GAIA所員のひとり言

建築設計事務所の一所員の、建築はもちろん、社会の様々なことについてのひとり言。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本橋の「麒麟」像★

2012-01-27 17:53:03 | Weblog
日本橋にある「麒麟」の像を見てきました☆
日本橋のにある「日本橋」という橋の真ん中あたりに置かれています。
 
最近、東野圭吾氏の『麒麟の翼』という推理小説が映画化されたこともあり、かなり注目を浴びている像です。通る人がみなさん「これだよね!」と像に反応されていました。
 
さて、「麒麟」というと、中国神話の伝説上の動物。形は鹿に似て大きく、顔は竜に似て、牛の尾と馬の蹄をもち、雄は頭に角を持つといわれています。
日本橋に置かれている麒麟も同じような特徴をもっています。ただ、あまり見かけないものとすれば、背中から生えた大きな翼でしょうか。
こちらの翼には日本橋独特の意味が込められているのだそうです。
 
それは、「ここから羽ばたく」という意味。
 
「道のりの総元締は日本橋」という川柳はあるように、日本橋は東海道をはじめとする五街道の起点、つまり日本の道路網の起点となっています。日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つというイメージのもと、こちらの麒麟には翼のようなものがつけられました。
ちなみに、原型製作には、彫刻家の渡辺長男氏が、鋳造には彫刻家で渡辺の義父の岡崎雪聲氏が担当しました。
 
意識せずに橋を渡ると、気づかず通り過ぎてしまいそうな像ではありますが、ぜひ足を止めてご覧になってみてはいかがでしょうか。
迫力があり、かつ非常に均整の取れた美しい像です☆
 
 
tomo
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京ラーメンの礎となったと... | トップ | 江戸時代の男女比を考える☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL