greyですが 入荷は Celeste Classico です
 
サイズ 48
 
¥63,000 (税抜き)
 
 
 
方は 

この記事をはてなブックマークに追加

ヘルメットが守ってくれたサイクルライフ

2016-05-24 17:44:50 | お知らせ イベント

 

 

 

 

 

バイシクル雑誌のおまけの小冊子に

「ヘルメットが守ってくれたサイクルライフ」という記事が・・・

 

実際に転倒しヘルメットに助けられた経験を持つ

安田大サーカスの団長が 事故当時を振り返って

ヘルメット被ることの大切さを語っておられます

 



ちょこっとご紹介しますね

 

ヘルメットの重要性を本当に理解してる人は少ないのではないかと感じてる団長



命を守ってくれたヘルメットは現在も自宅に保管し

ご自身も忘れないようにしているみたいですね

 

 

割れてるヘルメット・・・

これが頭蓋骨だったらと思うとゾッとしますね 


アイウェアを着用していたことも良かったようで

顔の傷を最低限のものにしてくれ


グローブをつけていたことも 怪我の程度をかなり抑えてくれたらしいです

 


安全走行を心がけていたつもりだったという団長

事故をしてからは さらに慎重になったようです



ヘルメットしていない人がいると

追いかけて「お願いやからかぶって」と言いたくなるんだそうです

アクシデントは予測できない・・・

いつこけるかわからないから常に着用しておこうよと・・・


 

自転車ヘルメットは自分の頭を守ってくれるだけでなく

広い意味で家族や子供たちと過ごす生活を守ってくれるんですと締めくくられてます

 

 

 

今春スポーツバイクされた あるお客様

「被ってないと素人感丸出しですよね〜 買います」と

ヘルメットを購入されたんですが

  一理あるなと思いました 


この記事をはてなブックマークに追加

商品入荷しました(SHIMANO  TUFO他)

2016-05-23 22:51:10 | 商品紹介(その他)

 

 

 

 

 

商品入荷しました

PD-R540-LA

スプリングテンションが軽く容易にステップイン・アウトが可能

初めての方や、街乗り、気軽なツーリングに最適

 

そろそろビンディングにしてみようかなって方 

 

 

 

ブレーキを

105 に Changeしてみませんか 

BR-5800 ブラック

 ブレーキング時の安定感

 

 

定期的なチェーン交換を

 

 

 

 

 

[TUFO]

S33 PRO 27

 

細かいトレッドパターンが低転がり抵抗に貢献している

練習用チューブラータイヤ

 

 


この記事をはてなブックマークに追加