日々

しあわせにと祈る

超早産児へのステロイドは神経発達を害さず

2017年05月06日 10時27分51秒 | 医療情報
超早産児へのステロイドは神経発達を害さず
JAMA2017年5月2日 (火)配信 小児科疾患神経内科疾患産婦人科疾患

 超早産児への早期低用量ヒドロコルチゾン投与効果を検討した無作為化試験(PREMILOC試験)の参加者379例を対象に、2歳時の神経発達転帰を探索的二次分析で検証。ヒドロコルチゾン群とプラセボ群の神経発達障害の割合に有意差はなかった[障害なし(73% vs. 70%)、軽度障害(20% vs. 18%)、中-重度障害(7% vs. 11%、群間差のP=0.33]。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごくろうさん | トップ | 統合失調症:遺伝子治療  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事