しなやかに、この瞬間を生きる!

いつもご訪問いただきありがとうございます。ごく普通のオッサンが、さもそれっぽい能力の持主?的な雰囲気で描く妄想物語です。

シャン(悲しい人)へ!(再)

2016年12月20日 12時27分37秒 | しなゆかに愉しみながら

※人間の最大の罪は…不機嫌…であると、ゲーテは言っていた。

多少、突飛な補足があって、

「他人を傷付けたとしても、1回に数人だが、他人を不機嫌にするには、一度に何人でもそうできるし、

 更にその人が他の人達へと不機嫌を伝播させていけば、その罪はヌグエナイほどになると!」

 

・確かに、「愛」の反対は「無関心」なのだから、不機嫌な顔・言葉・行為・行動も決して良いとは感じないモノである。

…かと言って、不機嫌が法に引っかかるのは『 〇〇ハラスメント』ぐらいなものだろうから、

みなさん、何の罪の意識を持つことも無く、普通に不機嫌をしているのかも知れない。

ただ、そのような方とはあまり身近に長い時間共に過ごしたくはないと言うのが人の常だろうから

自然にそのような方の周囲からは、人が遠ざかる(近づいてこない)のかも知れない。

また、人に応じて不機嫌・ご機嫌を使い分けています…と言う方が居られるのだとしたら、

ご再考頂いた方が良いのかも知れません。 …裁く者は、裁かれる… のですから!

 

注 ; 何をしたか・しなかったか、というよりも、その時の自身のこころの在り方なのですから

 それが人を裁くこころで為されたのだとしたら、当然アナタ自身に返って来るモノなのです。

 昨日の記事でも書きましたが、「相手がこうだから…」とか、「常識から言って…」などと

 正当な?理由を付けたとしても、ご自分の返す “表情・言葉・行動” に 『裁くこころ』が

 在るのだとしたら、

  アナタはその相手を ・裁・く・に・値・す・る・  … 高尚な人 …  では無く、

  その相手と同波長の  … その程度の人 …  に成り下がるだけなんですが、

  そんな人は自覚症状すら感じ無いんでしょう。

 

     “ シャン(悲しい人) ” 

ジャンル:
スキル
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無為自然(再) | トップ | 今、そこに居るアナタへ!(再... »

コメントを投稿

しなゆかに愉しみながら」カテゴリの最新記事