あなたが生まれたワケ

自分を自分たらしめるものが何なのか
それはあなたの心です
ご相談は ok0204_gooblog@ヤフメにて受付中

(後編)『あなたが生まれた理由』その答え、水木茂が教えてくれます。まさに名言!これぞ名言! 

2017年03月21日 13時23分57秒 | カウンセリング
お題「好きな水木しげるの作品は?」に参加中!
こんにちわ~okです。

三連休とっても楽しかった

わたしは家族揃って愛娘を公園へ連れて行きました。

とっても混んでましたが、暖かくなってきて春を感じる気候を満喫しましたよ


前回水木しげるさんのお言葉について紹介したと思いますが

今回は続きの第3条から

解説していきます^^

~~~

幸福の七カ条

第一条
成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条
しないではいられないことをし続けなさい。

第三条
他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条
好きの力を信じる。

第五条
才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条
怠け者になりなさい。

第七条
目に見えない世界を信じる。

~~~~

第三条
他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。



幸せって、言い換えれば『満足感』ですよね。

満足ってわざわざ自己満足って言葉があるように、自分自身の満足ですね。

客観的満足ももちろんあります。お金や、名声、美貌など。

ここで水木さんの仰っているのは、あくまで、

『自分の楽しさ、自分の満足を追求するべし!』

です。なぜなら、『自己満足こそが人を心から幸せにする』 ということを仰りたいのだと私は思います。


第四条
好きの力を信じる。



私の大ダイダイ大好きな番組に『探偵ナイトスクープ』があります。

そこには依頼者として、さまざまな悩みや希望をもつ一般視聴者が登場し、探偵と一緒に『真相を追究』するのですが

私はその番組で度々、『好きの力』をまざまざと見せ付けられてきました。


たとえばきのこ好きの3歳児はきのこ図鑑を読み倒し、そのきのこ図鑑の著者である達人でも見つけることが難しいきのこを次々と間髪いれず発見します。

家電好きの小学生はありとあらゆる家電のスペックや特殊機能を覚えていて、大手外資系家電メーカーのCEOもその熱意に感銘を受けていました。


小学生や、幼稚園にも満たないような小さな子供達が、『好き』というだけで

大人が努力したってなかなか到達できないようなことを簡単にやってのけるその姿は

まさに『好きの力』です。



第五条
才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。


これは読んでその通り、

きのこ好きの3歳児だって、その能力を認めてくれるきのこ博士やきのこ学会がなければお金にはならないのです。

3歳ですからお金のことなんて気にせずに『好き』というだけできのこを研究しています。

彼のきのこ能力、きのこに対する熱意は間違いないのですが

それが収入につながるか?それは別問題ということです。

ここで言う『努力』とは、社会に自分を対応させることを言っているのではなく

きのこへの『熱意』『追求』『愛情』『研究』それらを総称して『努力』と言っているのだと思います。

現代の日本人が『努力』と聞いて思い浮かべるのは、"誰かに認められるために身を粉にすること" では無いでしょうか?

それは『忍耐』であり、"成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない"

という第一条に反することであると思います。

私はいわゆる日本人の精神論、忍耐が大っ嫌いです!では次、第6条ですね。




第六条
怠け者になりなさい。


ん~これまた意外ですね~

怠け者になりなさい!なんて

あなたは今までそんなことを誰かから教わったことがあるでしょうか???  私はない!!(ハッキリ)

怠け者だけにはなったらイカン!そう教わるのが普通ですよねぇ。

でもね、良く考えたらこの言葉は本当に合点がいくんです。

とにかく日本人っていうのはうわべのやせ我慢、綺麗ごとが大好きなんです。

だから、育ててくれた親を憎んだらダメだとか、親友を嫌いになりたくないとか、

あんな妻帯者を好きになったらダメだとか、とにかくネガティブな感情を認めようとしないですね。

でも人間なんてそんな立派なもんじゃないですよね。嫌いなものは嫌いだし、怠けられるもんなら怠けたいよね。

そんな素直な感情を認めましょうや

そういうことを水木先生は仰りたかったんじゃないかな?

じゃあどうして多くの人は

怠け者になっちゃいかん!育ててくれた親を憎んだらいかん!なんて言うんでしょうか?

それはよく考えたら簡単なことです。

怠け者になられたら困るから。自分が働かなくちゃいけないんじゃないかと思うと不安だから。

育ててくれた親を憎むような人は怖いから。自分も憎まれるんじゃないかと思うと不安だから。


そう、ネガティブな感情を禁止する人は、本人のためというより、本人の周りの人のために言っています。

なるべく人畜無害な人間になってくれと思っているのでしょう。

一番良いのは、自分の気持ちを理解して認めて、そのうえで周りに迷惑をかけないように行動することです。

でも、周りに迷惑をかけないように行動させたいあまり、本人が自分の気持ちを理解して認めるということ自体を禁止する人がいます。

本当は自分の気持ちを理解して認めて、周りに迷惑をかけないように行動することはその次のステップです。




第七条
目に見えない世界を信じる。

これも、本当に大好きな言葉です。

よく常識とか経験とか重視する人がいます。というか大半の人はそういう人だと思います。

でもね、常識なんて自分の考えが及ぶ範囲の狭い社会の中でしか通用しません。

経験だって同じ。今まで自分が暮らしてきた社会の中だけの物語。

それだけを本物だと信じ、他を偽りだと言い張る。これ本当に人間の愚かな悪いクセです。

私は探偵ナイトスクープが好きだと言いました。だけど他にも一般の人達によって成り立っている番組が大好きです。

『テレフォン人生相談』『なんでも鑑定団』『月曜から夜更かし』『家行っても良いですか?』

なぜなら、私の知らない世界が見えるからです。

いつもこの目で見てる世界からは想像もつかないような『えっ?うっそ~!』という人がたくさん居ます(笑)

そこには紛れも無く、自分の世界以外の世界があります。


今見ている世界を全てと思わないこと。

今までの自分の世界からは信じられないような世界が存在すること

自分の知らない世界がどこかに存在するということ


視野が狭いって、時に頭がかちこちでバカみたいですもんね。






最後に、この七か条についてまとめます。

水木さんの仰りたかったことが、私の解釈とぴったり一致しているかどうかはわかりませんが

個人的には水木さんは


超個人主義、自己満こそ至高、好きなことのためならなんでも売る、だけどこのひとつしかない自分の心だけは売らない


そんな人なんじゃないかな?と思います。それは彼の生き様にも現れているんだと思います。

そして、私もそんな意見に大賛成です。

水木先生のように、貧しいときも、病めるときも、決して手放さないものを自分の中に持ってこれからも生きていきます。


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『あなたが生まれた理由』そ... | トップ | 3大精神論! ok論 フロイト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL