ひねもすネイチャー絵日記

道東などの身の回りの自然と付き合っていく漫画ブログです
とりあえず、あちらこちらで書き散らした漫画を随時掲載。

深淵をのぞき込む

2017-08-12 | 日記
ふと思い出した話。

以前、某所で某連続講座の講師をやってた。
少人数で楽しくワイワイするような、家庭的な雰囲気だった。
そのうちの参加者の一人が、盛り上げ役しつつ人に上から目線で意見するような感じ。

ムードメーカーだし悪気はないし、そういう人もいるよね~と、笑い流してたんだけど、それがいけなかった。

もっと踏み込んで、人のプライバシーを根掘り葉掘りして、マウンティングしてくる人だったてことに気づいたのは、しばらく後だった。
自分の行動を客観視できないタイプで、本人的には「善意の行動」と信じてる感じ。

こちらが講師なんで教えなきゃいけないんだけど、それが気に障るのか話を全部かぶせてくるので、ちょっと支障が出るぐらいになってきてしまい、困ってた頃、私の持病が悪化。

あまり人に言いたくない病気の状態だったので、講座の生徒さんにはあたりさわりないことを言ってたんだけど、ある時、その人が知ってしまった。

その人は、にやぁっと、笑った。

他人に見られていないと思ってるはずの、普段人に見せる笑いとは全く違う、はじめて見る暗い嫌な笑みだった。
「ついに完全勝利できる決定的材料をみつけた!!獲物をゲットした!」
という無自覚な笑みだったと思う。

そんな怖いものを見てしまった私は、これはヤバイ、と、本気で思った。
人の心の深い闇を、意図せずに覗き込んでしまったような、そしてさらに、闇に覗き返されてしまったような、そんな感じ。


しばらくして、健康上の理由を名目に、その講座をやめた。


夏になって怪談話を耳にすると、下手な怪談より怖い笑みを思い出す。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行動の不一致 | トップ | グローバルだった »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む