gooブログ始めました

写真付きで家族の出来事・旅行・認知症等

お見舞い旅行 NO2

2017-06-02 06:44:14 | 日記

第2日目

やっぱり朝は、早くに目覚めたので・・・5時を待って温泉へゆっくり入浴、7時から朝食済ませて8時出発・・・

朝食シッカリ頂いて・・・

ホテル8時出発「雨」?ウゥ~ン ちょっと降ってるけど大丈夫かな?まずは、「奥入瀬渓流」へ、車窓より写した新緑の渓谷を・・・

                   

阿修羅の流れ

                     

 雲井の滝

                     

 石ヶ戸(石でできた小屋)という意味。桂の木に支えられた 大きな一枚岩は、その名のように小屋にもみえます。

                   

石ヶ戸休憩所では、雨もほとんどやみ、近くを散策しましたが、至る所に「クマ出没注意」の張り紙が・・・

久慈駅への途中「ふれあいセンター」までの間には、田んぼに水が張られてて田植えの準備が・・・道端のツツジも盛でとても綺麗!

                   

                   

 道の駅「ろくのへ」のふれあいセンターでは、「お弁当」を積み込んで「リアス線では、40分の乗車時間が有りますが、1両編成なので、座られない場合も有りますから・・・」とのガイドさんの話で車中でお弁当を頂く事にしました。

                     

三味線のバチの様な物でお寿司を切って食べます。「サバ」は、とっても酢っぱかったですが、美味しかったですよ。

久慈駅手前の「道の駅 やませ土風館」でトイレ休憩・・・道を挟んで向かいには「歴通路広場」が有るらしい・・・

                  

                    

 JR久慈駅と並びに「三陸鉄道 久慈駅」私達はこちらから乗車します。(不思議の国の北リアス線始発駅です)

                  

 駅員さんの「大漁旗」?を持っての見送りを受けて

                   

「とふがうら海岸駅」で、1時停車し、説明受けたけど・・・忘れました。でも、線路は嵩上げされて綺麗ですよね。

                  

 「普代駅」で下車し電車を見送って(宮古行)、バスで「北山崎展望台」へ・・・

                     

 展望台に着いた頃には、すごい霧で、前が見えずらいほど・・・私は、展望台まで行かずに「売店」でお土産買って待ってました。

                        ↓  東日本大震災で被害の多かった「田老地区」へ向かう途中まだまだ工事が続いています。            

                  

                   

田老地区で「防災ガイド」の方と合流して「当日は山手の配達だったので、助かったがこの辺の商店は全滅だったんです。今は家が建てられないので、グラウンドを造成しているところです」と説明を受けて・・・(かさ上げされた防波堤の上に上がって説明を受ける)

                    

 震災遺構として保存されている「たろう観光ホテル」(1・2階は骨組みしか残っておらず震災の恐ろしさを物語っています。6階(客室が残っていました)で当日社長が撮影したDVDを見ながら説明を受けました。このホテルには、非常階段が建物の両サイドと、真ん中の3カ所に有りました。地震が来た時社長は従業員を直ぐ非難させ自分は、6階から記録を残しておこうと撮影したそうです。6階から今の様子を映しました。6年経ってもまだこんな状態何時になったら町が出来るのだろうと・・・心配になりました。

                    

 明日が「雨」の予報が出ていたし、時間も早かったので、ホテルに入る前「浄土ヶ浜」へ寄ってみました。 

                  

                       

 この建物の左の柱上部に有る「しるし」まで波が来たそうです。           過去の津波の被害を記した記念碑

                     

 ↑ 今夜の部屋は昨日と比べて「セマ~!」               夕食は海の幸満載で豪華!美味しかったですよ ↑ 

 明日は「雨」降らないと良いんだけど~~ 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お見舞い旅行 NO1 | トップ | お見舞い旅行 NO3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。