日々

しあわせにと祈る

看護師の献身感謝【わたしの医見】

2017年05月15日 20時16分33秒 | 仕事
看護師の献身感謝【わたしの医見】
2017年5月12日 (金)配信読売新聞

岐阜県八百津町 公務員男性 48
 父の病気が良くならず、入退院を繰り返し、心配している。一方、父の世話を献身的にしてくれる看護師の存在はありがたい。
 「背中が痛い」と父が訴えれば、「この辺ですか」と言って優しくさすってくれる。下着を汚しても笑顔で替えてくれる。「大変な仕事だ。とてもまねできない」と感心するばかりだ。
 看護師の職場は「3K(きつい、汚い、危険)」と言われるようだが、このようにすてきな人たちが看護師でいてくれると、患者や家族は心強い。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杉田玄白の「解体新書」紙芝... | トップ | オプジーボ効果、純利益が2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL