日々

しあわせにと祈る

大隅氏、数百万円で成果 本年度から1億9千万円

2016年10月14日 23時30分34秒 | 医療情報
大隅氏、数百万円で成果 本年度から1億9千万円
大学 2016年10月14日 (金)配信共同通信社

 文部科学省は13日、ノーベル医学生理学賞に決まった大隅良典(おおすみ・よしのり)東京工業大栄誉教授(71)が、最初の成果を上げたころの国からの研究費は年数百万円だったと明らかにした。大隅氏の研究チームに、本年度から5年間で計約1億8700万円を助成することも決めた。
 文科省によると、大隅氏は1982年に初めて約100万円の科学研究費を獲得。しばらく同程度の金額が続き、受賞対象となった細胞のオートファジー(自食作用)の現象を発見した88年は420万円だった。90年や95年は研究費を獲得できていなかった。
 オートファジーの研究分野が拡大するにつれ、支給される研究費は急増。昨年度までの総額は約17億2千万円に上っている。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 治療の負担重く...渡航決断 ... | トップ | 喫煙室はいらない! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL