光産業技術動向ブログ OITT

OITTとは、Optoelectronic Industry and Technology Trendの略称です。

投写画面を指で操作、ソニーモバイルの小型プロジェクタ「Xperia Touch」

2017年04月20日 19時29分43秒 | 新製品

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、壁や床に投写した映像を指でタッチして操作できるAndroidベースの小型プロジェクタ「Xperia Touch(G1109)」を発売する。6月9日から予約受付開始し、6月24日より順次商品が届く。価格はオープンプライスで、ソニーストアでの販売価格は149,880円。販売はソニーストアに加え、家電量販店でも行なう。


 SXRD方式の小型プロジェクタ。素子は0.37型で、解像度は1,366×768ドット。超短焦点レンズを備え、壁にピッタリと付けて設置して約23型、そこから少し離していって最大80型までの映像が投写できる。光束は100ルーメン、光源はレーザーダイオードを使用。コントラストは最大4,000:1。


 最大の特徴は、赤外線と1,300万画素のイメージセンサーを搭載している事。床に投写した際に、23型の投写映像全体をカバーするように赤外線を照射。投写した映像の上に指を置くと、その赤外線を指が反射する事になるが、イメージセンサーも組み合わせてそれを読み取り、投写した映像のどこに指があるのかをXperia Touchが判断。スマホやタブレットのアプリを指でタッチした時と同じように、床に投写した映像をタッチして、様々な操作ができる。


投写画面を指で操作、ソニーモバイルの小型プロジェクタ「Xperia Touch」 - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界初、EV走行中に道路から... | トップ | 新型RICOH THETAは4K動画や4c... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL