日々

しあわせにと祈る

島根原発:停止を 株主78人、6月の総会で提案へ /島根

2011年05月30日 13時55分10秒 | 地域
島根原発:停止を 株主78人、6月の総会で提案へ /島根
 原発に反対する中国電力の株主でつくる「脱原発へ!中電株主行動の会」(溝田一成・代表世話人)は16日、同社が山口県上関町で進める上関原発の建設計画を中止し、島根原発(松江市)の運転を停止するなどとした6議案を発表した。6月29日にある同社株主総会で株主提案する。

 議案は、原発の運転停止や計画中止のほか、▽使用済み核燃料の再処理をせず、これまで積み立てた引当金を福島第1原発事故の被災者への支援などに充てる▽島根原発の点検漏れや岡山県の「土用ダム」のデータ改ざんなどの責任から山下隆社長を解任する--など6議案。5万9800株を持つ78人の株主で提案する。

 木原省治・世話人(62)は「原発の安全性は完全に崩壊した。株主や会社の取締役に議案内容を直接投げ掛けたい」と話した。【加藤小夜】


そうです
そうです
そうですよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島根原発:知事と松江市長、原発再開に慎重姿勢

2011年05月30日 13時41分22秒 | 地域
島根原発:知事と松江市長、原発再開に慎重姿勢 保安院の説明に /島根
 島根原発(松江市鹿島町)の緊急津波対策の確認結果について、経済産業省原子力安全・保安院の黒木慎一審議官が18日、松江市で溝口善兵衛知事と松浦正敬・松江市長に説明。運転継続や再開に支障はないという考えを示したが、知事と市長からは、現在停止中の1号機の運転再開に慎重な意見が出た。

 福島第1原発の事故を受け、保安院は3月30日に緊急津波対策の報告と保安規定変更を電力各社に指示。中国電力は、非常用高圧発電機車配備などの対策をとった。保安院は5月6日に保安規定変更を認可し、原発の運転を認めている。

 黒木審議官は、島根原発について、「安全性が確保されている」と評価。海江田万里経産相が運転停止を要請した浜岡原発(静岡県)との違いについて、浜岡原発は30年以内に87%の確率でマグニチュード8程度の大地震、大津波が発生すると予測されていることを挙げた。

 しかし、松浦市長は、「もっときちんと説明してもらわないと市民も不安に感じる」と求め、溝口知事も、「原因分析ができているとは思えない」と指摘した。【目野創】


黒木審議官・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は行政のお方
行政のお方は2年で転勤配置換えあり
分かるはずがありませ~~~~~ん
地震が片句に起こらないと誰が言えるだろうか???????(激怒)

国家公務員のお方は大変かもしれないけど
いい加減にできている、転勤配属変化は目間ぐるしい
それで、詳しく知れとは酷なことなり、

今メタボ健診が不評でそれを発案実施した人は配置替えされていて、後任が、対応している。
不都合が生じると配置換え、責任が薄れる・・・・
政治家と同じだ、責任とって止めました、結果、日本は沈没か?!!!

まず、松江が死の街になってからでしょうね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集い:原発問題考える 300人参加し交流--松江で共産県委 /島根

2011年05月30日 13時29分31秒 | 地域
集い:原発問題考える 300人参加し交流--松江で共産県委 /島根
 原子力発電所の安全性を話し合う「原発問題を考える集い」を共産党県委員会が22日、松江市千鳥町の市総合福祉センターで開いた。主催者によると、約300人が参加。同党の吉井英勝衆院議員が福島原発事故について話した後、参加者との質問・意見交流の場が持たれた。吉井議員は23日、島根原発を訪れ現地の調査をするほか、県庁を訪問する予定。【宮川佐知子】


共産党の方はずーーーーーと反対されていた
そのころは30代の私だったかな?
そのころは、ただ見ているだけだった
今もその方々以外は反対ではないのだろうか?
私に至ってはやっと反対と言う、言える、そう、この福島事件を体験して初めてだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

.4地方銀:ビジネス連携へ、覚書--合銀など /島根

2011年05月30日 13時13分39秒 | 
.4地方銀:ビジネス連携へ、覚書--合銀など /島根
 山陰合同銀行(松江市魚町、古瀬誠頭取)など全国の地方銀行4行がこのほど、海外ビジネス支援に関する広域連携についての覚書を締結した。各行が駐在員事務所を持つアジア各地の情報を相互活用し、顧客の利便性を向上させる。

 広域連携に参加するのは中国・大連に駐在員事務所を持つ同行のほか、▽十六銀行(岐阜市、香港事務所)▽広島銀行(広島市、バンコク事務所)▽北國銀行(金沢市、シンガポール事務所)。4行は今後、自前の駐在員事務所がないアジア各地の現地情報を相互に交換し、希望に応じて各顧客に提供する。

 山陰合同銀行によると、主な営業地域が異なる金融機関同士が海外ビジネス支援で連携するのは全国的にも珍しいという。同行は「地元企業の海外へのビジネス展開を、よりいっそう支援していきたい」と話している。【曽根田和久】


がんばってくださ~~~~^^~い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1歳女児 幹細胞で心筋増強…世界初、岡山大が成功

2011年05月30日 01時41分33秒 | 仕事
1歳女児 幹細胞で心筋増強…世界初、岡山大が成功
2011年5月25日 提供:読売新聞

 岡山大病院は24日、先天性の心臓疾患を持つ女児(1)の心臓から幹細胞を取り出して培養し、再び女児の心臓に移植して心筋を増強する手術に、同病院新医療研究開発センター、王英正教授らのグループが成功したと発表した。移植約1か月後の検査で、血液を送り出す心臓のポンプ機能向上が確認された。18歳未満の子どもへの心臓の幹細胞移植は世界初という。王教授は「心臓移植でしか救う手段がなかった子どもの命が助かる可能性がある」と話している。

 女児は中国地方在住で、全身へ血液を送る左心室が小さい左心低形成症候群。同大によると、15万人に1人が発症するとされ、左心室の機能を右心室に代用させる外科手術が必要となるが、それでも30歳までに約半数が死亡している。

 また、手術時に心臓の収縮能力が耐えられず、途中で亡くなる例も少なくない。王教授らは手術の成功率を上げるため、心筋の機能向上が期待できる幹細胞移植の適用を考えた。

 昨年7月、第1段階の手術を実施。今年3月の第2段階の手術で採取した心臓の組織100ミリ・グラムから幹細胞を培養。4月には、2ミリ・リットルの細胞培養液に溶かした幹細胞約180万個をカテーテルで冠動脈を通して心臓に移植した。5月24日の超音波検査では、心臓のポンプ機能が約11%アップし、心筋量も増加したため、女児の心臓に幹細胞が作用したとみられるという。

 昨年7月の改正臓器移植法施行後、子ども同士の心臓移植は1例だけ。今後、安全性などが確認されれば、他の先天性心臓疾患にも応用可能という。

 今回の移植は、学内の倫理委員会の審査を経て、今年1月、国の厚生科学審議会に承認された。被験者が未成年のため、保護者に移植の利点だけでなく、〈1〉不整脈が起こる〈2〉拒絶反応が起こる〈3〉細胞が腫瘍に変わる--などの副作用の可能性も告げ、手術を承諾してもらうインフォームド・コンセント(説明と同意)の手順がとられた。

 女児の20歳代の母親は、「不安だったが、詳しい説明を聞き、家族で話し合って決めた。拒絶反応もなく、数字も良いので安心した」と話している。

 慶応大学病院循環器内科・福田恵一教授の話「子どもは心臓が小さく大人より幹細胞が多いため、理にかなっている可能性がある。今後、どんなメカニズムで機能が改善したか調べる必要があるが、有効な治療の一つになるかもしれない」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医療と福祉連携、包括支援へ 精神科シンポジウム 

2011年05月30日 01時37分31秒 | 仕事
医療と福祉連携、包括支援へ 精神科シンポジウム あす、東京・府中
2011年5月27日 提供:毎日新聞社

 多摩地域の精神医療保健福祉事業者や医師らの集まり「地域ネットワーク多摩」は、発足後初めてのシンポジウムを28日午後1時半から、都立多摩総合医療センター(府中市武蔵台)で開く。

 このネットワークは多摩地域の医療福祉関係者が連携することで精神科の病気を持つ人とその家族を包括的に支援し、医療と福祉の情報を地域から発信しようと発足した。事務局を務めるNPO法人「多摩在宅支援センター円」の寺田悦子理事長は「医療と福祉が分断することで、障害を持つ人が訪問介護を利用せず引きこもる『社会的無支援者』が多くなってしまう」と問題点を指摘する。

 当日は、北海道帯広・十勝地域で精神保健福祉活動を展開するNPO法人「十勝障がい者支援センター」の門屋充郎理事長が「今こそ、生活を支えるネットワークを」をテーマに講演。社会福祉法人「はらからの家福祉会」(国分寺市)、多摩在宅支援センター円(立川市)、一般社団法人「たまぷらねっと」(国立市)、国分寺すずかけ心療クリニック(国分寺市)、地域生活支援センタープラザ(府中市)の関係者が参加したシンポジウム「“ほっ”とできる生活をこの街で」もある。

 寺田理事長は「精神科の病気を持つ人とその家族が地域で生活しやすくなるよう個々の希望に添った支援をしていきたい」と話している。参加費無料。直接会場へ。問い合わせは多摩在宅支援センター円(042・548・3562)。【斉藤三奈子】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臓器移植 虐待の判断

2011年05月30日 01時31分58秒 | 私自身や健康
臓器移植 虐待の判断、厳格化 マニュアル、医療機関に要請
2011年5月27日 提供:毎日新聞社

 改正臓器移植法が昨年7月に全面施行されたのを受け、厚生労働省研究班(研究代表者、有賀徹・昭和大教授)は、脳死判定と臓器移植に関わる新たなマニュアルを作成した。改正法の運用指針(ガイドライン)では虐待を受けていた18歳未満からの臓器提供ができない。新マニュアルでは医療機関に対し、臓器提供に関係なく全ての重症例について虐待の有無を判断するほか、担当医が臓器提供について説明する前に院内の虐待防止委員会の助言を得るなど、虐待例の紛れこみを防ぐ厳格な体制作りを求めた。

 運用指針では、虐待を受けた小児からの臓器提供を防ぐため、医療機関に虐待防止委員会の設置と虐待の有無をチェックするマニュアルの整備、児童相談所などとの連携を求めているが、具体的な虐待の判別方法は示されていなかった。

 新マニュアルでは、患者が虐待を受けていないと判断できるのは、第三者の目撃のある家庭外事故で傷に不審な点がない▽乗り物に乗車中の交通事故▽誤って物を飲み込んだことによる窒息事故で第三者の目撃がある▽患者の病気が明確で不審な点がない――などの場合と例示。日常的に虐待の有無を判断する体制を整えた施設のみ小児臓器提供の実施を容認する姿勢を明確にした。【藤野基文】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護保険法改正案を可決 衆院厚労委

2011年05月30日 01時27分30秒 | 仕事
介護保険法改正案を可決 衆院厚労委
2011年5月27日 提供:共同通信社

 衆院厚生労働委員会は27日、2012年度の介護保険制度改正に向け、65歳以上の保険料上昇を抑えることを柱とする介護保険法改正案を、民主、自民両党などの賛成多数で可決した。自民党の要求に沿って、社会医療法人に特別養護老人ホーム開設を認める条項を削除し、修正。

 65歳以上の月額保険料について、全国平均で5千円程度に抑えるため、都道府県の「財政安定化基金」を取り崩せるようにする。

 自宅で医療と介護のサービスを受ける高齢者を支えるため、昼夜を問わず定期的に自宅を巡回する訪問サービスを全国で導入。介護職員がたんの吸引などの医療行為をできるようにし、在宅ケアの充実を図る。

 長期入院患者向けの介護型療養病床の廃止期限は、11年度末から17年度末までに延長する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安全簡便にiPS細胞作製

2011年05月30日 01時24分02秒 | 仕事
安全簡便にiPS細胞作製 がん化回避に微小RNA 大阪大、ウイルス使わず
2011年5月27日 提供:共同通信社

 がん化の危険を招くウイルスを使わず、マイクロ(微小)RNAという物質を使う安全で簡便な方法でヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに大阪大チームが成功した。26日付米科学誌セル・ステム・セル電子版に発表した。

 iPS細胞はさまざまな組織や臓器の細胞になる分化能力があり、特定の遺伝子などを皮膚や脂肪など分化が進んだ体細胞に導入して作る。導入には通常、ウイルスをベクター(運び役)として使うが、遺伝情報を傷つけてiPS細胞ががん化する懸念があり、安全性向上が課題だった。

 チームの森正樹(もり・まさき)教授は「世界で最も安全な手法だと思う。細胞にマイクロRNAを振り掛けるだけで簡便。臨床応用しやすく、創薬やヒトへの投与、臓器や組織再生も視野に入ってくる」と話す。山中伸弥(やまなか・しんや)京都大教授が2006年に開発したiPS細胞とほぼ同質で、「mi-iPS(ミップス)細胞」と名付けた。

 RNA(リボ核酸)は細胞内でタンパク質合成に関わる。マイクロRNAはタンパク質を作らないRNAの一種で、遺伝子の働きの調整に関与すると考えられ、数千タイプが知られている。

 チームはiPS細胞や、同じくさまざまな分化能力を持つ胚性幹細胞(ES細胞)で多く検出される六十数タイプを抽出した。2年がかりで絞り込んだ「200C」「302」「369」の三つを組み合わせ、脂肪細胞に振り掛けるとiPS細胞ができた。短く微小なマイクロRNAが脂肪細胞に取り込まれ、働いたと考えられる。

 ただ、作製の効率は、山中教授が最初に作ったiPS細胞と同じか、やや上回る程度という。

※iPS細胞

 神経や筋肉、血液などさまざまな組織や臓器の細胞になる能力がある新型万能細胞。山中伸弥(やまなか・しんや)京都大教授が2006年にマウスで、07年にヒトでの作製成功を発表した。事故や病気で失われた組織や細胞の機能を回復する再生医療や、病気の原因解明、新薬開発への利用が期待される。自身の体細胞から作れば本人に移植しても拒絶反応は起きないとされるが、米国チームは今年5月、マウスでは起きたと報告した。受精卵を壊して作る別の万能細胞「胚性幹細胞(ES細胞)」に比べ、iPS細胞は倫理的問題は少ないとされる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風はたいしたことなし

2011年05月30日 01時21分17秒 | 

台風
たいしたことなかったね
でも、細い柿の木とコブシの木が大揺れに揺れ
雨も一日中そこそこに降ってましたね

今日は上孫と美人の湯、湯の川温泉の露天風呂に行こうと思っていたのですが
屋根なしの露天なので止めました

でも、ゆっくり買い物に出かけ
上孫とのコミュニケーションはばっちり

車の中でもお店でも3歳のお姉ちゃんぶりで楽しい一日を過ごすことが出来ました
でも、緊張もしていたようで、
帰るとママに甘え甘えひっついていました

露天風呂は近いうちに孫とぜひ行こうと思います。

おやすみなさい
Mさまへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者の負担増方針確認 医療保険で、民主党改革案

2011年05月29日 01時42分11秒 | 仕事
高齢者の負担増方針確認 医療保険で、民主党改革案
2011年5月27日 提供:共同通信社

 民主党の「社会保障と税の抜本改革調査会」(会長・仙谷由人代表代行)は26日、社会保障と税の一体改革をめぐる党の社会保障制度改革案を正式にとりまとめ、拡大政調役員会で了承された。

 後期高齢者医療制度の廃止に向けた取り組みを進めると明記。大串博志事務局長は、新たな高齢者医療制度に移行するに当たり、「世代間公平」の観点から、現在1割負担の70~74歳の負担割合を見直すなど、高齢者に対する負担増を求める考えを明らかにした。

 新年金制度の骨格をめぐり、党内から「詳細なシミュレーションを行ってから、金額の根拠を明らかにすべきだ」との意見が出たため、消費税を財源とする最低保障年金の月額について「おおむね7万円以上」としたほか、新制度の保険料率を「15%程度」とするなど、24日に示した原案から表現を後退させた。

 小沢鋭仁会長代理は「すべての世代に受益感覚をもってもらえるような社会保障政策を行っていくことを柱に据えた」と述べ、世代間公平の原則を強調した。


ムムムムム~
15%って

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分雑感

2011年05月29日 00時21分31秒 | 私自身や健康
自分雑感
今夜は何カ月ぶりに風呂の大掃除
セーターの手洗い
他かいがいしく肉体的家事労働をする。
2時間はたっぷりする。
こういう事が出来るときは、腰に負担のかからない過ごし方をした日かな?
夕食はケンタッキーですまし
上の孫の風呂はママにまかせ
下の孫の沐浴をしたけれど、
腰への負担なしの姿勢が出来
夕食後すぐに片付けをしないで
休憩をとってから動く
小休止がうまくできると疲労が強くならないのです。

仕事もまあまあの出来

肩も腰もよく凝るけれど
上手い具合に自分でできる指圧的マッサージ的按摩で完全に解消する。

我ながらほんとに元気、よく働くなって思うよ
でも、考えてみたら、母もよく動いていたね~
でも、69歳で脳梗塞
それまではほんとによく動いていた
母は16歳から喫煙し
長い間割烹旅館の女給さんをして
まさに働きやり手であったと思う。
でも、喫煙のせいか、脳梗塞をして
半身不随になってしまったので
やれやれであった
その前に腹部動脈瘤を漢方の医師に発見してもらっていたから
タバコを止めるようにいっていたけど止めなかった
動脈瘤は73歳で破裂寸前手前で手術ができ
命拾いをしたね~
その時でさえ、タバコが止められなかったよね~

自分の働く様は母によく似ているね。
働き過ぎないように気をつけなくちゃ~

でも、一人暮らしでいるときって
ほんと、自分の身の回りの整理整頓はなってなかったね
家中が物だらけ
娘が一緒にいてくれるようになってから
シンクも磨くようになったし
タオル等の洗濯も毎日するし
若かりし頃の私になっている
やっぱり、人は人の中でいきいきするのかな~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出雲の名僧墨跡展:松江・鹿島歴民館で開催 /島根

2011年05月28日 13時38分48秒 | 
出雲の名僧墨跡展:松江・鹿島歴民館で開催 /島根
 松江市鹿島町名分、市立鹿島歴史民俗資料館(曽田稔館長)で、企画展「出雲の名僧 朝日寺 空谷(くうこく)の墨跡」が開かれている。

 空谷(1766~1834)は江戸時代後期の僧。同市鹿島町の朝日山山頂にある朝日寺住職で、鰐淵寺(出雲市)の敬光、法恩寺(同)の道光とともに「出雲の三名僧」「出雲の三詩僧」と呼ばれた。数多くの書画が寺院や個人宅に所蔵されており、今回、企画展を開催することになった。

 展示されているのは空谷筆の軸、額、扁額など計18点。書家でもある曽田館長は「空谷は中国・東晋の書家、王義之を熱心に勉強したといい、真っすぐに伸びた癖のない字が特徴」と話す。

 同資料館(0852・82・2797)。企画展は6月19日まで。【元田禎】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ものすごい先生がいたね、だから、今の先生が悩むかも・・・・・・できないといって

2011年05月28日 13時35分56秒 | 
支局長からの手紙:「よぶこえ」と共に20年 /島根
 「松江東の校長は熱心な人だけん、一度会いに行ってみたら」

 知人の社会保険労務士、阪本清さん(58)にそう言われたのは、随分前のことです。松江市・学園通りの今井書店に最近立ち寄り、ふと目に止まったのが県立松江東高校校長、中村清志さん(59)の著書「校長だより 続よぶこえ」(今井出版、1050円)。阪本さんの言葉を思い出し、早速買って読みました。そして先週16日、学校で中村さんにお話を伺いました。

 雲南市木次町出身。岡山大学法学部を目指すもかなわず、岡山市内の大学予備校に通っているとき、講師から「文学部の方が向いている」と言われました。進路を文学部に変え、大阪の大学に進学。2年余計に大学にとどまり、卒業後は、塾講師と高校の非常勤講師を掛け持ちしながらの日々を送りました。「勤めた高校は当時荒れていて、生徒を着席させることさえ大変でした。胃がキリキリと痛み、『このままだと倒れてしまう。いつやめようか』とばかり考えていました」

 「九九」は七の段あたりになるとあやしく、英語のアルファベットも理解していない生徒が多かったそうです。でも、中村さんはある日、職員室に戻ってきた数学教諭の話に感動しました。「2ケタ同士の掛け算ができなかった生徒が、随分時間がたった後に正解を答えたというのです。学校の天井は小さな穴が空いたボードを張り付けた構造で、生徒は穴の規則性に気付き、答えを導き出した。九九が出来なかった生徒の集中力と発想の転換に職員室にいた皆が驚き、『高校の教員っていいな』と思ったのです」と振り返ります。

 1980年春、島根県の高校国語教諭として採用されました。教員生活10年目、浜田高校在籍6年目の89年に学級通信「呼ぶ声」を発行。以来20年余り、名前は「呼ぶ声」から「よぶこゑ」、最後は「よぶこえ」と移り変わり、配る相手もクラスの生徒、学年全部、教職員、そして全校に変わりました。「大阪の高校が教師としての原風景。だから今の自分がある」と中村さん。通信の名前は変わっても、生徒を可愛いと思う気持ちは、昔も今も変わりません。

 朝はたいてい5時までに起き、原稿は早朝に仕上げます。土日、祝日を除く平日の発行が原則で、生徒との触れ合い、自らの読書の感想、学校行事や古里の伝統行事、時事問題、新聞からの引用など、取り上げる話題は多岐にわたります。「続 よぶこえ」は、2010年度に配布したものを1冊393ページにまとめました。生徒の中に積極的に分け入って、笑顔で語り合う中村校長。そんな情景が、行間の随所に感じ取れます。

 校長室のドアはいつも開放し、生徒たちの出入りは自由。泣きながら部屋に入って来る生徒、「私をよぶこえに書いてください」とアピールする子……。中村さんは、生徒の名前と顔を一致させるため、部活動をしばしばのぞきます。全校生徒700余名。「全員を記憶するのはなかなか。とりあえず500人が目標」と笑います。

 中村さんは8月、満60歳になります。生徒との泣き笑いの「通信」は来春、定年退職を機に満開を迎えます。【松江支局長・元田禎】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の父にも戦争を語ってほしかった、M44年生まれの父でした。

2011年05月28日 13時26分48秒 | 戦い
平和のバトン:島根・語り継ぐ戦争 森山俊郎さん/上 /島根
 ◇絶望感と日本への思い 「『記録』私の捕虜記」自費出版--森山俊郎さん(86)出雲市
 出雲市多伎町久村の森山俊郎さん(86)が今年3月、自身の抑留体験について63年前に書き留めた「私の捕虜記」を、「『記録』私の捕虜記」と題して自費出版した。遠くウクライナまで連行されるなど、約2年に及んだ抑留生活で何度も絶望感を味わった森山さんだったが、強い気持ちを持ち続けて無事に帰国。異国の山野に消えていった仲間たちをしのびながら、「戦争なんて絶対にしちゃいけん」と訴える。

 20歳の時に旧日本陸軍の下級幹部となった森山さんだったが、2週間後に敗戦を迎えた。当時、朝鮮半島・長淵邑で対戦車用陣地の構築にあたっており、しばらくその場で待機。45年8月26日に撤退が決定した。この時、南下して釜山を目指すか、近くの平壌に向かうかで意見が分かれたが、2日間議論した結果、汽車で平壌に向かうことになった。これが大きな運命の分かれ道となる。平壌の駅に着くと旧ソ連の兵が待ち受けており、捕虜となった。

 平壌近郊の収容所に入った捕虜の数は日に日に増え、5万~6万人まで膨れあがったという。ある時、逃亡しようとした2人が捕まり、見せしめのために公開処刑された。森山さんは「出たところで帰る方法がない。逃げようとは思わなかった」。

 12月18日夜、突然出発命令が出た。数万人の捕虜がうらやましそうに見守る中、「日本に帰れるぞ。正月の餅が食えるぞ」と喜びながら出発した。だが、日本海側の興南収容所に移されただけで、捕虜生活はさらに半年近く続くことになる。それでも、収容所内で野球や相撲、落語などの娯楽が許されるなど、監視は比較的緩くなった。森山さんの胸の中でも、自然と帰国への希望が膨らんでいった。

 1946年6月14日、森山さんは約5000人の仲間と共に貨物船に乗り込んだ。記録には「日本を数日で見ることができる喜びと希望に溢(あふ)れて待っていた」と書かれている。船倉内で裸になって暑さに耐えながら、喜々として捕虜生活の思い出を語り合った。だが出航後数時間で不安が芽生える。帰国するなら背後に消えるはずの朝鮮半島がどこまで行っても左手に見えていた。森山さんは「おかしいな」と思いつつも、「ウラジオストク経由で帰るのかな」と希望を持ち続けた。だがその期待もすぐに裏切られた。

 ソ連領に入りポセットで再び収容所に。今度は宿舎もなく、毛布でテントを作って生活した。雨が降ると毛布からしずくがしたたり落ち、そこら中がカビだらけになる過酷な環境だった。

 7月7日にシベリア鉄道に乗り込む。1両の広さが7畳ほどの貨車が上下2段に仕切られ、38人が詰め込まれた。「まるで生きた荷物でしたわ」。ソ連兵に聞いても行き先は教えてもらえなかった。だが、小窓から北に向かっていることが判明し、その先の苦難を悟った。列車は森林や草原の中をひたすら走り、ポセット出発から27日後に行き着いた先は、東欧・ウクライナの小都市、スラビヤンスク。「記録」には「未知の土地であり、最早帰国と言う願いは完全に断たれた」という絶望感があふれる言葉がつづられた。【細谷拓海】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投票ボタン

blogram投票ボタン