日々

しあわせにと祈る

手塚治虫「秘蔵」のエロス 仕事場に眠る遺稿を初公開

2016年11月07日 11時09分42秒 | アート美術演劇等
手塚治虫「秘蔵」のエロス 仕事場に眠る遺稿を初公開
朝日新聞デジタル 11/7(月) 8:17配信
2014年に仕事場のロッカーから見つかった手塚治虫の遺稿(C)TEZUKA PRODUCTIONS

 1989年に60歳で亡くなったマンガ家・手塚治虫が仕事場に「秘蔵」していたイラスト29点が、7日発売の「新潮」(新潮社)12月号で「手塚治虫のエロティカ」と題して初公開される。2年前、長女るみ子さんが「開かず」状態の机の引き出しとロッカーから約25年ぶりに見つけた遺稿約200点のうち、手塚作品の重要な要素の一つ「エロス」をテーマに選んだ。

【写真】初公開されるグラマラスなネズミ

 初公開されるのは、グラマラスなネズミが体をくねらす絵や、裸の女性がコイや白馬に変身する絵など。「動物や昆虫までが色っぽく、命の変容する様がエロスを放つのが父の作品の特徴。それを描くのを楽しんでいたことが伝わる。エロスは手塚マンガの“毒”でもあり魅力でもある」とるみ子さんは話す。

 絵柄から60~70年代のものと推定され、淡く彩色までされているが、何のために描いたかは不明。「新潮」では、巻頭カラーグラビアで25点、特集記事の中にモノクロで4点を載せる。手塚プロダクションによると、今回公表した遺稿の出版予定はないという。(小原篤
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 座位時間が増えるとEDリスク... | トップ | 試薬子会社売却、武田薬品が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート美術演劇等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL