日々

しあわせにと祈る

74歳今

2017年07月14日 20時07分22秒 | 
74歳の誕生日が来て
お祝いのお言葉を頂いた。
ここまで、年を経たことは
生まれ出でてありがたいことだとつくづく思う。

だからこそではないが
生きるって
どういうことかな~といままでを思う。

過労死に近いほど働いて働いてくたくたになったり
家族にはコンビニ弁当が続いたり
徹夜のようなこともした。

それは、生きるってこととどうかかわりがあっただろうか?

夏には夏の花が咲き
熱いといいながらでも
汗をかく日がないと体のだるくなり
庭仕事も生きること。

汚れると落ち着かなくなって
どうしても、ざっとでも、掃除をしたくなる
それから
パソコンとか本とかに向かう休日
これも生きるってこと?

子を産み育て
孫まで育てて
子どもの生き様に
自分が葛藤する。
家族とは?と考える
これも生きるってこと。

地球があって
太陽があって
月があって
これらになにも意味などなく
わが命にも
存在しかない

二男が言った
なるほどと思って
生きる意味など考えまいとした。
でも
苦痛はいやだった
病気もいやだった
一人家事をし続けるのも腹が立った。
やっぱり生きる意味はあると思う。

心安らかな日々を求め求めて
日々を送る
求め求めて
一生が過ぎていく。

この世の様々な哀しみを覆いながら。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過労死実態、解明に期待 違... | トップ | 終業の合図は「ロッキー」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL