歩ぐ会・津軽研究会

津軽(藩)に関連する歴史研究の入門記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石田三成の子孫と津軽

2016年12月23日 | 津軽
 津軽藩の三代藩主は石田三成の孫にあたるとか、三成の子孫(杉山家)からは津軽藩の重臣が輩出しているという話を聞いて、驚かないようになったのはいつ頃からだったでしょうか。
 杉山家の当主・杉山丕さん(青森市在住)が、執筆した「石田三成と津軽」が、東京青森県人会HPに掲載されています。

「石田三成と津軽」①
・はじめに
・津軽に知られていないもう1つの理由
・津軽家は何故三成の子供を保護したのか

「石田三成と津軽」②
・杉山源吾の足跡

「石田三成と津軽」③
・辰姫と満天姫

「石田三成と津軽」(終)
・杉山家で活躍した人々

【参考】
① 津軽双花(葉室麟)
運命の一戦は家康に軍配が上がり、敗者は歴史に葬られた。そして因縁は、遠く津軽の地で花ひらく。
家康の姪 対 三成の娘――これぞ女人の関ヶ原!
徳川家康の姪・満天姫、石田三成の娘・辰姫。ともに津軽家に嫁入りした二人は、関ヶ原の戦いから十三年越しの因縁に相見える――。


② 津軽藩の飛地領
”二代藩主信枚(信牧)の側室辰姫(石田三成の娘)は大館御前と呼ばれ、この陣屋で誕生した信義は津軽第三代の藩主となった。”
 この「石田三成」の部分が、いったん書きこまれながら、白塗りで消されているのです。
 津軽では、三代信義が三成の孫であるという説が受入れられていますが、尾島では疑問視されているという状況を示しているのでしょう。
『青森県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 伊藤家の先祖調べ | トップ | 2017年の活動開始 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。