日々

しあわせにと祈る

回復志向の認知療法、終了後も6月効果持続

2017年06月18日 21時54分54秒 | 医療情報
回復志向の認知療法、終了後も6月効果持続
小規模RCTで標準療法と比較
国際医学短信2017年6月16日 (金)配信 精神科疾患その他

 精神疾患からの回復を通じて自分らしい生活を取り戻し、充実した地域での生活を送ることなどを目指す「回復志向的認知療法(recovery-oriented cognitive therapy)」の統合失調症に対する有効性が明らかになった。統合失調症患者60例を対象としたランダム化試験で18カ月の回復志向的認知療法により標準治療に比べ症状の有意な改善が見られた。米国精神医学会(APA)がPsychiatric Services in Advance誌の掲載論文を紹介した。
 研究グループは、統合失調症の外来治療中の患者60例を回復志向的認知療法群、または標準療法(抗精神病薬、地域精神保健センターなどによる患者管理やカウンセリング、ピアサポートなどの提供)群にランダムに割り付け。試験期間(18カ月から試験終了後6カ月までの効果を比較した。
 検討の結果、標準治療群に比べ、回復志向的認知療法群で有意なベネフィットを確認。詳しい解析からは慢性症状のない群で、治療効果が現れる時期が早く、多くの患者で試験開始から18カ月時点に最も効果が顕在化していた。有意な治療効果は24カ月時点も続いていたが、より慢性症状が強い群では追跡終了までに有意な効果は消失していた。
 研究グループは「かなり難治の患者でも改善は可能で、患者ごとに設定された意義のある管理目標を達成できるようになるかもしれない」と指摘。医師は患者が当初の予想ほど早く改善しなくても、治療をあきらめるべきではない。たとえば治療間隔を週1回から増やすといった方策も考えられる」と話している。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学会、ゴルフで体を鍛えるヒ... | トップ | お客様は神様ですか? 企業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL