日々

しあわせにと祈る

手荒れ予防に4つのヒント【米国皮膚科学会】

2017年03月07日 15時13分53秒 | 医療情報
手荒れ予防に4つのヒント【米国皮膚科学会】
手袋で保護し、刺激を避け保湿を
米国学会短信2017年3月6日 (月)配信 皮膚疾患その他

 米国皮膚科学会(AAD)は2月14日、手荒れを防ぐヒントを紹介した。
 手の発疹や乾燥は、さまざまな原因で起こる。最も多いのは湿疹だが、アレルギー性のものもあり、長期間曝露しても問題のなかったもの(結婚指輪、スキンケア製品、魚介類、ニンニク、柑橘類など)でアレルギーを発症する場合もある。同学会関係者は、原因が違っても症状は似ている場合が多いので、原因特定と悪化防止のため皮膚科専門医の受診を奨めている。
 AADが推奨する手荒れ予防法は以下の通り
作業に合わせた適切な保護手袋を使用する。染料や洗剤などの強力な化学物質のほか、水も手荒れの原因になる。庭仕事や家事の時は、手袋で手を保護すること。穴が開いた手袋は捨て、濡れた手袋は使わない
気温が低い時は防寒用の手袋を使用する。寒冷な気候は皮膚を乾燥させるので、戸外では断熱効果のある手袋やミトンをはめる
手洗いの際は刺激を避ける。水と石鹼での洗浄は皮膚の油脂を除去するので、手を洗う時は温水と刺激の少ない洗浄剤(化粧石鹸や保湿液など)を使う
十分な量の保湿剤を頻回に使う。保湿剤は手洗い直後に塗り、時々塗り直す。グリセリンやワセリンを含む製品が最も効果的
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄欠乏性貧血の病態機序の一... | トップ | 貧血治療薬を米社から導入へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事