スポーツチャンバラ大泉国際道場 活動ブログ

群馬県大泉町を拠点に活動しているスポーツチャンバラの道場、大泉国際道場の活動をメモしています。

出稽古とフィードバック

2017年05月11日 | 稽古メモ

伊勢崎市の養心館道場へ出稽古にお邪魔してきました。

 

 

子供の日で祝日の中で急に行くことにしたので都合のついたのは幼稚園2人だけでしたが、いっしょに練習に参加させていただき、群馬県協会古澤会長にいろいろと教えていただくことができました。

 

 

半分基本動作で半分打突くらいの時間配分でしたが、基本動作はうちの子供たちをこってりと指導してもらえました。普段からできていないなーと思っていたところを別の切り口で指摘してもらえたので良かったです。幼稚園ぐらいの子で立場の違う複数の大人から話をしてもらうのも良い経験なのかなと思います。

 

 

あと子供だけでなく私も何点か修正をもらってしまいました。足を打て、は私がイメージしていたよりももっと半身で良いということがひとつ。もうひとつは剣の振り方で、溜めとしなやかさでスピード感を演出したほうが良いということです。単調に振り上げる→振り下ろすだけではシンプルすぎるのですが、あんまり極端にやるとクセが強くてくどいのもどうかという感じになるので、ちょうど良いところですっきりまとめるのが難しいです。その場では納得行く仕上がりにはならなかったのですが、イメージはもらってきたので練習していきたいです。

 

 

今後子供たちに教える時にもフィードバックできるし、審判をやるときの判定基準も少し修正しないといけないようです。

 

 

打突のほうでは、普段うちではあまりやらない連続攻撃がテーマでした。連続攻撃から即座にガードに移行し、また反撃する練習です。面をガードしてすぐ足へ反撃、さらに面へ連打→それをガードしてすぐ足へ反撃さらに面へ連打→×N のループをやりました。

 

 

今のところうちの練習では、現時点において試合で勝つためには何をすればもっとも効果的かを考えた結果、待ちに徹して相手が不用意に前に出たところを打つというスタイルを重点的にやっていました。この作戦がそこそこ上手くいったために、子供たちの中で成功体験になっていてお互い待つというなんだか消極的なプレイになっています。そろそろ自分から崩しに行くようなことができるようになってほしいと思っていました。

 

 

そんなところで連撃をやるというのは次のステップに活きるなーということで非常に良かったです。

 

 

そのあと試合稽古をやりましたが、連打の練習でインスピレーションが沸いたのか、掬い打ち足→一歩継ぎ足してもう一度掬い打ち足みたいな見事すぎる連携で一本取った子がいました。そこまでの高度なフットワークはこれまでの練習でも今回でも教えたことがないので正直驚きました。道場の外へ連れ出していつもと違う雰囲気を味わったことで何か良い影響が出ているのかなと思えます。

 

 

そんなわけで出稽古は楽しいですね。これからも積極的に出て行きたいです。 

『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上囲いと押打ち | トップ | 体験会やりました »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。