ねがいはひとすじの歩み

去年の11月30日に28週と0日980gの王子が産まれました。少しずつ成長している様子を読んでいただけたらと思います♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

満1歳(修正9ヶ月)

2007-12-02 17:07:43 | マイライフ
 今からちょうど1年前の11月30日。

 我が家にかわいいかわいい王子が誕生した。

 身長33センチ、体重980グラム。

 『子宮頚管無力症』により、個人病院から日赤に緊急搬送され10日間の絶食、寝たきりの入院生活の中、王子の心拍が異常に早くなり緊急帝王切開で産まれた。

 元気のいい大きな声で泣いて、ほんのちょっとだけご対面して王子はNICUへ。










 大きくなれば退院できると思っていたところへ、『消化管穿孔』という、腸に穴が開いている病気がわかり、手術を受けることに。

 命にかかわる病気だと言われ、泣いて泣いて泣きまくった私。

 しかし神様のような先生に出会えたため、順調に大きくなり3回の手術を乗り越え4ヶ月の入院生活の後退院できた王子。










 そんな王子はおとといの11月30日1歳の誕生日を迎え、修正月齢9ヶ月になった!!!

 今では身長70センチちょっと、体重7.6キロにまで大きくなり、誰に似たのかわからないくらいのやんちゃ君。

 そしてかなりの甘えた君。

 発育としては同じ9ヶ月の子よりも遅く、最近やっとおすわりができるようになってきてまだはいはいはできないけれど、一歩手前のいもむし君でもがいてる。。。










 そんな王子の1歳の誕生日の11月30日、急遽家族3人で旅行に行くことのなり、USJで楽しい楽しい誕生日を過ごすことができた。

 記念にスヌーピーとセサミと写真を撮ってもらい、王子はぬいぐるみが苦手だけど、これはなぜかぜんぜん平気。

 自分からちょっかいを出していたくらいで、王子は1日中興奮してお昼のねんねがなかなかできず、夜中も5時間格闘してママは寝不足に…。

 でも本当に楽しくて嫌なことも全部忘れられて、王子も王子なりにとっても楽しんでくれていて本当によかった。

 旦那様が急に決めた旅行で、ホテルもトーーーーーってもかわいいお部屋ですごくいい旅行だった。










 そして12月1日には大阪の『勝尾寺』にくうちゃんの供養にいって、くうちゃんがお空で幸せになれるようにお祈りをして帰ってきた。

 王子も元気に1歳の誕生日を迎え、これからもくうちゃんのぶんまでおっきくなっうてくれるといいな。
コメント (17)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

11月22日

2007-11-29 23:54:00 | マイライフ②
 11月15日にお腹の赤ちゃんの検診があった。

 その2週間ほど前に出血したとき安静にするように言われていたため、検診が終わったら16日から実家のある福井に帰る予定をしていた。










 15日、何を言われるか、赤ちゃんが無事生きていてくれるかとドキドキしながら病院へ行った。

 いつものように内診を受け、診察室へ入ると

 「前回出血があったということで来てくれてたんだね。前から赤ちゃんが入っている袋がいびつだと言っていたけど、今回もこんな感じでいびつになってて残念だけど赤ちゃんの心臓の動きが確認できなかったのね。」

 と、説明が始まりました。

 3週間前の検診では心臓がちゃんと動いていた赤ちゃん。

 2週間前に出血したときも赤ちゃんは大きくなっていて、心臓も動いていた。

 赤ちゃんがお腹の中でがんばったのは本当に短い時間。

 でも赤ちゃんは精一杯の力でがんばった。










 エコーで見た限りなんとも言い表しようがないくらい、胎のうはすごくいびつだった。

 まるで袋が2つあるみたいな感じ。

 説明を聞く間涙が止まらなくて、その日は1日中泣いていた。

 旦那様はぎゅっと抱きしめてくれて、ますます涙が止まらなかった。










 私は赤ちゃんが流産(渓留流産)したことや、いろんなことで精神的に参ってしまい、16日から予定通り実家へ帰った。

 でもそれがよかったのか悪かったのかはわからないけれど、旦那様と離れてることが私にはつらくてつらくて、できれば誰にも会いたくないし誰ともしゃべりたくなかったけれど、実家は人の出入りが激しくいろんな人に会い、いろんな人と話すことが本当につらかった。

 今回の妊娠は王子が産まれてから1年たっていない。

 ある人は『1年あけなかったからこうなったのよ。』と言った。

 ある人は『王子は早く産まれて愛情不足で育ったのにもう2人目ができたら、またあんまり抱っこしてもらえなくなっちゃうじゃない。』と言った。

 そしてある人は『王子がこんなにやんちゃだったら赤ちゃん生まれなくてよかったじゃないの。』と。










 お医者さんは1年あいていないのは関係ないといったし、王子は早く産まれてしまったけど私だって早く産みたくて生んだわけじゃないし、入院中の面会時間は限られていたけれど愛情不足になるような育て方はしていない。

 そして産まれてこなくてよかった命なんてどこにもない。

 絶対に思いたくなかったけれど、『どうせ同じような経験をして同じような思いをした人にしかわからないよ。』と思ってしまった。

 旦那様は

 「愛情不足なんかじゃないよ。」

 と言ってくれたし、

 「一緒にがんばろう。」

 と言ってくれた。

 きっと、旦那様が旦那様じゃなかったらがんばれなかっただろうなー。

 そして王子がいなかったらがんばれなかっただろうなー。










 結局赤ちゃんは名古屋の病院での処置手術までもたず、実家のほうで出血してしまったので11月22日お別れをした。

 もちろん男の子か女の子かわからないけれど、名前は『くうちゃん』と名づけた。

 この世に産んで上げられなかったけれど旦那様と私のかわいいかわいい子供。

 これからもずーっと大事な子供。










 短かったけれどくうちゃんとともに過ごした時間はとても幸せだった。

 またどこかで会えるかな。

 お別れした日はお天気よくなかったけど、広いお空でキラキラきれいなお星様になってね。

 パパとママとお兄ちゃんといつまでも一緒だよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

試練

2007-11-06 22:51:24 | マイライフ②
 今回2人目の妊娠がわかってからいろんなことがあった。

 とにかく悲しくてショックなこともあったし、赤ちゃんには悪いけどこんなんだったら妊娠しないほうがよかったと思ったこともあった。

 それくらい私の心は病んだ。

 このブログもやめようかと考えた。

 ずっと私の心は落ち着かず不安になったり泣いたりの日々。

 でもそんなこともいってられない。

 お腹に赤ちゃんがいるのは事実。










 もちろん本音は赤ちゃんができてとってもうれしい。

 何よりも旦那様が一番喜んでくれて、私にとってはそれが一番幸せ。

 明日で赤ちゃんは10週。










 初めに病院にいったときはまだ6週で、赤ちゃんは見えず心拍も確認できなかった。

 出血もしていたためいきなり子宮がん検診のことを言われたときはちょっと動転。

 2回目に8週で病院に行ったら赤ちゃんの心拍は確認でき、子宮ガン検診を受ける必要もないといわれたが胎のうの形がいびつで流産の危険が高いといわれてしまう。










 そのときは止まっていた出血がその1週間後の10月30日に再び出血。

 夜中だったけど寝ている王子を起こして(王子ごめんね)救急へ。

 待たされて待たされてみてもらった結果、赤ちゃんは大きくなっているし、頚管もまだ今のところ長い(前回の出産で子宮頚管無力症のため早産の経験があるため)から入院するまでは行かないけど、やっぱり胎のうの形がいびつだから流産、死産の可能性が高く要注意。

 自宅安静を送るように言われ、流産、早産を防ぐ薬と止血剤が出された。










 と言われても我が家にはとってもやんちゃな小粒君がいる。

 ちなみに今住んでいる名古屋に頼れる人は誰1人といない。

 旦那様と保育園の検討もしてみたが、王子は超未熟児で産まれているためこれからの病気はとっても危険。

 ということでひとつの案が出た。

 これからはそうするつもり。

 それはまた今度。










 前回王子を産んだとき子宮頚管無力症による切迫早産で入院し、早産で産まれた王子。

 子宮頚管無力症と診断されたため、次からの子は安定期に入ったら子宮口を閉じる手術をしなければいけない。

 今回の妊娠がわかって、それだけでも私にとっては大きな不安で、それを乗り越えたら次は大きい子が産めるかも。

 と思っていたのに神様は意地悪だ。

 そのうえ流産、死産の危険があるなんて。

 私と旦那様は今でもすごく仲がよくて、かわいいかわいい王子に癒されながらとっても仲良く暮らしているのに神様はまた私たちに新たな試練を与えてくれた。

 こんなに幸せなのに何事もなくお腹が大きくなって、正期産で産むということは許されないのだろうか。










 そして周りからのいろんな言葉。

 一番参っているのは私たち。

 どうにもこの不安は消せないもの。

 そこへ持ってきてグチグチ言わないでいてもらいたい。

 私たちはもういい大人。

 見た目子供でも1人の子供の親である。

 そしてがんばってこの試練を乗り越えて2人の親になろうとしている。

 正直ほっておいてほしい。

 まあそんなこと考えていてもことは進まないので考えないことにした。










 旦那様と王子と私と3人でどんなにつらいことがあってもお腹の赤ちゃんは守ると決めた。

 だから周りのことはもう考えない。

 赤ちゃんを元気に生んであげることが一番。

 神様からの試練。

 乗り越えて見せるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1日4回

2007-10-21 23:27:14 | マイライフ
 はていつぶりでしょう???

 我が家の王子君今日は4回もブリブリしてた。

 王子君は超未熟児で産まれて、生後すぐにお腹の病気をしたためにブリブリはとっても大事。

 今では小児外科は卒業したけれどまだまだ要観察。










 いつからかパイパイを母乳からミルクに変え、離乳食を始めたら自分の力でブリブリをすることができなくなっていた。

 離乳食を始めて2ヶ月ちょっとの間毎日綿棒で浣腸。

 便秘で噴水嘔吐をし、救急車で運ばれたこともあった。

 ヨーグルトを食べるとブリブリが出るというから食べさせたり、納豆も便秘にいいというから食べさせたりするものの全然効果なし。










 が、そんなある日何がきっかけなのか2日に1回くらいブリブリができるようになり、今では毎日1日1回は必ず

 それが初めは効果がないと思われていたヨーグルトがお助けマンのようで、朝はヨーグルトを必ず食べさせ、王子は朝のうちにがんばっている。










 ここ最近たまーに1日2回ということがあってすごい!!!とビックリしていたけれど、なんと今日は4回。

 別にお腹を壊している様子もなく、ママはとってもビックリ。

 でもやっとまた自分でできるようになってきてよかったぁ~。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ほめられた

2007-10-17 23:49:51 | マイライフ
 今日はパパがお休みだったので3人でお出かけ。

 お昼ごはんを食べに行って、あおチンの服を探しに。

 一通り持ってるけど、王子は顔が赤ちゃんぽくなく、赤ちゃんぽい服が見合わない子なのになぜか今そろっている服は赤ちゃんぽいものばかりでかっこいい服がほしくてお買い物へゴー!!!

 








 服2枚と王子様のかばんとお食事エプロンと、ニット帽と鈴つきぬいぐるみを買って、いざオムツかえへ。

 替えていると隣に男の子を連れたパパとママが。

 明らかにうちの子より月齢(修正7ヶ月)は小さい子で、首の据わりはじめくらい。

 なんといっても体はそのこの方が大きいです。










 でもうちの子は小粒だけどよく動くし、歯も生えてきていて…。

 そしてオムツを替えるときにはしょっちゅう寝返りで脱走。

 今日もちょうどオムツを替えていると寝返りくるりん。

 それを見た隣のママは

 「いやーんすごーい。寝返りできるのぉ。歯も生えてる~。」

 とあおチンに向かってお褒めの言葉。

 あおチンは得意そうにニンマリ










 ママは後ろで待っていたパパに

 「ねーすごいよー。」

 と。

 そして

 「何ヶ月ですか???」

 ときかれました。










 最近めんどくさいので正月齢で答えていることが多い私。

 「実はもう産まれてからは10ヶ月になるんですけどね。ちょっと早く、3ヶ月早く産まれてるのでちっちゃいんです。」

 と答えると、特に驚くこともなく

 「あ~、そうなんですかぁ。」

 とちょっと納得した様子。

 そして私が

 「それでも体重はまだまだ小さいんですけどね。」

 と言うと、

 「そうですよねぇ。○○のほうがおっきいんじゃない???」

 とパパと話していました。

 そして

 「でもすごいよねー。寝返りしてるよ。(パパに)上手に寝返りするねー(あおチンに)」

 とそれでもあおチンにお褒めの言葉をたくさんくれました。










 うふふ。

 月齢は10ヶ月の修正7ヶ月になっていても小粒の王子は寝返りもするし歯も生えてきて、ご飯もバクバク食べるので周りから見るとちょっとびっくりするようです。

 私は毎日一緒にいるため完全に麻痺していたけれど、今日隣の僕ちゃんと並んでみて

 『あー。うちの子って結構小さいんだなー。』

 と実感。










 体はちっこいけど顔はおじさんくさいので

 「すごくしっかりしてるねー。」

 と言われることもちらほら。










 ママも(私)王子がほめられてうれしく、やっぱりうちの子はちいさいんだなー、と実感した1日でした。










 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近

2007-10-15 15:18:15 | マイライフ
 我が家の王子君はあと1週間もしたら修正8ヶ月になりますが、いまだおすわりしません。

 できないというよりもしない。

 お座りが嫌い。

 最近やっとひざの上に座ってくれるようになったくらいで、一人で座らせようとすると断固拒否。

 11日の健診でも、先生が

 「この子バランス取れてるしお座りできるよ~」

 と言って何度もさせようとしていたけれど、いやだいやだと腰を伸ばしてたっちに。










 彼はどうもたっちのほうがいいみたいです。

 でもでも今日ちょっとしたすごいことが。

 いままでベビーカーに乗っても後ろにもたれかかっていたのに、今日はじめて腰を浮かしてお座りの姿勢をした王子!!!

 まだうまくバランス取れなくて左に傾いてたけど、隣駅のイオンまでずーっとそのままだったあおチン。

 ママは感動して思わず写メを取ってしまいました










 そしてここ数日から離乳食を3回に。

 健診のとき時間の都合でどうしてもお昼の離乳食ができなくなり、夕方に変更。

 そしたらなんと夜泣きなしでぐっすり寝てくれた王子。

 これはもしかして夜中のお腹のもちが違うから???

 なんて思ったりもして、先生に

 「今離乳食は3回?」

 ときかれたこともあり、聞かれるくらいなら食べさせてもいいだろうといい加減なママは次の日から3回に。










 本当にお腹のもちが違うみたい。

 今まで夜中起きてはミルクをぐびっと飲んで寝て…の繰り返しだったけど、今は暑くて起きるか、厚くてのどが渇くかくらいで、ミルクを飲ませても全部は飲みきらなくなった。

 おかげでママはちょっと楽。

 でも夜中に起きる癖がついてしまっているので寝が浅いのは変わりなしだけど。










 ちょっとずつだけど成長しているみたいでママはうれしい。

 うちの王子君はいつになったらお座りして遊べるようになるのかなー。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

出血

2007-10-14 17:21:29 | マイライフ②
 昨日とおととい出血はなく、終わったと思っていた今日。

 また出血していました。

 赤くはないけどね。

 また茶色っぽいやつ。

 だからってどうもできないけど。

 完全なる異常出血。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しく

2007-10-11 22:48:09 | マイライフ②
 実は先月末にくるはずの整理が来ず、1週間遅れたため検査薬を使用したら陽性。

 しかしそのすぐあとから出血(生理の終わりのような)が始まり、長々と続いていて今も終わっていない。

 そして今日病院に。










 まず内診のときに先生から言われた第一声は

 「子宮ガン検診は受けたことありますか?」 
 
 という質問。

 もちろんありません。

 そう答えると、

 「一度受けたほうがいいかもね。」










 私の頭の中は???でいっぱい。

 第一声まで内診しているにもかかわらず何も言われず待たされ、やっと言われたと思ったらその言葉。

 そして

 「週数の割りに赤ちゃんが小さすぎてこれからうまく育っていくのかどうなのかもわからない。」

 と。

 週数は6週と1日。

 大体6週から赤ちゃんははっきり見えるようになるらしいけれど、今お腹にいる赤ちゃんはまだ見えるか見えないかのところ。

 そして

 「妊娠してるのは確実だけどね…。」










 「じゃあちょっと赤ちゃん見てみましょうか。」

 と、カーテン開けてやっとエコーを見せてもらえました。

 「これが赤ちゃんの入ってる袋でこれが赤ちゃんね。そしてこれが出欠の塊。ちょっと大きいね。」

 これでエコーは終わり。










 その後の話で今は予定日もわからないし、赤ちゃんがどうなるのかもわからないし、がん検診のこともなんともいえないから2週間後くらいにくるように言われ。赤い出血があったらすぐに病院に来るように言われた。

 前回王子の妊娠中切迫早産で運ばれた際、子宮頚管無力症と診断された。

 私は今回妊娠していたらそっちのほうが心配だった。

 そしてそのことを聞いてみると、

 「途中で子宮を縛る手術をすればほとんどの人は普通の生活ができるけど、やっぱり早く出ちゃう人もいるし、今はそのことも赤ちゃんが順調に育っていくのがわからないとね。」

 といわれ、すべてなんともいえない今回の妊娠。










 待っていた旦那様にすべてはなした。

 旦那様は

 「何もなかったら先生もそんなこといわんやろうし、okachanの体が何よりも心配やで。」

 といってくれました。

 とにかく素直に心から喜べない今回の妊娠。

 とっても複雑な気持ちで帰ってきた今日。










 どうなるんですか私???

 どうなるんですか赤ちゃん???

 あおチンのときは病院に行ったら第一声が

 「おめでとうだね。」 

 といわれたあの時。

 今回は言われませんでした。

 「妊娠してるのは確実だけどね…。」










 エコーの写真はもらえましたが、とりあえず2週間後に行ってみないとこの先のことも何一つわからない状態。

 これから2週間私の気持ちは持つだろうか。

 旦那様は

 「何があっても一緒にがんばろう。」

 といってくれたのでとりあえずこれから。










 またこれから何かあったらここに書いていきます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2ヶ月ぶりの健診

2007-10-11 22:13:57 | マイライフ
 今日はあおチンの健診でした。

 約2ヶ月ぶりの健診。

 身長69.5センチ、体重6900ぐらむでちょっと痩せ型だといわれてしまったけれど、成長に問題はないとのこと。

 ただ、やっぱりお座りは嫌いで先生が何度もさせようとしたけれどたっちばっかりしていたあおチン。

 そのうちしてくれるようになるかなー。










 そして今月から月に1回ずつ6ヶ月かけてシナジスの注射を打つことになり、今日1回目を打ってきました。

 3月に退院して、念のためにということで1度だけ打っていましたが、今年の冬もまだ危ないということでこれから毎月病院へ通うことに。

 まああおチンがなにもなくこの冬をすごせるようにと考えるならどんなに遠くたって平気。

 今日は、足をつかまれて初めは元気に「あーあー」といっていたけれど、注射をさされた瞬間「ギャー!!!」と。

 とはいっても注射が抜かれたとたんケロッ。

 ほかの子達は涙いっぱいで出てくるのに、我が家の王子の目には涙がありませんでした。










 だんだん体重の伸びはあまりよくなくなってきたけど、まあ大きな問題はなし。

 ただちょっと落ち着きがないかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そういえば…

2007-10-05 20:03:21 | マイライフ
 ここ数日ふと思ったことが…。

 それは王子の浣腸をここ何日かせずにすんでいるということ

 そうです。

 王子君、自分でできるようになってきたのです

 離乳食はほとんど私が作り、栄養なんかも考えて?なるべくブリブリがかたくならないように気をつけています。

 そのかいあってかなんのか、最近がんばっているあおチン。

 昨日なんて2回も出ました

 今日はいつの間にか










 赤ちゃんはオムツが気持ち悪かったらグズッタリ泣いたりするといいますが、あおチンは平気。

 おちっこでドボドボになっていようが、ブリブリでいっぱいになっていようがへ???って感じ

 なので今日はがんばっているところを見ていなかったので、気づいたのは『オムツが重たいなー』と思って変えたとき。

 服をあけたらオムツラインのところが茶色くてあらビックリ

 何であんなに平気なのかしら…










 とまあ、そんな感じでちょっとうれしいママであります。

 あおチンこれからもがんばってね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加