gooブログ始めました

写真付きで家族の出来事・旅行・認知症等

瀬戸内海 魅惑の島々5島めぐりに行ったよ!

2016-10-13 05:48:04 | 日記

10月2日(日) 瀬戸内海汽船のツアーで、「瀬戸内海 魅惑の島々5島めぐり」に「しまちゃん・なかちゃん」と参加しました。

宮島口「7時集合」 何時もの旅行の様に、6時4分のバスで出て、己斐でJRに乗り換えて・・・と思い家を出ましたが、バス停について「バスが無い!」(日曜日は6時24分が始発) エ~!どうしよう?

携帯にタクシー会社の番号が入って居たのに気付き電話すると「直ぐ行きますよ!」で、一安心「五日市駅」で時間が有ったので、トイレに行き出た時、知人に会いチョットお喋り、彼女も「宮島口」まで行くとの事、「先に下りとくね~!」(彼女もトイレに行ったので)と下のホームで「電車」を待っていると・・・気付くと向かい側の「ホーム」から、彼女が手招きしている・・・ どうして?気付くと自分は「上りのホーム」に立っているではありませんか・・・

知人に会って「宮島口」へ行く事を話していて良かった~!  何とか集合時間に間に合い良かった・・・

宮島口港7時15分発の松大船で「宮島港」へ、そこから貸し切り高速船「はやしお」に乗り換えて・・・

今日の貸切船「はやしお」

 

 「広島港」・「プリンスホテル前」と参加者を乗せて、一路「呉港」へ・・・

呉港では、半数以上の方が乗り込まれた気がするな~全員で今回の参加者71人だったかな?

呉湾に停泊している「海上自衛隊」の護衛艦・潜水艦等を目の前にして、艦船から手を振って下さる自衛官に、私達も答え手を振りました。  

 呉港を出港して「新音頭大橋・音戸大橋」の下をくぐって、「安芸灘大橋・多々羅大橋」をくぐって、最初の寄港地「岩城島」へ・・・

 

     新音戸大橋をくぐり・・・二つの「音戸大橋」(奥が新・手前が旧)をくぐって・・・

 

      安芸灘大橋                                    多々羅大橋

 

     瀬戸内海の「軍艦島」(契島)                             長崎の「軍艦島」(端島)

「契島」は、総面積9万平方メートル。24時間稼働で常時約250人が働く。島内には社宅もあるが、平日営業の簡単な売店しかなく、労働者の多くは島外からフェリーで通勤している。島全体が東邦亜鉛の私有地で、上陸できるのは会社関係者だけ

 最初の寄港地「岩城島」に到着後、トイレに行っている間に皆さん出発されて・・・取り残された3人大回りしちゃいました。

 

 「岩城八幡神社」への階段けっこう有って・・・私達お参りする頃には皆さんは、済んでて・・・

 「島本陣」と呼ばれていた「旧三浦邸」今は「岩城郷土館」を見学して

民宿「よし正」での昼食、お結び3個も入って居たので食べ切れなくて2個お持ち帰り・・・    観光案内所? お土産購入

 岩城港を出港し、次の寄港地「佐島」の「佐島港」へ上陸してそこからは、隣の「生名島」へ「生名橋」を渡って「ウオーキング」 

 

   港から10分位は歩いたかな?ヤット橋の下に着き階段上ると「生名橋」の入り口 歩くぞ~~! 

 

予定では、 約2Kmのウオーキング(途中で引き返す)とあったけど、気持ちが良いので最後まで渡り切ってしまいました。

 

「 生名橋」から「生名島」を眼下に見て・・・

8月に行った「阿伏兎観音」を海から拝んで、次の寄港地「内海町」へと船は進む・・・

最後の寄港地「横島」の「横田港」へ・・・ボランティアガイドさんと、のりおくんの出迎えを受けて、睦橋(横島と田島、50mの間に架かる短い橋)を渡って「田島」へ・・・

 

 明治の頃、海外で成功を収めた人々が建てた白いナマコ壁の町並みが残されており、往時の栄華がしのばれます。

 

 秋祭りの「神輿」にも出会って・・・キット幸せが訪れるよ!       ボランティアガイドの説明を聞きながら・・・疲れた~

 「中村屋」でトイレ休憩した人も、お店はお休みだったけど・・・      内海大橋(本土と内海を結ぶ橋)に見送られて

 

 呉港・プリンスホテル・広島港とお客を下し、広島港で、「給油」し一路「宮島港」へ・・・その頃には夕陽もだいぶ傾き「夕焼け」が綺麗でした。

 

定期便で「宮島口港」に着いたのは夕方7時頃だったので、しまちゃん・なかちゃんと3人で「コーラルホテル」の中にある「わたや」で夕食済ませて、帰りました。

今回も「雨」に会う事も無く、海の上からいつも通る「橋」を見上げて上陸した事の無い島々を巡りとても楽しい旅が出来ました。

何といっても一番の思い出は、バスの時間を間違えた事・駅のホームの上下を間違えた事キットこれからの笑い種になる事でしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 萩を訪ねて | トップ | 備北丘陵公園」へいったよ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。