光産業技術動向ブログ OITT

OITTとは、Optoelectronic Industry and Technology Trendの略称です。

小型5G基地局向けのミリ波回路技術を開発

2017年10月19日 15時10分10秒 | 新現象・新技術

 富士通研究所は2017年10月、小型の第5世代移動通信方式(5G)基地局の消費電力を低減できるミリ波回路技術を開発したと発表した。10Gビット/秒(bps)を上回る高速通信を約10Wの消費電力で実現することが可能となる。


 富士通研究所は、多数のアンテナ素子を用いて必要な方向に電波を出力させるビームフォーミング技術において、これまでサブアレイ間符号化技術などを開発してきた。この技術は電波干渉を低減するように信号を符号化することで、高速通信と低消費電力の両立を実現することができる。しかし、駅前やスタジアムなど多数の基地局を設置するような場所では、消費電力のさらなる削減が求められており、Wi-Fiアクセスポイント並みに抑える必要があるという。


小型5G基地局向けのミリ波回路技術を開発 - EE Times Japan
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 充電不要のワイヤレスマウス... | トップ | 光回線を地震センサーにする... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新現象・新技術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL