神山釣具店ブログ「釣り日和」

男鹿川・鬼怒川の釣り情報と店の商品のご案内、 
その他、ネコのことや平凡な日常を書いています。
 

解禁日の鬼怒川(小佐越、高徳地区)

2017-03-21 12:08:48 | 鬼怒川のようす

きょう、3月21日はおじか・きぬ管轄内 渓流釣りの解禁日です。

いつもよりも朝早く起き、ダンナと息子のお弁当を作り、鬼怒川のようすを見に行くために家を出たのが6時頃・・・
その時すでに小雨が降っていました。

まずは万年橋へ行き、橋の上下のようすを・・・
上流には2人の釣り人さんがいました ↓

角度を変えて撮ると・・・

奧にいる人 ↓  最初フライかな・・と思いましたが、写真で確認するとエサ釣りでした。

手前の瀬に近い場所にいた人 ↓  こちらもエサ釣り。

橋の下流 ↓ 目を凝らすようにしてよくよく探して見ましたが、だ~れもいませんでした。

それにしても、水が少ないですね。
本流だから これでも釣りにはなりますが、来月のマス釣りまでにはもうちょっと増えてほしいと思います。

 

次は高徳へ行き、、、 病院裏が一望できる対岸の撮影場所へ。。。

この時、時間が早いためか、おそらくフライだろうと思われる人が1人のみだった。 ↑ 〇印のところです。

ズームで撮ってみましたが、このころは雨が次第に強く降ってきており、霞んだような写真になってしまった。

ここも 水位はやっと膝ぐらいまでしかないようですね。

しかし、、、寒い、 寒かった。 無風でしたが、気温そのものが低く、冬の寒さが戻ったよう・・・
これだけ冷えてると魚の反応はどうなのかしらね。
きのうまでの連休は温かかったのに、この気温差は何でしょう。
三寒四温と言うことばは聞きますが、あまり差がありすぎるとまいりますね。

さて、河川公園のほうに人影は? とカメラを向けましたが、ここからでは確認は出来なかった。 ↓

で、車で河川公園に移動・・・
駐車場には3台しか車がなく、川にも釣り人の姿なし。 

車止めから先は歩いてえん堤のほうへ向かうと、、、
途中で昨夜 店へ来て下さったルアーのお客さんに出会い、ようすを聞いたところ先にエサ釣りの人がいたので場所を移動するとのことでした。
その先で川から上がってきたこちらの重装備の人がそのエサ釣りの人かと思いきや、、、

地元の元組合員さんで、上流を指差し
「あそこの二人は大きいマスをけっこう釣ってるぞ」と言う。。。

その二人というのがこちらの場所にいた人たち ↓

堰堤の下流にいました。

矢印のところにもう1人いたので、「けっこう釣ってる」と言うのはこのお二人に違いない・・・
見たところエサ釣りのようでした。

たくさん釣れるのはいいですが、お持ち帰りはほどほどにお願いしたいと思います~
次に来た時にもまた釣れるように、リリースしていただけると長く楽しむことが出来ますからね。

藤原のせき場川にも行きたかったのですが、7時ごろにお客様が来ることになっていたので この河川公園からそのまま帰宅しました。
せっかくの解禁日なのに冷たい雨降り。
そのせいか釣り人の姿も少なく、どこか寂しい感じの鬼怒川でした。
遠方から来て下さった方もいらっしゃいますが、釣果のほうはどうだったでしょうか・・・


          では、また 

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 公園ネコのこと、まめの寝顔 | トップ | 高徳での釣果 ほか »
最近の画像もっと見る

あわせて読む