しなやかに…この瞬間を生きる!

いつもご訪問いただきありがとうございます。ごく普通のオッサンが、さもそれっぽい能力の持主?的な雰囲気で描く妄想物語です。

唯ひとつの信念(再編集版)

2017年06月15日 20時30分40秒 | しなゆかに愉しみ…

・以前に上げたことを、…3つ…改めて確認しておいてください。

   ①…期待しないで待つ… と言うこと。

   ②…積極的に行動していく…ということ。

   ③…必ずそうなるという確信に満ちて、楽観的にしている…こと。 

特に大切なのは、①と②を支える③確信からの楽観的資性だと言いましたが、説明が必要かもしれません。

「何を以って or 何を根拠に、“必ずそうなる!という確信” を持てるんだよ!」と思ってますよね!

理論的根拠からも、経験的実績からも、そのようにしか考えられない。…私もそう思ってました。

   (以下、ご一読ください。)

 

「昨日、君(私のことを指しています。)のことを初めて褒めたよね。」

「そういうことだけは、本当に抜群の卓越したセンスを持ってたって。」

「それなんだけど、それがここ20年程というよりも正確には40年近く前頃に見失っちゃったよね。」

「理由は聞かなくても分かるけど、まだボケてもいないし、忘れてしまっちゃった訳でもない。」

「それは君にこのブログで書いてきてもらってた通りに、実に大多数の人達が、吉凶禍福・優勝劣敗・損得勘定を、

『君達と言う船の羅針盤』にしてきたのだから、それが…機能してこなかった…のは当然のことだったんだ。」 

 

「君の疑問?ってのは、『何を以ってor何を根拠に、“必ずそうなる!という確信” を持てるんだよ!』ということだよね。」

「じゃ~聞くけど、いったい何が欲しいの?」

君のすることは、『君のこころから出ずるところの…想い・ゐずまい・表情・言葉・行動…を以って、

君の想い描く 「理想の自分の周囲」を創り上げていく』…ということ。…のハズだよね。」

「それを実現(具現化)するために必要な知識、注意点、コツも教えた。」

「そこで聞くけど、…何故?何が無いからといって、“必ずそうなる!という確信” が持てないんだろう!」

 

「こんなことを聞くと、君は過去における具体的な失敗事例を数多く揚げてくれるだろう。(とても親切にね!)」

「言ったハズだ!君に訪れる出来事や現象は真の君(真我・魂)にとって必要で必然な最善の出来事や現象であって、

そこから学び成長していくために君はこの時代を選びそしてここに居る。このぐらい努力すれば必ずそうなるんだったら

機械やロボットと同じじゃないか!そこには学びも成長も個性も何も無いのだから、人として経験する価値すらない。」

 

「才能に恵まれ、努力を怠らず、運を味方につけ続けなければ、君の望む君で居ることができないのかい?」

「それこそが、吉凶禍福・優勝劣敗・損得勘定と言う君達の羅針盤なんだ。(特に、優勝劣敗)」

君が無い…と言っているのは、結局、『吉』・凶・禍・『福』、『優』『勝』・劣・敗、損・『得』勘定などの

我欲を充足してくれる現象や出来事でしかない。

 

「君のすることは、『君のこころから出ずるところの…想い・ゐずまい・表情・言葉・行動…を以って、

君の想い描く「理想の自分の周囲」を創り上げていく』ということなのだから、よく考えてもらいたいんだけど、

誰かと競う事も、比べる事も、争う事も無い、評価・査定する事も、される事もなく、マニュアルすらないんだ。

だから、…そこに必要なモノは…、物やお金、特殊才能や必殺技、ましてや理論的根拠でも、経験的実績でもない

今・そこに居る ア ナ タ というすべてと、アナタが持っている・自由にできると想っているすべてと、

『 神は 私を通して 地上に 顕れる。』 …という、たったひとつの信念 …だ!

たとえケシ粒ほどでも信念を持つ者が、何もできない訳がない。

 

                               Fel’c

※ここで言う「神」ですが、特に何神だとかいうわけでもないので、ご自由に解釈してください。

ジャンル:
スキル
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナタの「良識」という名の... | トップ | どんなことも❗ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む