トランプ世界大統領の登場と三代王権で千年王国(天一国)は始まった!

トランプ世界大統領を全面的に支持し、韓日米同盟を強化し、中国によるアジア共産化を断固阻止する運動に同参します。

今回の救命ボート会議 江利川会長み言要約

2017年02月24日 09時05分56秒 | ホームグループ摂理

今回江利川会長中心の週一のZOOM全国会議の際に、日本サンクチュアリ協会の今後の方向性について語られました。

 江利川会長は二代王様と国進様の方向性として今後も引き続き、4300双に向けての祝福伝道を外の人材を中心に展開し、天一国憲法を伝えながらトランプ支持層拡大を目指し、日本サンクチュアリとしては救命ボートの基盤を拡大させてゆくとのことです。

 各ブロック毎に委員会と委員を立て、ブロック単位のZOOMネットワークを造る。

 救命ボートは連合の方達だけのためのボートではなく、一般社会の全ての人達に対してのボートであり氏族メシアとしては、家庭教会としての役割も含めて将来的には全ての祝福家庭が家庭単位でボートとなっていくのが理想的との意味で話されました。

 ZOOM会議のシステムは基本的にスマホかPCがあれば難しい設定なしに簡単に参加できます。これからの時代は家にPCがない方はスマホは必須になってきますのでご検討ください。

 

現在の救命ボートの数(130)

北海道6、東北12、関東37、甲信越8、北陸2、中部24、関西7、中国6、四国4、九州23、韓国1

 

お父様の権威圏に戻る祝福式の重要性と組織運営方法

青年救命ボートが立ち上がる。(13ヶ所)

韓国は95%、日本は50%摂理国家から外れかけた瀬戸際

日本は一点突破で全面展開出来る民族性

ミクロの精誠条件の上にマクロのトランプ大統領が立った。

1/1の入宮式によって1/20にトランプ大統領が立ちホワイトハウスに入ったことでアメリカを中心に実体的に天一国が始まった。

発展的な成功例、証を誰かが立てて、その内容を全体が相続すれば全体が発展できる。

各ブロック毎に委員会と委員を立てる。

①祝福委員

②聖和委員会

③教育委員会

④青年委員会

⑤救国救アジア委員会


お父様が江利川会長に言われたみ言葉

① 先生の涙とあんた達の涙が一つになれば出来ないことはない。

② 先生が支持したり命令した内容が、瞬時に末端まで伝わるような組織を造れ。末端に花や実がなるように組織も末端(現場)が実れる組織にしなければならない。

③ 決意が機関車だ。決意の度合いで90%が出来たようなものだ。

④ 決意が出来たら作戦と計画を立て、祈って実践すれば出来ないことはない。決意した瞬間から霊界が働く。

 結論:神様は頭で考えてる場所ではなく、現場で実践している所で神が働く。

※戦略的な内容は管理者の判断で省いています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天一国憲法戦争の戦い方 | トップ | 聖殿聖徒は世界的中心人物・千... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ホームグループ摂理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL