日々

しあわせにと祈る

カフェイン中毒、5年間に101人搬送・3人死亡…眠気防止薬や飲料など原因

2017年06月15日 20時40分27秒 | 医療情報
カフェイン中毒、5年間に101人搬送・3人死亡…眠気防止薬や飲料など原因
2017年6月15日 (木)配信読売新聞

 市販の眠気防止薬や清涼飲料水によるカフェイン中毒で、2011年度からの5年間に国内で101人が救急搬送され、3人が死亡したとする調査結果を、日本中毒学会がまとめた。
 20歳代を中心に若い世代が多く、13年度以降急増しており、注意を呼びかけている。
 調査は、埼玉医科大学の上條吉人教授(救急医学)などが、学会員が所属する264の救急医療施設に調査を依頼、39施設から回答を得た。カフェインを含む風邪薬を同時に飲んだケースは調査対象から除いた。
 救急搬送された101人の年齢幅は14~54歳で、18歳以下は16人。13年度以降に計86人と急増していた。カフェイン中毒の原因は、眠気防止薬が97人、清涼飲料水が10人、コーヒーが5人だった(重複回答あり)。
 中毒症状は、激しい 嘔吐やイライラ、興奮、 動悸などで、重症例では7人が心停止していた。成人では2、3時間のうちにカフェイン1グラム以上を摂取すると急性中毒の症状が表れるとされ、眠気防止薬はおおむね10錠、缶入り清涼飲料水は10本、コーヒーは10杯以上になると注意が必要という。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同じ幼稚園、2児死亡 感染... | トップ | 死亡率、男女とも減少 健康... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事