ギャンジャン

人は独りでは生きてゆけないのに人は独りで死んでゆく。刹那い一瞬に人は何を求める?

戸崎の取り扱いが難しすぎる

2016-09-18 06:34:13 | 競馬ジャングル
大昔は武豊、それから安藤勝、内田、岩田と来て、最近では外人騎手と戸崎圭太。いつだって過剰人気となります。昨日の中山は、、、
1レース 1番人気1,9倍 1着
2レース 1番人気1,8倍 3着
3レース 1番人気2,5倍 8着
4レース 5番人気7,9倍 6着
5レース 5番人気7,2倍 6着
6レース 2番人気3,8倍 11着
7レース 6番人気13,2倍 8着
8レース 3番人気5,9倍 2着
9レース 1番人気1,5倍 4着
10レース 3番人気6,2倍 12着
11レース 2番人気3,5倍 3着
12レース 2番人気3,1倍 13着
さすがリーディングトップの人気ジョッキーだけあって全レースフル騎乗しています。
(4,3,2,3)の人気に対して成績は(1,1,2,8)
これがいいのかどうかはわかりませんけど、戸崎さんが乗るだけで人気が上乗せされるのは確か。
単勝1倍台の断然人気が3レースあって勝ったのは最初の1レースだけ。
馬の実力以上に人気する以上、「来る戸崎」「来ない戸崎」を見極めるのが馬券対策上不可欠。だが、それが難しい(>_<)

デビュー当初、フィーバーだった藤田菜々子騎手。もうブームは去ってしまって今日は一鞍のみの騎乗。しかもほとんど可能性のない馬。新人騎手なら木幡が乗れてるよね。戸崎が1,2番人気で木幡が3,4番人気の馬に乗ってるときって木幡のほうがずっと来るイメージがある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒田さんいっぱいいっぱいで... | トップ | 首位陥落は、主意歓楽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL