おじさんとおばさんのつぶやき出張所

2002年から「おじさんとおばさんのつぶやき」というHPで書いていた記事をこちらのブログで書いていきます。

部屋に洗濯ロープを張ると、部屋干しが楽

2017年06月30日 18時09分49秒 | 家を建てるなら
2017年6月30日

梅雨の時期に困るのは洗濯物が乾かないことですね。その前に干し場に困ります。NHKのまちかど情報室(朝のニュース番組のコーナーで、便利なグッズやサービスを紹介している)で、部屋干しのためのグッズが紹介されているのを何度か見ました。

物干しハンガーをドアに引っかけるのはすぐに思いつきそうです。おじさんが感心したのは、引き戸の上部と溝との隙間に差し込んで、引き戸に引っかけるというアイデアです。
引き戸の隙間を利用して干すためのグッズ「引き戸de部屋干しT型」

アパートのときは色々と工夫しました。まずはハンガーラックに干します。そのハンガーラックと本棚の間に物干し竿を渡しました。

実家にいたときは簡単でした。使っていない部屋があったことと家が古かったので、惜しみなくネジ止めができたからです。

向かい合う鴨居(襖や障子などの上部を受ける溝のある横木)に洋灯つり(ネジの付いたフック 下の写真)をねじ込んで、その間に物干しロープを張っていました。ロープを3本も張ればかなりの量が干せます。



今はサニールームがあるので干し場には困らないですが、シーツなどをたくさん干すときにはロープがあればいいなと思います。

自分の家なのでどこにネジ止めしようが自由なのですが、柱などの木肌が見えている部分には傷をつけたくありません。

そこで思うのは物干しロープ用のフックを取り付ける下地を入れておけば良かったということです。家具を固定するために家具の後の壁の上部には下地を入れています。

壁は桟に石膏ボードを打ち付けて、その上にクロスを張っています。石膏ボードは軟らかいのでネジが効きません。石膏ボードの代わりに合板を打ち付けるとネジ止めの下地になります。

部屋干しの可能性のある部屋の壁にはフックやバーなどを取りつけるための工夫をしておいたら役に立つと思います。


「おじさんとおばさんのつぶやき」
「つぶやき」の目次
「家を建てるなら」の目次
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歩行者用の信号機の下で信号... | トップ | 太陽側の舗道と反対側の舗道... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。