きのこの森:大前ファーム

神話の国出雲から,寒い時期にしか採れない自然栽培のシイタケは
味も歯ごたえ,匂いも全く違います


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

池を復活させたい:放置された場所には動物も棲み辛い

2017-06-15 21:39:10 | 田舎教室

島根に戻ってきた。
水田を連想したいが,耕作放置された昔の田んぼは草に覆われてむなしい
さて,そのため私は草を刈るのだ
無駄な様で決して無駄ではない

 今日は4日目。 流石草刈りに疲れて,左足がケイレンしたために 
家の周りの作業。 意外と多い,屋根瓦の外れや樋を直したり,池の泥を運び出す
日照り続きで,池に水がはいらないため,干上がってしまった
 (下水工事で湧き水が途絶えてしまった)
川から水を引く前に,池のレフレッシュです
防水布を張って,夏場干上がらないようにする訳です
 
水が入ると,そこに蛙やアメンボー,イモリやメダカがやって来る
そして蛇までやってくる
 下水や水道が引かれて,川には栄養が無くなって,動物が少なくなった
滋賀の私のmatuo gardenには 蛙やミミズ,蝶々も飛び回っている
 ここにも自然は有っても,放置された場所には動物も棲み辛い 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山一面が椎茸の森って どん... | トップ | 蛍の乱舞 鑑賞は爺さん達だけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎教室」カテゴリの最新記事