衆議院 公認予定候補者 大谷 啓 OKブログ

「国家・国民のため、戦う政治家であり続けたい!」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

選挙前 最後の投稿です

2012年12月03日 | Weblog
いよいよ後数分で日が変わり、公示日となります。
選挙本番では、ブログの更新は御法度。
これが、選挙前、最後の投稿となります。

振り返れば、7月に「国民の生活が第一」の立ち上げに参画して以来、少し遅れる日もありましたが、毎日ブログを更新させて頂きました。
いろいろなご意見を頂きましたが、書きながら、自分自身の政治信条や理念のようなものも再確認でき、頭を整理することもできました。
今、選挙本番に向け、街頭で演説などをしていても、このブログを書き続けたお陰で、しゃべる内容もスラスラ口に出てきます。
このブログをご覧になって下さった方々に、深く感謝を申し上げます。

批判ばかり、反対ばかりで、何をしたいのかもっと具体的にとの声が多かったのも事実です。
しかし、今、民主党が政権交代で失敗した実情を、国民がしっかりと認識することが必要なのだと私は思います。
そうでなければ、失敗だったから、元に戻そうということになってしまう。
元に戻しては、自民党政治に戻しては、いけないんです。
失敗は成功の元。
失敗の本質を、皆で認識し、次なる改革に進んでいかなければなりません。
民主党の失敗は、権力に溺れ、民主党自体が既得権益に取り込まれてしまったこと。
官僚、大企業、財界、マスコミ、米国。。。
これまで日本に蔓延ってきた既得権益、政官業の癒着に組み込まれてしまった。
だから、国民の生活・暮らしを顧みず、既得権益の論理で政治を行うようになってしまったのです。
その結果が、遅々として進まない復旧/復興であり、盲目的な消費税大増税であり、骨抜きの脱原発依存なのだと思います。
このままでは、甘い汁を吸ってきた集団が残り続け、国民の生活・暮らしがますます厳しくなるに違いありません。
それを何とか阻止しなければならない!
このことが、明日から始まる総選挙での、私の使命だと思っています。
既得権益と本気で立ち向かう気があるのか?
既得権益と立ち向かえるのか?
このことをしっかりと有権者にご理解頂き、審判を受けたい。
「脱消費税増税」「脱原発」を旗印に、国民の生活が第一の政治が実現できるよう、愚直に頑張っていきたいと思います。
引き続きのご支援を宜しくお願い申し上げます。


この記事をはてなブックマークに追加

日本未来の党 政権公約発表

2012年12月02日 | Weblog
日本未来の党の政権公約が発表されました。
(政権公約はこちら
私が所属していた国民の生活が第一の基本政策に、子どもや女性を重視する政策「〈活〉子ども・女性」を追加したのが特徴。
特に、子ども一人当たりの中学校卒業まで年間31万2千円の手当を支給する(一部は子育て応援券・バウチャーとして支給)ことを公約を掲げたことは、まさに女性・子育てを重視する嘉田代表の強い思いによるもの。
国民の生活が第一の中では、議論はされていたが、最終的には具体的に入れることができなかったものであり、これまで私が示せていなかったものとして選挙戦でしっかりと訴えていきたいと考えています。

女性・子育ての政策を除いても、「〈卒〉原発」「〈守〉くらし」「〈脱〉増税」「〈制〉官僚」「〈誇〉外交」と、国民の生活が第一の基本政策として確認されてきたものばかり。
これなら胸を張って、「政策一致」の第三極として、上昇気流を作っていけると思います。

本日、大谷啓後援会の決起大会が開催されました。
日曜日の大変寒い夜となりましたが、300人を超える方々にご来場頂き、いよいよ近づいた総選挙本番に向け、まさに皆が決起する集会になったと思います。

ゲストとして、エコノミストで日本金融財政研究所所長の菊池英博先生がわざわざ東京からお越しくださり、ご講演。
消費税増税が何故ダメなのかのお話はもちろんのこと、今回の総選挙は「戦争か平和か」が大きな争点であるということを、分かりやすくご説明頂きました。
安倍総裁の「国防軍」公約、維新の会石原会長の暴走っぷりを見てみると、総選挙の先には、自民党と維新の会が連立を組み、大きく右傾化する可能性をはらんでいる。
それを何とか食い止めるためにも、私を絶対に勝たせてもらわなければならないと、強く訴えて頂いたところです。
私も、消費税増税阻止への強い決意を中心に、3年前の初心を忘れず、信念を曲げず、既得権益に立ち向かい、国民の生活・暮らしのための政治を作ることを訴え、皆さまから多くの激励を頂きました。
たまたま42歳の誕生日ということで、バースデーケーキのプレゼントもあり、最後は大阪プロレスの友人の音頭でガンバローコール!
いよいよ始まる戦いに向け、大きな勇気を頂きました。
決して負けられない戦い。
気合いを入れ直し、頑張りたいと思います。

 
 

この記事をはてなブックマークに追加

右傾化を阻止すべし

2012年12月01日 | Weblog
自民党の安倍総裁は、憲法改正、そして自衛隊を「国防軍」に衣替えすることを公約としています。
何故、今「国防軍」と叫ばなければならないのか?
私には理解ができません。
確かに、これからの日本の国家防衛をどうするのかは、非常に重要な問題であり、今までの曖昧な政府の対応を何とかしなければならないという危機感は分かります。
しかし、これらは国民的な議論を踏まえて、慎重に議論すべき問題であり、特に憲法改正にも関わる問題は、国民的合意を形成するというプロセスが必要だと思うのです。
私は憲法を改正すべきとは
そして、今の日本の現状を考えれば、それ以上の優先課題があるはず。
日本の経済をどう立て直すのか?
格差をどうなくしていくことができるのか?
国際競争力をどう取り戻すのか?
原発なきエネルギーをどうするのか?
崩壊寸前の社会保障制度をどう立て直すのか?
少子高齢化をどうやって食い止めるのか?
・・・
言い出したら切りがありません。
国防軍と叫び、ナショナリズムを高揚させれば、元気な日本人を取り戻し、こうした諸課題を全て解決できるとでも言うのでしょうか?
それは絶対に間違いです。
偏ったナショナリズムの高揚で、不幸な戦争に突入した大戦前の歴史を忘れてはなりません。
今のような不安定な社会情勢、経済情勢では、トップが煽れば、簡単に偏ったナショナリズムが高揚しかねない。
そうなれば、戦争にまで突入してしまう危険をはらんでいます。
まさかそんなことは、、、と思うかもしれませんが、今国防軍を叫ぶ自民党を見ていると、またナショナリズムを煽り続ける日本維新の会の石原代表の姿を見ていると、この選挙の結果いかんでは、間違った方向に突き進んでしまうのではないかと、大変危惧しています。
何としても、そんな事態になることは避けなければならない。
私の約束は、脱消費税増税、脱原発、脱中央官僚支配(地域主権)、脱新自由主義(TPP交渉参加反対)の4点ですが、これからの訴えには、戦争へのリスク回避も加えなければならないかとも思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

絶対にぶれない

2012年11月30日 | Weblog
党首討論会などで各党の政策議論が深まっていますが、論点は曖昧で、政策の中身もぶれまくり。
特に維新の会などは、発表した公約を、石原代表自ら、討論会の場で見直しを表明するなど、まだまだドタバタしているようです。
本当に、こんな政党に国政を預けていいのでしょうか?

私たち「日本未来の党」は、決して人気取りで合流した野合集団ではありません。
何度も言いますが、緊急課題に対する政策で一致している。
そこは全くぶれません。
そして、それを総選挙後に必ず実現するために、合流し、政権交代を目指しているのです。
消費税増税については、増税廃止法案を通し、必ず阻止する。
原発は10年以内に必ずゼロにする。
地域主権改革を押し進める。
TPP交渉参加には反対する。
極めて、分かりやすいじゃないですか。
だから、滋賀県知事 嘉田代表の発言も、全くぶれないし分かりやすい。
厳しい戦いと言われているようですが、私たちは有権者に訴求し、上昇していくのみです!
それこそが私たちの進むべき道。
私も今回の総選挙で、大谷啓の4つの約束を掲げ、訴えていきたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

日本未来の党こそ真の第3極である

2012年11月29日 | Weblog
日本未来の党が結党されましたが、その中身はあまり報じられていません。
「野合だ」などという他党のご批判や、小沢先生が黒幕で動いているなどといった報道ばかり。
しかし、私はよく中身を見れば見るほど、今国民が求めている「真の第3極」だと思うのです。

まず第一点は、日本の緊急課題について、政策が一致しているという点。
人気取りのためでの合流では決してありません。
政策が一致しているからこそ、その政策を実現するために、政権奪取を目指し皆が大同団結しようということになったに過ぎないのです。
消費税増税廃止、脱(卒)原発、地域主権、TPP交渉参加反対。
そして、これらの共通項には、既得権益、政官業の癒着に、国民目線で立ち向かうという強い意欲がある。
このことは非常に大切なことだと思います。

二点目は、国民の意見をしっかり反映しようとしている政党であるということ。
消費税増税については、まだまだ6割程度の国民が不安に感じているのに、民主、自民、公明は増税推進。
第3極ともてはやされてきた維新も、地方税化するのなら増税容認と言っています。
原発ゼロについては、約8割の国民が、地震国日本でこれ以上原発を動かすことに不安を感じているのに、自民は相変わらず現状維持を主張。
民主は、口先では脱原発依存と言いながら、最後は財界・大企業の圧力で骨抜きに。
そして、維新も、数ヶ月前までは脱原発と叫び、某市長が関電の株主総会にまで乗り込んで原発を動かさないことを求めていたのに、結局公約では原発をフェードアウトと、何とも曖昧な言い回しでトーンダウンしています。
誰も、国民の声や気持ちを全く受け止められないのです。
維新について言えば、要は世論を扇動しながらも、最後は「俺についてこい!」的な上から目線の独裁的な政治手法なのであり、これが本当に国民が期待するものなのでしょうか?

私は、民主ではダメ、自民にも戻したくないという国民の受け皿は、国民の声・意見をしっかりと聞き、それを政治の場で実現していくことのできる政党であるべきだと思います。
それこそが国民の期待のはずです。
私たち「日本未来の党」は、真の第3極として、これから始まる選挙戦、国民の声やご意見を伺いながら、それを反映する政治を作ることを訴えていきたいと思います。
そして、その第一歩が、消費税増税廃止、脱(卒)原発、地域主権、TPP交渉参加反対。
厳しい戦いですが、訴え続けます!

この記事をはてなブックマークに追加